マーケット・トピックスとサイト更新履歴

マーケット・トピックスとサイト更新ログ

マーケット関連トピックスやサイト更新情報のログ一覧です。クリックするとそのニュースへの言及記事や関連情報掲載ページを別ウィンドウで表示します。

2012年8月

ムーディーズは27日、韓国のソブリン格付けを「A1」から1段階引き上げて「Aa3」へ。見通しは「安定的」。韓国では過去最高、日本や中国と並んだ。韓国経済の弾力性と北朝鮮との関係が安定化したことが背景。 ユーロ・EU圏及びその他主要国ソブリン格付け一覧 27日(月)

スマホなどの特許侵害をめぐり米カリフォルニア州連邦地裁で争われていた米アップルと韓国サムスン電子の訴訟で24日アップルが勝訴、サムスンに10億5100万ドル(約825億円)の支払い命令 25日(土)

米FOMC議事録で量的緩和第3弾、QE3実施の可能性高まる 23日(木)

日本の7月貿易収支は輸出減で5174億円の大幅赤字 22日(水)

米アップル株価が20日の米株式市場で上場来高値となる665.15ドルで引け、時価総額で過去最高となる6,235億ドルを記録 21日(火)

8月の欧州市場が落ち着いている理由~ドラギプット 20日(月)

南アフリカ・プラチナ鉱山でストライキ中の労働者らへの警官隊による発砲事件で死者34人、プラチナ供給への懸念で価格は急騰 18日(土)

中国の今年第2四半期の金需要は144.9トン、前期比で43%の減少、前年同期比でも7%減少に 18日(土)

米8月のフィラデルフィア連銀景況指数(16日発表)は-7.1、業況判断の分かれ目となるゼロを4ヶ月連続で割り込んだ 17日(金)

15日発表のニューヨーク連銀製造業景気指数は-5.85と大幅悪化 16日(木)

14日発表の米国7月の小売売上高が前月比0.8%増と4ヶ月ぶりの増加に 15日(水)

14日発表されたユーロ圏の第2四半期GDPは-0.2%。牽引するドイツ経済の失速が懸念材料 15日(水)

金とプラチナの価格差は8月に入って拡大の一途、200ドルを超えてきました。 チャート・ギャラリー:金プラチナ価格差2011-2012 12日(日)

韓国の李明博大統領が10日午後、竹島に上陸 11日(土)

8日、フィッチはドイツの格付け「AAA」と見通し「ステーブル」(安定的)を据え置き。ドイツの長年の信用力の強さと2年間の堅調な経済活動を反映していることが理由。しかし、ユーロ圏の規模の大きな国の経済縮小が深刻化し、ドイツが追加拠出を実施した場合には「AAA」格付けが脅かされることも指摘。 ユーロ圏の格付け一覧 9日(木)

S&Pが7日、ギリシャの格付け「CCC」の見通しを「ネガティブ」に引き下げ。財政再建措置の実行遅延とギリシャ経済の悪化が理由。 ユーロ圏及びその他主要国のソブリン格付け一覧 8日(水)

ムーディーズが2日、スロベニアの格付けを「A2」から「Baa2」に3段階引き下げ。3日にはS&Pが1段階引き下げて「A+」から「A」へ。経済改革履行の政治的リスクと、銀行資産の質が一段と悪化していることが理由。スロベニアはユーロ圏内で6番目の支援要請国となる可能性も。 ユーロ圏及びその他主要国のソブリン格付け一覧 5日(日)

3日、米7月の雇用統計で失業率は8.3%で1ポイント悪化、非農業部門雇用者数は16.3万人増と市場予想の10万人を大幅に上回る結果に 4日(土)

2日、ECB理事会では国債購入の準備を表明、迅速な措置は見送りで市場に失望感 3日(金)

S&Pが1日、キプロスの長期ソブリン格付けを「BB+」から「BB」に引き下げ。見通しネガティブ、第3四半期に格下げの可能性50%。短期的なファイナンス圧力増による。また、ドイツの格付け「AAA」据え置き、見通しステープル(安定的)の維持も発表。 ユーロ圏及びその他主要国のソブリン格付け一覧 2日(木)

1日の米FOMCで金融政策は現状維持、追加緩和は見送り。ただし景気判断を下方修正し9月のFOMCでの緩和実施に含み 2日(木)

インドで7月末、2日連続の大規模停電で6億人に影響、交通システムなどに混乱。発電所の建設遅延などにより慢性の電力不足に悩むインドでは経済活動への影響も懸念される。 1日(水)

2012年7月

LIBOR不正操作をめぐり米地方銀行が米英日大手銀行を提訴(25日)、集団訴訟へと発展の可能性も 31日(火)

金・プラチナ、ドル円年間推移2012年と2009-2012年の長期推移チャート更新 チャート・ギャラリー 29日(日)

「ユーロは後戻りできない、ECBはユーロのためならあらゆる行動をとる」とECB(欧州中央銀行)ドラギ総裁が発言 27日(金)

「ESM(欧州安定メカニズム)に銀行免許を付与する議論がある」とノボトニー・オーストリア中銀総裁が発言 26日(木)

LIBOR不正操作の問題について 25日(水)

24日スペイン10年債利回りはユーロ導入後最高となる7.6%へ。銀行や地方政府の支援に追われるスペインの財政不安は強まる一方でEUへの緊急融資要請か 25日(水)

ムーディーズが23日、最上位格付け「Aaa」のドイツ、オランダ、ルクセンブルクの格付け見通しを「ネガティブ」に変更。ユーロ圏債務危機の先行きが不透明なことを懸念。 24日(火)

スペイン全17自治州のうち6州が中央政府へ支援要請の可能性 23日(月)

|<    41  42  43  44  45  46  47    >|
トータル件数:1,402  ページ:46/47


ページの先頭へ