キプロスの国債格付け

主要国の国債格付け一覧

格付け会社主要3社によるキプロス国債の格付け

キプロス キプロスEU加盟国 ユーロ圏)国債の格付け

ムーディーズ
Ba3
見通し:positive ポジティブ
S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)
BB+
見通し:positive ポジティブ
フィッチ・レーティングス
BB
見通し:positive ポジティブ

最終更新日:2017/10/21

国債格付けによる信用度一覧マップへ

国債格付け一覧へ

近年のキプロス国債格付け推移

キプロスに関連する最近の格付けトピックス

2017年10月

格付け会社フィッチ・レーティングスは20日、キプロスの格付けを「BB-」から「BB」へと一段階引き上げ。見通しは「ポジティブ」。経済回復は拡大し、GDP成長率は近年の予測を一貫して上回り、中期的な債務動向はしっかりと低下傾向を示す。 21日(土)

2017年9月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは15日、キプロスの格付け「BB+」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。 16日(土)

2017年7月

米格付け会社ムーディーズは28日、キプロスの格付けを「B1」から「Ba3」に1段階引き上げ。見通しは「ポジティブ」。過去2年間続いた経済回復力と財政パフォーマンスの改善は中期的に継続見込み。 29日(土)

2017年3月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは17日、キプロスの格付けを「BB」から「BB+」に引き上げ。見通しは「安定的」。堅調な経済と予算見通しによる。 18日(土)

2016年11月

米格付け会社ムーディーズは11日、キプロスの格付け「B1」を確認。見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。この1年間みられた経済耐久性の改善が今後12-18カ月持続されればアップグレードをサポート。 12日(土)

2016年10月

格付け会社フィッチ・レーティングスは21日、キプロスの格付けを「B+」から「BB-」へ一段階引き上げ。見通しは「ポジティブ」。景気回復が雇用、銀行資産の質の調整、および財政を支援。 22日(土)

2016年9月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは16日、キプロスの格付けを「BB-」から「BB」へ一段階引き上げ。見通しは「ポジティブ」。経済的パフォーマンスの強さによる。 17日(土)

2015年11月

米格付け会社ムーディーズは13日、キプロスの国債格付けを「B3」から「B1」に2段階引き上げ。見通しは「安定的」。想定以上の景気回復と広範囲に渡る成長期待、財政目標の一貫したアウトパフォーマンスによる。 14日(土)

2015年10月

格付け会社フィッチ・レーティングスは23日、キプロスの格付けを「B-」から「B+」へ2段階引き上げ。見通しは「ポジティブ」。財政再建により目標を上回る実績を実現。 24日(土)

2015年9月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は25日、キプロスの格付けを「B+」から「BB-」へと引き上げ。見通しは「ポジティブ」。資本規制撤廃と強力な予算パフォーマンスを評価。 26日(土)

2015年3月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は28日、キプロスの格付け「B+」で確認、見通しを「ポジティブ」に引き上げ。政府の債務削減見通し改善を反映。 28日(土)

2014年11月

米格付け会社ムーディーズは14日、キプロスの格付けを「Caa3」から「B3」に3段階引き上げ。見通しは「安定的」。マクロ経済の安定、財政再建と銀行セクターの安定などを反映。 15日(土)

2014年10月

格付け会社フィッチ・レーティングスは24日、キプロスの格付け「B-」の見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。予想を上回る財政赤字縮小などを反映。 25日(土)

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は24日、キプロスの格付けを「B」から「B+」に引き上げ。見通しは「安定的」。政府予算の安定化を反映。 25日(土)

2014年4月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は25日、キプロスの格付けを「B-」から「B」に引き上げ。見通しは「ポジティブ」。 25日(金)

格付け会社フィッチ・レーティングスは25日、キプロスの格付け「B-」の見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。EUとIMFのプログラム下での改革と政策の一貫性、信頼性向上を反映。 25日(金)

2014年3月

米格付け会社ムーディーズは21日、キプロスの格付け「Caa3」見通しを「ネガティブ」から「ポジティブ」に引き上げ。予想以上の経済財政好転とトロイカの資金調達プログラムの条件達成などが背景。 22日(土)

2013年11月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は29日、キプロスの格付けを「CCC+」から「B-」に引き上げ。見通しは「安定的」。短期的な債務リスクの後退を評価。 29日(金)

2013年7月

格付け会社フィッチ・レーティングスは5日、キプロスの自国通貨建て格付けを「RD(選択的デフォルト)」から「CCC」に引き上げ。(外貨建ては「B-」「ネガティブ」を維持) 6日(土)

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は3日、キプロスの外貨建てソブリン格付けを「SD(選択的デフォルト)」から「CCC+」に引き上げ。見通しは安定的。10億ユーロ相当の既発政府債を償還期間の長い新発政府債と交換するプログラム完了に伴い流動性逼迫懸念は緩和。 4日(木)

2013年6月

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は28日、キプロスの外貨建てソブリン格付けを「CCC」から「SD(選択的デフォルト)」に引き下げ。政府による国債交換計画の発表を受けたもの。ECBは、キプロス国債の担保としての利用を一時中断。 フィッチ・レーティングスはキプロスの自国通貨建て格付けを「RD(選択的デフォルト)」に格下げ。(外貨建ては「B-」) 29日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは3日、キプロスの格付けを「B」から「B-」に引き下げ。見通しは「ネガティブ」。景気をめぐる不透明性、EUとIMFの支援プログラムが軌道を逸れるリスクを指摘。 4日(火)

2013年4月

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は10日、キプロスのソブリン格付け「CCC」の見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。キプロス政府が支援条件に合意する見通しとなったことが理由。 11日(木)

2013年3月

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は21日、キプロスの長期外貨建て格付けを「CCC+」から「CCC」に引き下げ。同国の銀行セクター危機が格下げ理由。見通しは「ネガティブ」。 22日(金)

2013年1月

フィッチ・レーティングスは25日、キプロスの格付けを「BB-」から「B」へ引き下げ。同国政府が銀行部門に対し追加金融支援を実施する必要に迫られる可能性があるとしている。見通しも引き続き「ネガティブ」。 26日(土)

ムーディーズ・インベスターズ・サービスが10日、キプロスの格付けを「B3」から「Caa3」へ3段階引き下げ。見通しは「ネガティブ」。国内銀行への資本増強の必要性が高まり、政府の債務負担増加見通しが理由。 11日(金)

2012年12月

スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が20日、キプロスの格付けを「B」から「CCC+」に2段階引き下げ。見通しは「ネガティブ」。政府の資金調達環境が脆弱化するなか、トロイカとの支援策合意に達しない状況でデフォルトリスクが高まっていることが理由。 21日(金)

2012年11月

フィッチ・レーティングスが21日、キプロスの格付けを「BB+」から「BBー」に2段階引き下げ。見通しはネガティブ。マクロ経済上の見通しの大幅な悪化が背景。 22日(木)

2012年10月

S&Pは17日、キプロス国債格付けを「BB」から「B」へ3段階格下げ。見通しは「ネガティブ」。国内の政治不安が国際支援を得る上で障害となっていることを指摘。 18日(木)

ムーディーズが8日、キプロスの国債格付けを「Ba3」から「B3」へ3段階引き下げ。見通しは「ネガティブ」。銀行セクター自己資本の深刻な問題が理由。 9日(火)

2012年8月

S&Pが1日、キプロスの長期ソブリン格付けを「BB+」から「BB」に引き下げ。見通しネガティブ、第3四半期に格下げの可能性50%。短期的なファイナンス圧力増による。また、ドイツの格付け「AAA」据え置き、見通しステープル(安定的)の維持も発表。 2日(木)

国債格付け関連トピックス一覧へ


ページの先頭へ