国内の主な出来事と金プラチナ平均価格で振り返るこの一年

注目のトピックスと月間平均値

金プラチナ月間平均価格と主な出来事2017年

1月 金:4,713円 プラチナ:3,843円
・2017年大発会となった4日の東京株式市場で日経平均株価は4年ぶりの大発会高値。前営業日比479円79銭(2.51%)高の1万9594円16銭とこの日の高値で終え、2週間ぶりに昨年来高値も更新。
2月 金:4,788円 プラチナ:3,910円
・安倍首相とトランプ米大統領は10日午後、ホワイトハウスで首脳会談。日米経済関係強化に向けての枠組み「日米経済対話」を麻生副総理兼財務相とペンス副大統領の下に設けることで合意。日米同盟を強化することでも一致。11日にはフロリダ州パームビーチで一緒にゴルフを27ホールプレーし、2夜連続の夕食会。
・北朝鮮は12日午前、西岸から弾道ミサイルを発射。約500キロ飛び、日本海に落下。
・経営再建中の東芝は14日、巨額損失額を含む2016年4-12月期連結決算の発表が大幅に遅れ、東京証券取引所午後に東芝株は一時前日比10%近い急落。発表は1カ月延期に。
・毎月末金曜日に早期帰宅を奨励し、消費喚起を促す官民連携の取り組み「プレミアムフライデー」が24日からスタート。
3月 金:4,785円 プラチナ:3,767円
・北朝鮮は6日午前、日本海に向けて弾道ミサイル4発を発射、うち3発は日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下。
・10日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、終値で1万9604円61銭。大発会の1月4日以来2カ月ぶりに昨年来高値を更新。
4月 金:4,812円 プラチナ:3,661円
・北朝鮮が5日、弾道ミサイル1発を発射、16日にもミサイルを発射。米国は空母や潜水艦などを朝鮮半島近海に接近させるなど軍事的圧力も強め、北朝鮮側も軍事的対応を示唆。月末にかけて国内では不測の事態への警戒感も高まるなか、29日にも北朝鮮はミサイルを発射。
・東京株式市場で6日、日経平均株価は昨年12月7日以来4カ月ぶりの安値となる1万8597円06銭で終え、年初来安値を更新。
5月 金:4,815円 プラチナ:3,625円
・韓国で9日に行われた大統領選挙で、40%を超える得票率で最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏が勝利。
・北朝鮮は14日早朝、西岸から弾道ミサイル1発を発射。推定高度2000キロ超に到達し、新型ミサイルの可能性との見方。21日夕方、29日朝にも今年8、9回目の弾道ミサイル発射を強行。
6月 金:4,817円 プラチナ:3,576円
・東京株式市場で2日、日経平均は大幅続伸となり2万円台の大台を回復。終値では2015年8月19日以来1年9カ月ぶりの高値水準。
・エアバッグの大規模リコールで経営が悪化していたタカタは26日、民事再生法の適用を東京地裁に申請。米国子会社についても米連邦破産法第11条の適用を申請。負債総額は1兆円超となり、製造業としては戦後最大の経営破綻。


7月 金:4,789円 プラチナ:3,567円
・2日投開票が行われた東京都議選で、都民ファーストの会が55議席を獲得して都議会第1党へと躍進、公明党など支持勢力と合わせ過半数を大きく上回る79議席。自民は議席を半分以上減らす23議席と歴史的惨敗。
・北朝鮮が4日午前、北西部から日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射、午後には大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射に成功したと発表。
・日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉が5日、大枠で合意。
・5日から6日にかけて福岡、大分などの九州北部を記録的な豪雨が襲い、土砂崩れや増水などにより多くの集落が孤立、複数の死者・行方不明者を出すなど大きな被害に。
・時事通信が7-10日に実施した7月の世論調査で、安倍内閣の支持率が29.9%に低下。2012年12月の第2次安倍政権発足以降、最大の下げ幅で初めて3割を切った。

注目のトピックスと月間平均価格で振り返るこの1年:国内編
→ 2017年 → 2016年 → 2015年 → 2014年 → 2013年 → 2012年 → 2011年 → 2010年 → 2009年

注目のトピックスと月間平均価格で振り返るこの1年:海外編
→ 2017年 → 2016年 → 2015年 → 2014年 → 2013年 → 2012年 → 2011年 → 2010年 → 2009年


ページの先頭へ