金プラチナ相場情報
Let's GOLD

★チャートギャラリー★

金需要の目的別年間推移

世界の金需要・年間推移
世界の金需要
※単位:トン ※データ:World Gold Council

目的別金需要の年間推移
目的別金需要
※単位:トン ※データ:World Gold Council

ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)が発表した2016年世界全体の金需要は、2015年の4,216トンから78.9トン(1.9%)増加し、4,309トン。5年ぶりの増加となり、2013年(4453トン)以来の4300トン超。

宝飾品需要は前年比-347.0t(14.5%)の大幅減で3年連続減少となり、2010年以降の7年間では最低水準。 工業用需要は前年比-9.5t(2.9%)となり、2010年(460t)をピークに6年連続の減少、2002年以降では最低水準。 公的機関(中央銀行)需要は7年連続の買い越し、買い越し量は前年比-192.9t(33.5%)の大幅減で6年間で最低水準。 投資需要は前年比+642.4t(69.9%)の大幅増で3年連続の増加で2012年以来4年ぶりの高水準。内訳として、インゴットやコインの現物投資は前年比-17.9t(1.7%)の小幅減、ETF関連は4年ぶりの買い越し転換、買い越し量532tは2009年(645t)以来7年ぶりの高水準。 2016年目的別需要の比率は、宝飾品47.4%、工業7.5%、投資36.2%、公的機関8.9%。 供給面では、鉱山産出量が3,236t(前年比+2.9t、0.1%)、リサイクルが1,308.5t(+192t、17.2%)。

2016年の目的別需要の比率は、宝飾品47.4%(前年:57.3%)、工業7.5%(7.9%)、投資36.2%(20.9%)、公的機関8.9%(14.0%)。

世界の金需要推移(括弧内は前年比)
 2016年:4,309t(+2.2%)
 2015年:4,216t(-0.3%)
 2014年:4,230t(-5.0%)
 2013年:4,453t(-4.9%)
 2012年:4,684t(-1.0%)
 2011年:4,732t(+12.3%)
 2010年:4,214t(+14.7%)
 2009年:3,674t(-2.8%)
 2008年:3,778t(+21.3%)
 2007年:3,116t(+0.6%)
 2006年:3,096t(-0.9%)
 2005年:3,124t(+2.6%)
 2004年:3,044t(+19.2%)
 2003年:2,554t(-9.6%)

最終更新日:2017/2/6

→世界の金消費需要と中央銀行保有量

→世界の金産出量の国別シェアと推移

→世界のプラチナ需要と供給量

→世界の金需要 2016年第3四半期


トップページへ
金プラチナ短期相場観
金プラチナ価格予想
PIVOT指数
主要マーケット指標
地金相場週間推移
相場情報メール
年間高値安値
国債格付一覧
チャートギャラリー
相関性RANK
トレンドワード
純金積立
マーケットトピックス


★PCサイトはこちら★
★iPhone/スマホ★