金プラチナ短期相場観

金プラチナ短期相場観

シカゴ連銀全米活動指数も失速、NYダウの高値更新は止まらず

更新日:2017年2月24日(金)

米1月のシカゴ連銀全米活動指数は-0.05と予想外のマイナス圏。+0.14から+0.18へと上方修正された12月からは-0.23ポイントの大幅低下となり、昨年8月以降の6カ月間のうち5カ月がマイナス圏。3カ月平均では2015年8月以降、1年半連続マイナス圏での推移。構成指数では雇用、売上関連がプラス圏、生産、個人消費・住宅関連がマイナス圏となり、個人消費・住宅のマイナスは2007年6月以降、9年8...

続きを読む


中古住宅販売件数は10年ぶり、ダウの9日連続最高値更新は30年ぶり

更新日:2017年2月23日(木)

全米不動産業者協会(リアルター協会【NAR:The National Association of Realtors】)が22日発表した米1月の中古住宅販売件数は、年率換算で市場予想の555万件を大幅に上回り569万件。住宅市場のピークとなっていた2007年2月以来、ほぼ10年ぶりの高水準へと急増しました。549万件から551万件へと上方修正された1月からも+3.3%の大幅増。
2015年半ば以...

続きを読む


米2月製造業PMI速報値は予想外の失速、日本とユーロ圏は加速

更新日:2017年2月22日(水)

マークイットが発表した米2月製造業PMI速報値は54.3。市場予想の55.4を下回り、1月の55.1からも低下、5カ月ぶりの反落と予想外の失速。生産高指数も55.7で1月の56.7から低下、2カ月ぶりの水準へと失速。
それでも総合指数の54.3という水準は、1年10カ月ぶりの高水準となっていた1月から若干低下した程度で、好不況の節目50を大きく上回る水準での好調を維持し、上昇傾向が崩れた訳でもあ...

続きを読む


NYダウとの90日相関係数が上昇する時、金価格は上昇する

更新日:2017年2月21日(火)

2万ドルを超えてさらに加速したNYダウの堅調推移がとまりません。株高局面では比較的下落しやすいイメージのあるNY金価格は、昨年末まではそのとおりNYダウの上昇に対して下落基調が続きました。しかし、年初からはNYダウとともにNY金価格も上昇基調が続いています。
足下の両者の90日相関係数は-0.65795と逆相関関係にありますが、30日相関係数は0.60491と正の相関関係が強まる状況となっていま...

続きを読む


2016年世界の国別プラチナ産出量とPGM埋蔵量

更新日:2017年2月20日(月)

米国の地質調査所(USGS:U.S.Geological Survey)が公表する「Mineral Commodity Summaries」によれば、2016年に世界全体のプラチナ鉱山から産出されたプラチナの量は172トン。同年の金産出量3,100トンと比較すると18分の1。2015年の189トンからは17トン、9%の減産となっています。
昨年11月発表のジョンソン・マッセイ社の見通しでは186...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ