金プラチナ短期相場観

金プラチナ短期相場観

弱過ぎたユーロの恩恵を受けてドイツの景況感は記録的高水準

更新日:2017年5月24日(水)

前日のメルケル独首相に続き、この日はショイブレ独財務相も「ドイツにとってユーロの水準は低過ぎる」とユーロ安牽制発言でユーロ高を容認。ECBの緩和政策によるユーロ安が進行してきたことで「ドイツ製品が相対的に安くなってよく売れる」と一見、嬉しい悲鳴のようにも聞こえる不満も。
この実態を反映するように、5月のドイツIFO企業景況感指数は114.6まで上昇し、これまでの最大だった2011年6月の114....

続きを読む


シカゴ連銀全米活動指数は2年5カ月ぶり高水準で第2四半期に加速

更新日:2017年5月23日(火)

シカゴ連銀が発表した4月の全米活動指数は+0.49となり、3月の+0.07から大幅急騰。2014年11月(+0.50)以来、2年5カ月ぶりの高水準となりました。
内訳では、生産・所得が+0.46となり、これも2014年11月(+0.49)以来2年5カ月ぶりの高水準。雇用・労働時間は3月の+0.05から+0.10へと上昇し、売上・受注・在庫は3月の+0.07から0.00へと低下、個人消費・住宅指数...

続きを読む


強気相場入りをうかがう国内金価格、軟調推移続くプラチナ

更新日:2017年5月22日(月)

米トランプ政権のロシアゲート疑惑が続くなか、日曜夕方には北朝鮮が今年8回目の弾道ミサイル発射。密かに警戒されていた週末のイラン大統領選では現職のロウハニ大統領が再選を果たしたことで、さらなる波乱の目が拡大することはなかったものの、米政局リスクと地政学リスクは継続状態の週明け。
時間外のNY金は1258ドル手前まで上昇してスタート後、1250ドル台前半へと値を戻す展開。ドル円は早朝オセアニア市場で...

続きを読む


10年ぶり高水準のユーロ圏消費者信頼感指数もユーロ高を支援

更新日:2017年5月20日(土)

欧州委員会が発表したユーロ圏の消費者信頼感指数5月速報値は-3.3となり、4月の-3.6から小幅に上昇、2007年7月(-1.9)以来9年10カ月ぶりの高水準となっています。6カ月平均でも4月の-5.2から5月速報値では-4.7へと上昇し、2007年10月(-3.8)以来9年7カ月ぶりの高水準。
ユーロ圏の消費マインドを示すこのソフトデータは、製造業PMIや米国のISM景況感指数やミシガン大の消...

続きを読む


トランプ政権期待失速の5月、労働市場とフィリー指数は加速へ

更新日:2017年5月19日(金)

5月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数(フィリー指数)は、18.5程度の市場予想に反して38.8と大幅上振れ。1984年1月(47.0)以来33年1カ月ぶり高水準となっていた2月の43.3に次ぎ、この33年間余りで2番めの高水準。3月の32.8、4月には22.0へと失速の兆しも見られた状態から、再び急加速する形に。

6カ月移動平均も4月の25.0から5月は30.0へと大幅上昇し、2004年...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ