金プラチナ短期相場観

金プラチナ短期相場観

与党圧勝を受けての株高円安に支えられて金価格は5000円台維持

更新日:2017年10月23日(月)

想定どおりとは言え、自民・公明の与党だけでも改憲発議可能となる3分の2以上の議席を獲得して圧勝したことにより、安倍長期安定政権確立への流れを好感する海外勢は日本株買いに続き、円安の流れもサポートした様子です。
野党分裂の結果でもあり、他に選択肢がなかったというのが本音という人も多かったのではないかとも思われますが、それでも最近の欧米先進各国と比較すれば日本の長期安定政権は際立つことになります。G...

続きを読む


中古住宅販売件数はハリケーンの影響残る南部をカバーして反発

更新日:2017年10月21日(土)

全米リアルター協会が発表した9月の中古住宅販売件数は年率換算で539万件。市場予想の530万件を上回り、前月比では4カ月ぶりの増加となって1年ぶり低水準となった8月からは+0.7%。10年ぶり高水準となった今年1月(569)と3月(570)がピークとなって以降の減少傾向は続くものの、下げ止まりへの可能性を示す結果となり、ハリケーンの影響からも脱し始めた様子も。もし、ハリケーンがなければより強い数値...

続きを読む


失業保険申請件数は44年半ぶり、フィリー指数の雇用は過去最大

更新日:2017年10月20日(金)

19日は米国の労働市場逼迫傾向が一段と進行していることを示す指標が続きました。
新規失業保険申請件数は、ハリケーンの影響もあって9月2日までの週には29.8万件と2年5カ月ぶりの高水準へと急増していましたが、その後は急減。今週発表の10月14日までの週時点では22.2万件となり、44年半ぶりの低水準へと改善しました。10月7日までの週の失業保険継続受給者数も同様に、43年9カ月ぶりの低水準へと改...

続きを読む


住宅着工件数は1年ぶり低水準、ハリケーンがなくても低迷継続?

更新日:2017年10月19日(木)

米商務省が発表した9月の住宅着工件数は年率換算で112.7万件。市場予想の117.5万件を大きく下回り、8月の118.3万件からも大幅減。昨年9月の106.2万件以来、1年ぶりの低水準となっています。

テキサスやフロリダを襲った大型ハリケーン「ハービー」と「イルマ」の影響が大きく、南部の着工件数は前月比-9.3%の大幅減となり、全米での前月比-4.7%の2倍。
ハリケーンの影響は予想以上に...

続きを読む


ドイツZEW景況感、現況指数は株高とともに過去最高水準続く

更新日:2017年10月18日(水)

21年ぶり高水準となった日経平均は2年5カ月ぶりとなる12連騰をかけた攻防が続きます。最高値更新が続くNYダウは今年2月に12連騰を記録し、7-8月にも10連騰、9-10月にも7連騰と世界同時株高を牽引中。欧州でも株高基調再開となり、ドイツDAXも9月と9-10月に7連騰を2度記録し、最高値更新状態となってきました。なお、ドイツDAXの12連騰は2014年11月が最後となっています。

株高基...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ