金プラチナ短期相場観

金プラチナ短期相場観

NAHB住宅市場指数は今年最低、密かに忍び寄るリセッションへの道

更新日:2017年9月19日(火)

全米住宅建設業者協会(NAHB:National Association of Home Builders)とウェルズ・ファーゴが発表した9月のNAHB住宅市場指数は64となり、市場予想の67を下回りました。68から67へと下方修正された8月からも3ポイント低下し、7月と並んで今年最低水準となっています。

米住宅業界の景況感を示す代表的なソフトデータであるNAHB住宅市場指数は、今年3月に7...

続きを読む


小売売上高は今年最低、鉱工業生産は8年ぶり低水準で円安失速

更新日:2017年9月16日(土)

米商務省が発表した8月の小売売上高は前月比-0.2%。市場予想の+0.1%に反しての減少となり、2月以来半年ぶりの大幅減。年初来最大の増加率となっていた7月の+0.6%も+0.3%へと大幅下方修正されています。
自動車を除いた数値では前月比+0.5%の予想に対して+0.2%とこれも下振れとはなりましたが、プラス圏を維持しており、8月の小売売上高の落ち込みは自動車販売の減少が大きく影響していること...

続きを読む


消費者物価は下げ止まり、反発の兆しも北朝鮮ICBMリスクで相殺

更新日:2017年9月15日(金)

米労働省発表の8月消費者物価指数(CPI)は、前年同月比で+1.9%。市場予想の+1.8%を上回り、7月の+1.7%からも0.2%の上昇し、2カ月続伸となっています。市場反応としては、素直にこれを好感する形でドル買い急進となり、金は下落しました。その後の北朝鮮ミサイル警戒報道などもあって流れは巻き戻される形とはなったものの、市場の12月利上げ織り込み度は前日の41.3%から50.9%へと急騰してい...

続きを読む


米8月生産者物価は2%回復も予想に届かず、注目は消費者物価へ

更新日:2017年9月14日(木)

米労働省が発表した8月の生産者物価指数(PPI)は前年同月比で+2.4%。急低下した7月の+1.9%から反発して2%台を回復、5月(+2.4%)以来3カ月ぶりの高水準となりました。ハリケーン「ハービー」の影響によるガソリン価格の値上がりが貢献したようですが、市場予想の+2.5%には届かず、市場にはやや期待はずれ感もあった様子です。

食品とエネルギーを除いたコアPPIは前年同月比+2.0%とな...

続きを読む


米JOLTS求人件数は2カ月連続の過去最大更新もドルの上値は重く

更新日:2017年9月13日(水)

米労働省が発表した7月の月次求人労働異動調査(JOLTS:Job Openings and Labor Turnover Survey)で、求人件数は617万件。事前予想の600万件程度を大幅に上回り、6月の611.6万件(616.3万件から下方修正)に続き、2カ月連続の過去最大更新となりました。
これ以前の過去最大水準は590万件台にとどまっていたこともあり、この2カ月間は突出した高水準となっ...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ