英国の国債格付け

主要国の国債格付け一覧

格付け会社主要3社による英国国債の格付け

英国 英国EU加盟国)国債の格付け

ムーディーズ
Aa1
見通し:negative ネガティブ
S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)
AA
見通し:negative ネガティブ
フィッチ・レーティングス
AA
見通し:negative ネガティブ

最終更新日:2016/06/28

国債格付けによる信用度一覧マップへ

国債格付け一覧へ

近年の英国国債格付け推移

英国に関連する最近の格付けトピックス

2016年6月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングスは27日、英国の格付けを「AAA」から「AA」に2段階引き下げ。見通しは「ネガティブ」。EU離脱は将来に大きな影響を及ぼす重要な出来事であり、英国の政策枠組みの予見可能性や安定性などが薄れる可能性。 28日(火)

格付け会社フィッチ・レーティングスは27日、英国の格付けを「AA+」から「AA」に引き下げ。見通しは「ネガティブ」。EU離脱に伴う景気への影響を懸念。 28日(火)

米格付け会社ムーディーズは24日、英国の格付け「Aa1」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。EU離脱に伴う経済成長見通しへのマイナス影響と不確実性を懸念。なお、欧州連合(EU)の格付け「Aaa」は維持を確認、見通しは「安定的」。 25日(土)

2015年6月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は12日、英国の格付け「AAA」の見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。EU離脱を問う国民投票は経済全般の成長見通しに対するリスクとなり、もし離脱すれば、経済だけでなく、公的債務や財政赤字への対処にも影響が出る可能性を指摘。 13日(土)

2014年6月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は13日、英国の格付け「AAA」の見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。国内経済が力強く広範囲に回復していることを反映。経済成長率は2014年は約3.0%、2015年には2.5%と予測。 14日(土)

2013年4月

格付け会社フィッチ・レーティングスは19日、英国の格付けを「AAA」から「AA+」に引き下げ。格付け見通しは「安定的」。一段と弱い経済・財政見通しを主に反映。 20日(土)

2013年2月

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは22日、英国の信用格付けを最上級の「Aaa」から「Aa1」に1段階引き下げ。アウトルックは「ステーブル(安定的)」。経済成長見通しが引き続き力強さに欠けていることや、政府の財政再建プログラムの問題点が理由。 23日(土)

国債格付け関連トピックス一覧へ


ページの先頭へ