マーケットでよく聞く、目にする、気になる新語、造語、トレンドワード集

トレンドワード一覧

「LMCI」

LMCI(Labor Market Conditions Index:労働市場状況指数)とは、米連邦準備制度理事会(FRB)が2014年10月からウェブサイト上で公表を開始した労働市場に関する指標。雇用統計や月次求人労働異動調査で発表される失業率、労働参加率、パートタイム就労の比率、民間雇用、政府雇用、一時雇用、平均週間労働時間や平均時給、採用率や解雇、離職率などに加え、民間の採用計画などの情報も含めた全19項目の指標を元に算出されるもの。この数値がプラスなら雇用回復、マイナスなら雇用悪化と解釈される。

いわば、イエレン・ダッシュボードの詳細版のようなもので、従来からFRB内部では利用されていた指標であり、イエレンFRB議長は8月のジャクソンホールでもこのLMCIについて、多数の指標をまとめる便利な手法と評価しており、これまで不定期に更新していたものを雇用統計発表後の翌月曜日午前10時(米東部時間)以降に定期更新することを公表したもの。

<strong>LMCI</strong>(労働市場状況指数)の推移 2014年9月

2014年9月の数値は2.5。8月の2からは上昇しているものの、チャートを見ると決して良い数値とは言えないことが分かります。近年の状況を見れば、期待すべき数値は4以上、と推測されます。

さらに長期のチャート(半年間の平均値推移)を見ると、

<strong>LMCI</strong>(労働市場状況指数)半年平均値の推移 2014年9月

2014年後半の数値が急落しています。そして、雇用回復局面でのLMCIの数値としては、やはり4以上程度が望まれるのではないかと思われます。

また、現在の雇用回復局面は過去最長とも言える期間、継続しているにも関わらず、LMCIの数値に伸びがありません。むしろ近年は下落傾向となっている可能性もあり、サイクル的には、そろそろ雇用悪化局面入りしてもおかしくないようなタイミングに来ています。これでは怖くて利上げなどできない、という気にもなりそうです。

利上げ時期を先延ばしにするべき理由を明確化するために、イエレン議長はこのLMCIを公開することを決めたものと思われますが、逆に言えば、このLMCIの数値が平均して4以上程度に上昇した時には、もはや利上げ先延ばしの理由はなくなることになります。


最終更新:2014年10月07日

関連ワード
ジャクソンホール 最適コントロール イエレン・ダッシュボード ペントアップ賃金デフレ U6失業率 長期停滞論 
関連記事
労働市場情勢指数は第1四半期に一時的な減速ではなく、加速?(2017/05/09)
LMCI)は+3.5。+0.4から+3.6へと大幅上方修正され、2015年5月(4.9)以来1年10カ月ぶりの高水準とな...
米3月労働市場情勢指数は0.4と低調、後退局面入りへの警戒感も(2017/04/11)
LMCI)は+0.4となり、2月の+1.5からは大きく低下しました。2016年前半の5カ月連続マイナス圏から脱した後、1...
労働市場情勢指数(LMCI)は低迷脱出をかけてトランプ時代へ(2017/02/07)
LMCI)は+1.3。12月の+0.6(-0.3から上方修正)から小幅に改善。9-11月までは合計-1.3ポイントの下方...
トランプリスク+ハードBREXIT、LMCIも7カ月ぶりのマイナス圏(2017/01/10)
LMCI)は-0.3となり、5月(-3.3)以来7カ月ぶりのマイナス圏。11月は+1.5から+2.1へ、10月は+1.4...
求人件数は失速、トランプ相場は継続もドル買い金売りも失速(2016/12/08)
LMCI)の回復基調を支えることになりそうです。 米労働市場の回復とともにトランプ相場も継続し、株高の流れはとまら...

マーケットを動かしたキーワード・トレンドワード、2014年回顧

2013年流行語大賞~マーケット編~

2012年流行語大賞~マーケット編~


ページの先頭へ