ロシアの国債格付け

主要国の国債格付け一覧

格付け会社主要3社によるロシア国債の格付け

ロシア ロシア国債の格付け

ムーディーズ
Ca
見通し:negative ネガティブ
S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)
SD
見通し: -
フィッチ・レーティングス
C
見通し:negative ネガティブ

最終更新日:2022/04/09

国債格付けによる信用度一覧マップへ

国債格付け一覧へ

近年のロシア国債格付け推移

ロシアに関連する最近の格付けトピックス

2022年4月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは8日、ロシアの格付けを「CC」から「SD」(選択的デフォルト)に引き下げ。その上でロシアの格付けを全て取り下げ。 9日(土)

2022年3月

格付け大手3社は24日から25日にかけて、ロシア向け信用格付けからの撤退を発表。欧州連合(EU)が経済制裁強化の一環としてロシアへの格付けを禁止したことに対応。 26日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは17日、ロシアの格付けを「CCC-」から「CC」へ1段階引き下げ。債務不払いに対する高い脆弱性から一段の格下げの可能性も。 18日(金)

格付け会社フィッチ・レーティングスは8日、ロシアの格付けを「B」から「C」へ6段階引き下げ。ロシアの政府債務返済意欲はさらに損なわれ、デフォルトが差し迫っている。 9日(水)

米格付け会社ムーディーズは2日、ロシアの格付けを「B3」から「Ca」へ2段階引き下げ。中央銀行の資本規制により対外債務の支払いが制限、デフォルト・リスクが高まる状況に。 7日(月)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは3日、ロシアの格付けを「BB+」から「CCC-」へ8段階引き下げ。「クレジット・ウォッチ・ネガティブ」を維持。デフォルト・リスクは増大。 4日(金)

格付け会社フィッチ・レーティングスは2日、ロシアの格付けを「BBB」から「B」へ6段階引き下げ。さらなる引き下げに向けて「レーティング・ウォッチ・ネガティブ」に設定。ウクライナへの軍事侵攻に対応する国際制裁はマクロ金融安定リスクを高め、ロシアのクレジットファンダメンタルズに大きなショック。政府債務返済意欲を損なうリスクも。 3日(木)

米格付け会社ムーディーズは2日、ロシアの格付けを「Baa3」から「B3」へ6段階引き下げ。さらなる格下げに向けたレビューを継続。ウクライナへの軍事侵攻に伴う西側諸国の制裁措置とロシア当局による報復措置などにより、ソブリン債務返済混乱リスクは高まる。 3日(木)

2022年2月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは25日、ロシアの格付けを「BBB-」から「BB+」へ1段階引き下げ。見通しは「ネガティブ」。ウクライナ侵攻に関連するリスクを反映。 26日(土)

2019年8月

格付け会社フィッチ・レーティングスは9日、ロシアの格付けを「BBB-」から「BBB」へ1段階引き上げ。見通しは「安定的」。マクロ経済の安定性改善により、原油価格変動に伴う経済への影響を軽減。 10日(土)

2019年2月

米格付け会社ムーディーズは8日、ロシアの格付けを「Ba1」から投資適格級となる「Baa3」に1段階引き上げ。見通しは「安定的」。強固な公的資金や近年の政策により外部ショックに対する脆弱性は大幅に減少。 9日(土)

2018年2月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは23日、ロシアの格付けを「BB+」から投資適格級となる「BBB-」へ1段階引き上げ。見通しは「安定的」。慎重な金融政策とその波及効果。 24日(土)

2018年1月

米格付け会社ムーディーズは25日、ロシアの格付け「Ba1」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。原油安ショックや制裁の影響を経てロシアのマクロ経済と財政の枠組みは強化された。 26日(金)

2017年9月

格付け会社フィッチ・レーティングスは22日、ロシアの格付け「BBB-」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」へ引き上げ。慎重な財政戦略に支えられた政策枠組み強化により、マクロ経済の安定性が向上。 23日(土)

2017年3月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは17日、ロシアの格付け「BB+」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。成長見通し改善による。 18日(土)

2017年2月

米格付け会社ムーディーズは17日、ロシアの格付け「Ba1」維持を確認。見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。原油価格が政府予算水準まで上昇し、政府の中期的な財政再建計画、ほぼ2年間の景気後退から回復したことななどを反映。 18日(土)

2016年10月

格付け会社フィッチ・レーティングスは14日、ロシアの格付け「BBB-」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。石油価格急落に対して柔軟な為替レート、インフレターゲット、財政再建と金融政策支援など信頼できる政策対応により国内の信頼を取り戻している。 15日(土)

2016年9月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは16日、ロシアの格付け「BB+」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。外部リスクの緩和による。 17日(土)

2016年4月

米格付け会社ムーディーズは22日、ロシアの格付け「Ba1」維持を確認、見通しを「ネガティブ」に引き下げ。原油価格低迷の環境下で、根本的な財政赤字削減策に向けての構造改革への取り組みが具現化せず。 23日(土)

2015年12月

米格付け会社ムーディーズは3日、ロシアの格付け「Ba1」維持を確認し、見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。外貨準備の回復による対外財政の安定化、ウクライナ東部紛争と経済制裁による影響緩和見込みによる。 4日(金)

2015年2月

米格付け会社ムーディーズは20日、ロシアの格付けを「Baa3」から投資不適格級となる「Ba1」に引き下げ。見通しは「ネガティブ」。先月からの格下げレビューの結果。ウクライナ危機、原油・通貨安による中期成長見通し悪化等による。 21日(土)

2015年1月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は26日、ロシアの格付けを「BBB-」から投資不適格級となる「BB+」に引き下げ。見通しは「ネガティブ」。金融政策の柔軟性低下と経済成長見通し悪化を反映。 27日(火)

米格付け会社ムーディーズは16日、ロシアの格付けを「Baa2」から「Baa3」に引き下げ。追加格下げの可能性も評価中。原油価格と通貨安ショックにより経済見通しのさらなる悪化が予想される。 17日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは9日、ロシアの格付けを「BBB」から「BBB-」に引き下げ。見通しは「ネガティブ」。原油安や金利急騰、ルーブル急落による経済見通しの大幅悪化に加え、2014年3月から続く西側制裁による経済圧迫により成長鈍化見通しが続くことを反映。 10日(土)

2014年10月

米格付け会社ムーディーズは17日、ロシアの格付けを「Baa1」から「Baa2」に引き下げ。見通しは「ネガティブ」。ウクライナ危機長期化と制裁による成長見通し低迷とこれに伴う資本流出が懸念材料。 18日(土)

2014年6月

米格付け会社ムーディーズは27日、ロシアの格付け「Baa1」の見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ引き下げ。地政学的リスクの高まりと中期的な経済見通しの劣化が理由。 28日(土)

2014年4月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は25日、ロシアの格付けを「BBB」から「BBB-」に引き下げ。見通しは「ネガティブ」。大規模な資金流出が継続するリスクを反映。 25日(金)

2014年3月

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)とフィッチ・レーティングスは20日、ロシア国債格付け「BBB」の見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。国際社会の反発を押してのクリミア編入強行による地政学リスク増大を懸念。 21日(金)

国債格付け関連トピックス一覧へ


ページの先頭へ