金プラチナ相場情報
Let's GOLD

★格付トピックス★

主要格付け会社による格付け変更情報に関するトピックスの一覧です。

2019年10月

→ 格付け会社フィッチ・レーティングスは11日、キプロスの格付け「BBB-」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。政府の財政黒字は2016年のGDP比0.3%から2018年には3.4%に達し、2019年にはユーロ圏最大の財政黒時国。 12日(土)

→ 米格付け会社ムーディーズは4日、チェコの格付けを「A1」から「Aa3」へ1段階引き上げ。見通しは「安定的」。政府の改革により、財政力を示す指標はさらに改善。 5日(土)

2019年9月

→ 格付け会社フィッチ・レーティングスは30日、サウジアラビアの格付けを「A+」から「A」に1段階引き下げ。見通しは「安定的」。湾岸地域における地政学的及び軍事的緊張の高まりとともに経済インフラの脆弱性への評価を修正。 30日(月)

→ 米格付け会社ムーディーズは27日、スロバキアの格付け「A2」維持を確認、見通しを「ポジティブ」から「安定的」に引き下げ。実質的な組織改善と年金改革が進まず、財政の持続性は悪化。 28日(土)

→ 米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは20日、スペインの格付けを「A-」から「A」に引き上げ。見通しは「安定的」。経済回復力を反映。 21日(土)

→ 米格付け会社ムーディーズは20日、キプロスの格付け「Ba2」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」へ引き上げ。銀行資産は質的に改善され、キプロスの財政力は予想以上に改善。 21日(土)

→ 米格付け会社ムーディーズは16日、香港の格付け「Aa2」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ引き下げ。当局と抗議デモ隊との膠着状態は香港経済と制度の強さに対する下振れリスク。 16日(月)

→ 米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは13日、ポルトガルの格付け「BBB」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」へ引き上げ。対外債務の弾力的減少に向けた強力な政策コミットメントを反映。 14日(土)

→ 格付け会社フィッチ・レーティングスは6日、香港の格付けを「AA+」から「AA」に引き下げ。見通しは「ネガティブ」。数カ月に渡るデモの過激化と暴力が香港と本土との関係を支配する一国二制度の枠組みの限界と柔軟性において、1997年の引き渡し以来最大の試練をもたらしている。 6日(金)

→ 格付け会社フィッチ・レーティングスは3日、アルゼンチンの格付けを「RD」から「CC」に引き上げ。8月30日に大統領命令によって変更された条件の下で短期債務が返済されたことを受けた措置。ただし、引き続き債務再編が行われる可能性も。 4日(水)

1  2  3  4  5  6    >|
トータル件数:515  ページ:1/52


トップページへ
金プラチナ短期相場観
金プラチナ価格予想
PIVOT指数
主要マーケット指標
地金相場週間推移
相場情報メール
年間高値安値
国債格付一覧
チャートギャラリー
相関性RANK
トレンドワード
純金積立
マーケットトピックス


★PCサイトはこちら★
★iPhone/スマホ★