国債格付け関連トピックス一覧

格付け関連トピックス

国債格付けに関連するトピックスやニュースの一覧です。

2021年10月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは22日、イタリアの格付け「BBB」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」へ引き上げ。成長促進改革へのコミットメントを反映。 23日(土)

米格付け会社ムーディーズは15日、ルーマニアの格付け「Baa3」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」へ引き上げ。堅実な経済成長見通しを反映。 16日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは13日、オーストラリアの格付け「AAA」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」へ引き上げ。財政再建の道筋と中期的な公的債務比率安定化への信頼度は向上。 13日(水)

米格付け会社ムーディーズは5日、インドの格付け「Baa3」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」へ引き上げ。金融セクターのリスク後退と景気回復進行に伴う成長で債務安定化へ。 5日(火)

2021年9月

格付け会社フィッチ・レーティングスは24日、ベルギーの格付け「AA-」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。コロナウイルスに関連するリスク後退による経済見通し改善と政府の財政再建戦略により、債務軌道見通しは安定化。 25日(土)

米格付け会社ムーディーズは24日、ハンガリーの格付けを「Baa3」から「Baa2」へ1段階引き上げ。見通しは「安定的」。効果的な財政及び金融政策に支えられ、今後5年間の潜在的な成長見通しは3-4%。 25日(土)

米格付け会社ムーディーズは17日、ポルトガルの格付けを「Baa3」から「Baa2」へ1段階引き上げ、見通しは「安定的」。欧州復興基金「次世代EU」(NGEU債)利用と構造改革により、長期成長見通し改善が期待される。 18日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは3日、キプロスの格付け「BBB-」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」へ引き上げ。堅調な経済見通しを反映。 4日(土)

2021年8月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは20日、エストニアの格付け「AA-」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」へ引き上げ。力強い経済回復を反映。 21日(土)

米格付け会社ムーディーズは13日、アイルランドの格付け「A2」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」へ引き上げ。アイルランド経済のショックに対する耐性を評価。 14日(土)

米格付け会社ムーディーズは6日、マルタの格付け「A2」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。政府債務負担の大幅増と景気回復への不確実性による財政見通しリスクを反映。 7日(土)

2021年7月

米格付け会社ムーディーズは27日、キプロスの格付けを「Ba2」から「Ba1」に1段階引き上げ、見通しは「安定的」。銀行セクターのリスク減少とパンデミックからの経済回復と堅調な成長見通しを反映。 24日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは15日、サウジアラビアの格付け「A」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。原油価格の大幅上昇と政府の財政再建に向けた継続的な取り組みによる財政悪化見通し緩和を反映。 16日(金)

2021年6月

格付け会社フィッチ・レーティングスは18日、英国の格付け「AA-」維持を確認。見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。英国経済と財政はパンデミックの影響からの回復力が予想以上。 19日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは7日、オーストラリアの格付け「AAA」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。迅速な経済回復を反映。 7日(月)

2021年4月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは23日、ギリシャの格付けを「BB-」から「BB」へ1段階引き上げ。ガバナンスの有効性改善を反映。見通しは「ポジティブ」。 24日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは16日、ルーマニアの格付け「BBB-」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。財政リスク低下を反映。 17日(土)

2021年2月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは22日、ニュージーランドの格付けを「AA」から「AA+」へ1段階引き上げ。見通しは「安定的」。パンデミックリスクが緩和され、大半の主要国に先行して経済回復が進行。 22日(月)

格付け会社フィッチ・レーティングスは19日、トルコの格付け「BB-」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」へ引き上げ。一貫性のあるオーソドックスなポリシーミックスへの復帰により、昨年までの外貨準備減、大幅経常赤字、投資家の信頼低下に起因する外部資金調達リスクを緩和。 20日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは19日、ブルガリアの格付け「BBB」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」へ引き上げ。回復力のある経済と健全な政策枠組みに支えられたCOVID-19パンデミックによるマクロ経済リスクの後退、ユーロ採用に向けた継続的かつ漸進的な進展を反映。 20日(土)

米格付け会社ムーディーズは12日、リトアニアの格付けを「A3」から「A2」に1段階引き上げ。見通しは「安定的」。構造改革などによるパンデミックショックからの回復力強化、中期成長見通しなどを反映。 13日(土)

2021年1月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは22日、スロバキアの格付け「A+」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」へ引き上げ。景気回復見通しを反映。 23日(土)

2020年11月

米格付け会社ムーディーズは20日、南アフリカの格付けを「Ba1」から「Ba2」に1段階引き下げ。見通しは「ネガティブ」。財政弱体化は中期的に継続見込み。 21日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは20日、南アフリカの格付けを「BB」から「BB-」へ1段階格下げ。見通しは「ネガティブ」。債務拡大が財政への圧力となり、2022年の国内総生産(GDP)でも19年の水準を下回ると予想。 21日(土)

米格付け会社ムーディーズは13日、クロアチアの格付けを「Ba2」から「Ba1」に1段階引き上げ。見通しは「安定的」。ユーロ圏加盟の重要段階に入り、制度的能力と政策立案が強化された。 14日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは9日、サウジアラビアの格付け「A」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ引き下げ。パンデミックと石油価格下落による財政および外部のバランスシートの継続的な弱体化を反映。 10日(火)

格付け会社フィッチ・レーティングスは6日、スロバキアの格付け「A」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ引き下げ。成長低迷に伴う歳入喪失は予想よりも大きく財政赤字拡大と長期化が懸念。 7日(土)

米格付け会社ムーディーズは6日、ギリシャの格付けを「B1」から「Ba3」に1段階引き上げ。見通しは「安定的」。改革プログラムは奏功。COVID-19による短期的な影響はネガティブながら、今後数年間の成長見通しはポジティブ。 7日(土)

2020年10月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは23日、イタリアの格付け「BBB」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。COVID-19パンデミックによる財政悪化懸念はECBの政策措置によって緩和。 24日(土)

米格付け会社ムーディーズは16日、英国の格付けを「Aa2」から「Aa3」に1段階引き下げ。見通しは「安定的」。経済、財政力は弱体化。 17日(土)

1  2  3  4  5  6    >|
トータル件数:630  ページ:1/21

主要国の国債格付け一覧へ戻る


ページの先頭へ