国債格付け関連トピックス一覧

格付け関連トピックス

国債格付けに関連するトピックスやニュースの一覧です。

2017年12月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは2日、ブルガリアの格付けを「BB+」から「BBB-」へ1段階引き上げ。見通しは「安定的」。対外環境改善を反映。 2日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは1日、ブルガリアの格付けを「BBB-」から「BBB」へ1段階引き上げ。見通しは「安定的」。外貨準備はGDPの49.7%に相当し、輸入10カ月分に相当。2016年末時点での外部流動性比率は215%、ブルガリアの長期的かつ信頼性の高い通貨制度に十分な流動性サポートを提供。 2日(土)

2017年11月

米格付け会社ムーディーズは29日、アルゼンチンの格付けを「B3」から「B2」へ1段階引き上げ。見通しは「安定的」。マクロ経済改革の継続により、長期に渡った経済の歪みを改善し始め、プラス成長への復帰を支える可能性。 30日(木)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは24日、南アフリカの格付けを「BB+」から「BB」へ1段階引き下げ。見通しは「安定的」。弱い経済と財政軌道を反映。 25日(土)

米格付け会社ムーディーズは16日、インドの格付けを「Baa3」から「Baa2」に1段階引き上げ。見通しは「安定的」。経済的、制度的改革の継続的な進展により高い成長性と政府債務のための大きく安定した資金調達基盤が強化されつつある。 17日(金)

格付け会社フィッチ・レーティングスは11日、ハンガリーの格付け「BBB-」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。対外債務は2014年のGDP比53%から2017年には9%へと大幅改善。 11日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは11日、エストニアの格付け「A+」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。外的条件の変化や強い国内消費と投資、健全な財政政策管理の結果、GDP成長率はより高い軌道に回復。 11日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは11日、エジプトの格付け「B-」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。準備預金増加と経済成長の強化を反映。 11日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは7日、アルゼンチンの格付け「B」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。より強固で安定的なマクロ経済見通しを支える政策改善を反映。 8日(水)

2017年10月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは31日、アルゼンチンの格付けを「B」から「B+」へ一段階引き上げ。見通しは「安定的」。経済改善見通しを反映。 31日(火)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは28日、イタリアの格付けを「BBB-」から「BBB」へ一段階引き上げ。見通しは「安定的」。堅調な景気回復による。 28日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは20日、キプロスの格付けを「BB-」から「BB」へと一段階引き上げ。見通しは「ポジティブ」。経済回復は拡大し、GDP成長率は近年の予測を一貫して上回り、中期的な債務動向はしっかりと低下傾向を示す。 21日(土)

2017年9月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは30日、マルタの格付け「A-」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。強い成長見通しを反映。 30日(土)

米格付け会社ムーディーズは22日、英国の格付けを「Aa1」から「Aa2」に1段階引き下げ。見通しは「安定的」。ブレグジット交渉に伴う政治力学などの影響で経済力が阻害され、財政見通しは悪化。 23日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは22日、ロシアの格付け「BBB-」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」へ引き上げ。慎重な財政戦略に支えられた政策枠組み強化により、マクロ経済の安定性が向上。 23日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは22日、ラトビアの格付け「A-」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。強い経済成長を反映。 23日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは22日、クロアチアの格付け「BB」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。より強まる成長と財政状況を反映。 23日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは22日、香港の格付けを「AAA」から「AA+」へ1段階引き下げ。見通しは「安定的」。 22日(金)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは21日、中国の格付けを「AA-」から「A+」へ引き下げ、見通しは「安定的」。信用拡大が長期間続いていることに伴い、経済・金融リスクは拡大傾向。 21日(木)

米格付け会社ムーディーズは15日、アイルランドの格付けを「A3」から「A2」に引き上げ。見通しは「安定的」。予想を上回るペースでの経済成長が続き、その柔軟性は、ブレグジットによる成長下振れリスクからの回復力につながり、公的債務比率の低下傾向は今後も続くと予想される。 16日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは15日、ポルトガルの格付けを「BB+」から投資適格級となる「BBB-」へ引き上げ。見通しは「安定的」。強い経済と財政パフォーマンスを反映。 16日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは15日、キプロスの格付け「BB+」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。 16日(土)

米格付け会社ムーディーズは8日、スロベニアの格付けを「Baa3」から「Baa1」に2段階引き上げ。見通しは「安定的」。持続的な財政再建と堅調な経済成長に支えられた債務減少傾向、構造改革の進展を評価。 9日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは1日、チェコの格付け「A+」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。慎重な政策と強力な経済パフォーマンスにより財政収支は大幅に改善。 2日(土)

米格付け会社ムーディーズは1日、ポルトガルの格付け「Ba1」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。経済成長の回復力が強まり、財政再建も継続。 2日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは1日、リトアニアの格付け「A-」維持を確認。見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。経済の強さを反映。 2日(土)

2017年8月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは26日、ハンガリーの格付け「BBB-」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。金融セクターが改善。 26日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは18日、ギリシャの格付けを「CCC」から「B-」へ2段階引き上げ。見通しは「ポジティブ」。政治的リスク低下と経済成長の持続的な伸びを反映。 19日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは11日、マルタの格付けを「A」から「A+」へ一段階引き上げ。見通しは「安定的」。公的債務は劇的に改善し、財政収支は2015年の対GDP比-1.3%から2016年には+1%の黒字転換。 12日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは3日、メキシコの格付け「BBB+」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。成長見通しに対する下振れリスク減少と公的債務負担の安定化が予想される。NAFTA再交渉による不確実性はあるものの、米国市場へのアクセスを大きく損なう可能性は低い見込み。 4日(金)

1  2  3  4  5  6    >|
トータル件数:406  ページ:1/14

主要国の国債格付け一覧へ戻る


ページの先頭へ