ポルトガルの国債格付け

主要国の国債格付け一覧

格付け会社主要3社によるポルトガル国債の格付け

ポルトガル ポルトガルEU加盟国 ユーロ圏)国債の格付け

ムーディーズ
Ba1
見通し:stable 安定的
S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)
BB+
見通し:stable 安定的
フィッチ・レーティングス
BB+
見通し:stable 安定的

最終更新日:2016/03/05

国債格付けによる信用度一覧マップへ

国債格付け一覧へ

近年のポルトガル国債格付け推移

ポルトガルに関連する最近の格付けトピックス

2016年3月

格付け会社フィッチ・レーティングスは4日、ポルトガルの格付け「BB+」維持を確認。見通しを「ポジティブ」から「安定的」へと引き下げ。財政赤字縮小の遅延による。 5日(土)

2015年9月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は18日、ポルトガルの格付けを「BB」から「BB+」へ引き上げ。見通しは「安定的」。景気回復に伴う引き上げ。 19日(土)

2015年3月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は20日、ポルトガルの格付け「BB」を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。投資が回復し、景気回復傾向が今後さらに拡大する見通し。 21日(土)

2014年7月

米格付け会社ムーディーズは25日、ポルトガルの格付けを「Ba2」から「Ba1」に引き上げ。見通しは「安定的」。財政再建への政府の強いコミットメントや借り入れコストの低下などを反映。 26日(土)

2014年5月

米格付け会社ムーディーズは9日、ポルトガルの格付けを「Ba3」から「Ba2」に引き上げ。さらなる財政赤字の対GDP比低下見込み、経済見通しの改善などを背景に、今後さらに引き上げの可能性も。 10日(土)

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は9日、ポルトガルの格付け「BB」の見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。経済・財政安定化に伴う改定。 9日(金)

2014年4月

格付け会社フィッチ・レーティングスは11日、ポルトガルの格付け「BB+」の見通しを「ネガティブ」から「ポジティブ」に引き上げ。財政赤字削減状況を評価。 11日(金)

2014年1月

スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は17日、ポルトガルの格付け「BB」の見通しを「クレジットウォッチ・ネガティブ」から「ネガティブ」に変更。2013年のGDP比5.5%の財政赤字目標達成と2014年の4.0%も可能見込みで景気安定の兆候が見られることが要因。 17日(金)

2013年11月

米格付け会社ムーディーズは8日、ポルトガルの格付け「Ba3」の見通しを「ネガティブ」から「安定的」へ引き上げ。 9日(土)

2013年9月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は18日、ポルトガルの格付け「BB」の見通しを「クレジット・ウォッチ・ネガティブ」とし、引き下げ方向で検討していることを発表。財政健全化プログラムによる経済へのリスクが高まったことが理由。 19日(木)

2013年7月

格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)は5日、ポルトガルのソブリン格付け「BB」の見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。政局混乱により、ぜい弱な同国経済がさらなる打撃を受ける恐れを懸念。 6日(土)

2013年3月

スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は7日、ポルトガルの長期ソブリン格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。長期格付けは「BB」に据え置き。ポルトガル政府による財政および構造改革への取り組みと引き換えに、欧州がポルトガルの調整プログラムへの支援継続を表明したことを反映。 7日(木)

国債格付け関連トピックス一覧へ


ページの先頭へ