オーストリアの国債格付け

主要国の国債格付け一覧

格付け会社主要3社によるオーストリア国債の格付け

オーストリア オーストリアEU加盟国 ユーロ圏)国債の格付け

ムーディーズ
Aa1
見通し:stable 安定的
S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)
AA+
見通し:stable 安定的
フィッチ・レーティングス
AA+
見通し:stable 安定的

最終更新日:2016/06/25

国債格付けによる信用度一覧マップへ

国債格付け一覧へ

近年のオーストリア国債格付け推移

オーストリアに関連する最近の格付けトピックス

2016年6月

米格付け会社ムーディーズは24日、オーストリアの格付けを「Aaa」から「Aa1」に引き下げ。見通しは「安定的」。中期的な成長見通しの弱さを反映。 25日(土)

2015年10月

米格付け会社ムーディーズは23日、オーストリアの格付け「Aaa」の維持を確認。見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。経済成長見通しは2010年代後半にかけても弱い状態が続く可能性があり、比較的高水準にある債務削減が困難に。 24日(土)

2015年2月

格付け会社フィッチは13日、オーストリアの格付けを「AAA」から「AA+」に引き下げ。見通しは「安定的」。オーストリアの債務状況は短期間のうちに著しく悪化し、債務のピークは従来予想より高くなるとの見通し。 14日(土)

2014年3月

米格付け会社ムーディーズは2月28日、オーストリアの格付け「Aaa」の見通しを「ネガティブ」から「安定的」へ引き上げ。ユーロ圏の債務危機リスク低下、オーストリアの財政安定化、銀行セクターのリスク低減を反映。 1日(土)

2013年1月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は29日、オーストリアの格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。格付けは「AA+」で据え置き。S&Pは、オーストリア経済が引き続き欧州債務危機に耐え、同国政府が一段と厳格な財政緊縮と改革路線を堅持し、同国の銀行の資本状況が改善すると予想。 29日(火)

国債格付け関連トピックス一覧へ


ページの先頭へ