香港の国債格付け

主要国の国債格付け一覧

格付け会社主要3社による香港国債の格付け

香港 香港国債の格付け

ムーディーズ
Aa2
見通し:negative ネガティブ
S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)
AA+
見通し:stable 安定的
フィッチ・レーティングス
AA
見通し:negative ネガティブ

最終更新日:2019/09/16

国債格付けによる信用度一覧マップへ

国債格付け一覧へ

近年の香港国債格付け推移

香港に関連する最近の格付けトピックス

2019年9月

米格付け会社ムーディーズは16日、香港の格付け「Aa2」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ引き下げ。当局と抗議デモ隊との膠着状態は香港経済と制度の強さに対する下振れリスク。 16日(月)

格付け会社フィッチ・レーティングスは6日、香港の格付けを「AA+」から「AA」に引き下げ。見通しは「ネガティブ」。数カ月に渡るデモの過激化と暴力が香港と本土との関係を支配する一国二制度の枠組みの限界と柔軟性において、1997年の引き渡し以来最大の試練をもたらしている。 6日(金)

2017年9月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは22日、香港の格付けを「AAA」から「AA+」へ1段階引き下げ。見通しは「安定的」。 22日(金)

2017年5月

米格付け会社ムーディーズは24日、香港の格付けを「Aa1」から「Aa2」に一段階引き下げ。見通しは「安定的」。中国本土との経済的、財政的、政治的関係が緊密化していることから、中国の信用動向が引き続き香港の信用格付けに大きな影響。 24日(水)

2016年3月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は31日、香港の格付け「AAA」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ引き下げ。 31日(木)

米格付け会社ムーディーズは14日、香港の格付け「Aa1」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。中国からの政治的介入がリスク要因。 14日(月)

2013年4月

格付け会社ムーディーズは16日、香港の格付け「Aa1」の見通しを「ポジティブ」から「安定的」に引き下げ。香港は中国の特別行政区であり、中国の見通し引き下げの影響によるもの。 16日(火)

国債格付け関連トピックス一覧へ


ページの先頭へ