金プラチナ短期相場観 2017年8月

金プラチナ短期相場観

バノン主席戦略官解任で節目到達のドル売り金買い反転なるか

更新日:2017年8月19日(土)

8月のミシガン大消費者信頼感指数の速報値は97.6となり、9カ月ぶり低水準となった7月の93.4から急反発。今年1月の98.5以来7カ月ぶりの高水準となり、2001年以降のピーク水準まで上昇。失速懸念を払拭し、米国経済を支える個人消費の見通しに明るさをもたらす結果となりました。

しかし、市場の反応は極めて限定的。現在の主要テーマは不透明感と不信感を増すトランプ政権とトランプ大統領の動向へと傾...

続きを読む


ECBのユーロ高牽制にも米鉱工業生産は伸び悩み、金は1290ドル

更新日:2017年8月18日(金)

前日のFOMC議事要旨では低インフレ懸念が強調されてドル安要因となったのに対し、この日公表されたECB理事会の議事要旨ではユーロ高牽制が盛り込まれ、ユーロ急落に伴いドルが急騰する場面もありました。
しかし、その後発表された8月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数は18.9。事前予想の18.0は上回るも7月の19.5からは低下、今年2月の43.3、5月の38.8などの急騰局面からはやや低下した水準...

続きを読む


トランプ助言組織解散とFOMC議事要旨で反転トレンド巻き戻しへ

更新日:2017年8月17日(木)

7月のFOMC議事要旨では、予想された低インフレへの警戒感がクローズアップされた形となり、かなりハト派色が強まる印象となりました。
一時的要因としていた低インフレから抜け出せない状況が続いていることに対しては、
1)本当に一時的かどうかの見極めができるまで(即ち、インフレ上昇が確認できるまで)利上げ再開を保留すべき。
2)インフレ率は現在の予想よりも長い間2%を下回り続ける可能性も。
3)...

続きを読む


米7月小売売上高は年初来最大の伸び率、短期トレンド反転加速

更新日:2017年8月16日(水)

米商務省が発表した7月の小売売上高は前月比+0.6%。市場予想の+0.3%を大幅に上回り、年初来最大の伸び率、さらに6月分も-0.2%から+0.3%へと大幅上方修正され、5月分も-0.1%から0.0%へと上方修正。ポジティブ・サプライズとなってドル売り金買いからドル買い金売りへと反転した流れを加速させることになりました。

小売売上高を3カ月平均で見ると+0.3%となり、これも2月(+0.4%...

続きを読む


クリーブランド連銀インフレ期待モデル再失速、2%到達は20年後

更新日:2017年8月15日(火)

クリーブランド連銀が発表した8月のインフレ期待モデルによると、1年後の予想インフレ率は1.65%。6月時点で0.96%へと急落し、7月には1.71%へと急反発していましたが、8月に再失速。2016年に12月の2.29%まで上昇して失速した流れが続く状況となっています。

米労働省が発表する消費者物価指数(CPI)のデータや債券利回りデータなどに加え、アンケート調査ベースのインフレ期待値などを用...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ