アイルランドの国債格付け

主要国の国債格付け一覧

格付け会社主要3社によるアイルランド国債の格付け

アイルランド アイルランドEU加盟国 ユーロ圏)国債の格付け

ムーディーズ
A3
見通し:positive ポジティブ
S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)
A+
見通し:stable 安定的
フィッチ・レーティングス
A
見通し:stable 安定的

最終更新日:2016/05/14

国債格付けによる信用度一覧マップへ

国債格付け一覧へ

近年のアイルランド国債格付け推移

アイルランドに関連する最近の格付けトピックス

2016年5月

米格付け会社ムーディーズは14日、アイルランドの格付けを「Baa1」から「A3」に引き上げ。見通しは「ポジティブ」を維持。強い景気回復と昨年来の急速な財政再建ペースが続き、2015年末にはGDP比94%以下の債務比率を達成。 14日(土)

2016年2月

格付け会社フィッチ・レーティングスは5日、アイルランドの格付けを「A-」から「A」に引き上げ。見通しは「安定的」。力強い経済成長とともに財政再建が加速。 6日(土)

2015年9月

米格付け会社ムーディーズは11日、アイルランドの格付け見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。格付け「Baa1」維持を確認。過去1年間の景気回復と財政再建、政府の債務負担大幅減などを反映。 12日(土)

2015年8月

格付け会社フィッチ・レーティングスは7日、アイルランドの格付け「A-」維持を確認。見通しを「安定的」から「ポジティブ」に改訂。国内需要回復に伴う税収増などにより財政赤字は2015年にGDP比3%未満に低下見込み。 8日(土)

2015年6月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は5日、アイルランドの格付けを「A」から「A+」に引き上げ。見通しは「安定的」。公的債務と財政赤字の減少を評価。 6日(土)

2014年12月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は5日、アイルランドの格付けを「A-」から「A」に引き上げ。見通しは「安定的」。経済成長見通しの堅実さによる政府の財政状況改善を反映。S&Pでは、アイルランドの向こう3年間の成長率を平均3.7%程度と予想。 6日(土)

2014年8月

格付け会社フィッチ・レーティングスは15日、アイルランドの格付けを「BBB+」から「A-」に引き上げ。見通しは「安定的」。民間消費と投資によるバランスのとれた経済の潜在成長率は2%、危機を通じた構造的な強みから、一人当たりの国民総所得の高さなど裕福で柔軟性のある経済となっている。 16日(土)

2014年6月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は6日、アイルランドの格付けを「BBB+」から「A-」に引き上げ。見通しは「ポジティブ」。経済見通しの改善を反映。 7日(土)

2014年5月

米格付け会社ムーディーズは16日、アイルランドの格付けを「Baa3」から「Baa1」に2段階引き上げ。見通しは「安定的」。経済成長の加速と債務状況の大幅改善見通しによる。 17日(土)

2014年1月

格付け会社ムーディーズは17日、アイルランドの格付けを「Ba1」から「Baa3」に1段階引き上げ。見通しは「ポジティブ」。財政好転に向けた持続的成長と2013年12月のEU/IMF支援プログラム終了に伴う措置。 18日(土)

2013年9月

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは20日、アイルランド国債の格付け「Ba1」の見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。債務状況の改善が理由。 21日(土)

2013年7月

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は12日、アイルランドの長期ソブリン格付け「BBB+」の見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。一般政府負債の対GDP比率はこれまでの予想よりも急速に低下する見通し。 12日(金)

2013年2月

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が11日、アイルランドの格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。国債利回り低下や債務借り換えリスクの後退が想定されると指摘。格付けは「BBB+」。 12日(火)

2012年11月

格付け会社フィッチ・レーティングスが14日、アイルランドの格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。格付けは「BBB+」に据え置き。アイルランド政府が経済成長を損なわずに財政緊縮化を進めることに成功したことや、市場からの資金調達が可能になったことが要因。 15日(木)

国債格付け関連トピックス一覧へ


ページの先頭へ