マーケットでよく聞く、目にする、気になる新語、造語、トレンドワード集

トレンドワード一覧

「ブラックフライデー」

米国では、11月の第4木曜日がサンクス・ギビンゲデー(感謝祭)の祝日、その翌日の金曜日をブラックフライデーと呼びます。
米国内の小売店では、この日から一斉にセールが始まり、それまで赤字だった小売店も黒字に転換する日、という願いも込められてブラックフライデーと呼ばれるようになったようです。
クリスマス商戦開始の日として、米国の小売業では1年で最も重要な日となります。
最近では、23日に日付が変わった瞬間に店舗をオープンする店も増えつつあるようですが、競争激化から、前日にフライングしてセールを開始する店もで始めているのだそうです。ブラック・サーズデーでに変わりつつあるようです。
世界のGDPの4分の1を占める米国経済、その7割が個人消費。年間売上高の3分の1以上を年末商戦で稼ぎ出すとも言われる米国の小売企業。
0.25*0.7*0.33=0.058・・・
世界のGDPの約5.8%を目指し、年末までにどれだけ稼ぎ出せるか、勝負の期間がスタートする日となります。

最終更新:2012年11月23日

関連ワード
サイバーマンデー 財政の崖 
関連記事
13日の金曜日、小売・PPI下振れで消費も物価も低迷続く(2015/11/14)
ブラックフライデーからクリスマスにかけての年末商戦に向け、低迷状態の消費が回復傾向を示すのかどうか、12月FOMC前に発...
テーパリング開始に現実味(2013/12/13)
ブラックフライデーから始まる年末商戦を前倒しして値引き合戦を展開した小売業の努力が功を奏したようです。 11月雇用...
年末商戦にも非伝統的手法(2013/11/26)
ブラックフライデーとして、クリスマス・イブまで続く年末商戦のスタート日。しかし、今年は暦のせいで感謝祭の日が例年より遅く...
双十一、シングルデーは中国のネット通販最大イベント(2013/11/11)
ブラックフライデー、サイバーマンデーから始まる米国の年末商戦が米国経済を支える個人消費の重要イベントであるのと同様、双十...
米年末商戦は増税警戒とデフレの影響で意外と伸び悩み(2012/12/25)
ブラックフライデー、翌週のサイバーマンデーには前年比大幅増と好調なスタートを切っていたはずですが、大詰めのクリスマスを迎...

マーケットを動かしたキーワード・トレンドワード、2014年回顧

2013年流行語大賞~マーケット編~

2012年流行語大賞~マーケット編~


ページの先頭へ