フィンランドの国債格付け

主要国の国債格付け一覧

格付け会社主要3社によるフィンランド国債の格付け

フィンランド フィンランドEU加盟国 ユーロ圏)国債の格付け

ムーディーズ
Aa1
見通し:stable 安定的
S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)
AA+
見通し:stable 安定的
フィッチ・レーティングス
AA+
見通し:stable 安定的

最終更新日:2016/09/17

国債格付けによる信用度一覧マップへ

国債格付け一覧へ

近年のフィンランド国債格付け推移

フィンランドに関連する最近の格付けトピックス

2016年9月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは16日、フィンランドの格付け「AA+」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。ゆるやかな景気回復を反映。 17日(土)

2016年6月

米格付け会社ムーディーズは3日、フィンランドの格付けを「AAA」から「Aa1」に引き下げ。見通しは「安定的」。今後数年間に渡る低成長と政府債務負担上昇見通しによる。 4日(土)

2016年3月

格付け会社フィッチ・レーティングスは11日、フィンランドの格付けを「AAA」から「AA+」に引き下げ。見通しは「安定的」。低成長が続き、マクロ経済と公的債務基準は「AAA」格付けを満たさない状況。 12日(土)

2015年9月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は25日、フィンランドの格付け「AA+」維持を確認。見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。経済成長が平均以下にとどまる可能性。 26日(土)

2015年6月

米格付け会社ムーディーズは5日、フィンランドの格付け「Aaa」の見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。近年の輸出実績低下に伴う低成長と財政赤字の劣化を懸念。 6日(土)

2015年3月

格付け会社フィッチは23日、フィンランドの格付け「AAA」の見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。成長見通し悪化による。 24日(火)

2014年10月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は10日、フィンランドの格付けを「AAA」から「AA+」に引き下げ。見通しは「安定的」。景気低迷の長期化を反映。 11日(土)

2014年4月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は11日、フィンランドの格付け「AAA」の見通しを「安定的」から「ネガティブ」に変更。過去10年の1人当たりGDPの平均増加率がほぼゼロであることによる景気低迷の長期化を懸念。 11日(金)

2013年1月

スタンダード&プアーズ(S&P)は14日、最上級の「AAA」格付を付与しているフィンランドとルクセンブルクの格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。ルクセンブルクの堅固な公的財政と国際収支の黒字、フィンランドについてはユーロ圏の債務危機によるリスクが抑制されていることを反映。 15日(火)

国債格付け関連トピックス一覧へ


ページの先頭へ