南アフリカの国債格付け

主要国の国債格付け一覧

格付け会社主要3社による南アフリカ国債の格付け

南アフリカ 南アフリカ国債の格付け

ムーディーズ
Baa2
見通し:negative ネガティブ
S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)
BBB-
見通し:negative ネガティブ
フィッチ・レーティングス
BBB-
見通し:negative ネガティブ

最終更新日:2016/11/26

国債格付けによる信用度一覧マップへ

国債格付け一覧へ

近年の南アフリカ国債格付け推移

南アフリカに関連する最近の格付けトピックス

2016年11月

格付け会社フィッチ・レーティングスは25日、南アフリカの格付け「BBB-」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。政治的リスクによるマクロ経済への悪影響を懸念。 26日(土)

2016年6月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングスは3日、南アフリカの格付け「BBB-」据え置きを発表。懸念されていたジャンク級への引き下げは見送り。見通しは「ネガティブ」を維持。2016年のGDP成長率見通しを引き下げるなど、依然として厳しく見ている状況。 4日(土)

2016年3月

米格付け会社ムーディーズは8日、南アフリカの格付け「Baa2」からの格下げに向けたレビューを開始。中期的な成長見通し強化への可能性と財政強度の安定化と回復の可能性を評価する為。 9日(水)

2015年12月

米格付け会社ムーディーズは15日、南アフリカの格付け「Baa2」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ引き下げ。鉱業他経済が構造的課題に直面し、長期低成長となっていること、財政悪化リスクと政治的圧力の高まりを懸念。 16日(水)

格付け会社フィッチ・レーティングスは4日、南アフリカの格付けを「BBB」から「BBB-」へ格下げ。見通しは「安定的」。GDP成長率のパフォーマンスと成長性の推定値弱体化を反映。 5日(土)

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は4日、南アフリカの格付け「BBB-」維持を確認。見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。低成長が続く状況による。 5日(土)

2014年11月

米格付け会社ムーディーズは6日、南アフリカの格付けを「Baa1」から「Baa2」に引き下げ。見通しは「安定的」。慢性的なエネルギー不足に加え、金利上昇、外資依存の投資環境などの構造的弱さによる低成長によって、財政赤字縮小の見通しがたたないことを反映。 7日(金)

2014年6月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は13日、南アフリカの格付けを「BBB」から「BBB-」に引き下げ。見通しは「安定的」。弱い経済成長による。 14日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは13日、南アフリカの格付け「BBB」の見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。プラチナ鉱山の長期ストライキや製造業の生産高急減などによるGDP成長率見通しの悪化(前年比1.6%へ低下)を反映。 13日(金)

2013年1月

フィッチ・レーティングスが10日、南アフリカのソブリン格付けを「BBB+」から「BBB」に引き下げ。社会不安や政治的緊張が高まっていることに加え、政府の改革能力が欠如している点が理由。見通しは「安定的」。 11日(金)

2012年10月

S&Pが12日、南アフリカの格付けを「BBB+」から「BBB」に1段階引き下げ。見通しは「ネガティブ」。多発する鉱山ストライキや社会的な緊張の高まりによる財政の柔軟性低下と成長阻害を懸念。 13日(土)

2012年9月

ムーディーズが27日、南アフリカ共和国の格付けを「A3」から「Baa1」に1段階引き下げ、見通しは「ネガティブ」。政治の統治能力が弱まっていることや労働コスト高騰を懸念。 28日(金)

国債格付け関連トピックス一覧へ


ページの先頭へ