金プラチナ短期相場観

金プラチナ短期相場観

英ハードブレグジット懸念後退、米国発ドル高牽制スタート

更新日:2017年1月18日(水)

17日のメイ英首相演説では、基本的にはEU単一市場アクセスよりも移民コントロールを優先するというハードブレグジット路線を明確にした形。ただし、事前に基本方針が伝えれれていたこともあり、あらためてさらなるリスクが高まることはなく、むしろ演説終了とともにハードブレグジットを織り込んでのリスク回避の巻き戻しが進行したようです。
ただし、ドル安の流れはメイ首相演説後も変わらず。ハードブレグジットへの警戒...

続きを読む


ビッグマック指数で見るビッグマック・インフレ率

更新日:2017年1月17日(火)

エコノミスト誌が先週発表した2017年1月のビッグマック指数によると、ドルベースで見た世界のビッグマック価格トップ3はスイス(6.35ドル)、ノルウェー(5.67)、スウェーデン(5.26)。この3強は2015年7月から変わらず、スイスのトップは2015年1月から2年間続いています。
米国のビッグマック価格は昨年7月の5.04ドルから5.06ドルへと小幅高、昨年1月の4.93ドルからの上昇率は2...

続きを読む


プラチナ価格は主要レンジ上限トライ、年内最高値目標は4800円も

更新日:2017年1月16日(月)

国内金価格は、2015年高値5298円と2016年7月高値4856円を結ぶ右肩下がりの上値抵抗線をわずかに上抜けてきました。しかし、2016年3月高値4941円と7月高値4856円を結んだラインのやや手前。2本の上値抵抗線との攻防状態が続く局面となっています。
いっぽう、下値は2016年1月安値4385円と同10月安値4473円を結ぶ右肩上がりのサポートラインに支えられ、三角保ち合いを形成してい...

続きを読む


トランプ政権への不透明感にもインフレ上昇圧力は着実に上昇

更新日:2017年1月14日(土)

6年3カ月ぶりの低水準となる2.2%まで急落していた12月のミシガン大1年期待インフレ指数は、2017年1月速報値では2.6%へと急反発しました。2016年7月(2.7%)以来半年ぶりの水準へと急騰し、12月に2.81%へと急騰していたNY連銀1年期待インフレに1カ月遅れて追随する形となっています。
トランプ政権下でのインフレ見通しについては、12月時点では上昇か低迷か、見方が分かれていた状態か...

続きを読む


見方分かれるトランプ政権下のインフレ見通し

更新日:2017年1月13日(金)

NY連銀が今週発表した2016年12月の1年期待インフレ中央値は2.81%となり、11月の2.54%から急反発し、2015年10月(2.82)以来1年2カ月ぶりの高水準となっています。2016年1月の2.42%が近年の底値となり、低水準での揉み合い状態から急上昇し始めた様子です。なお、NY連銀の3年期待インフレの数値も11月の2.71%から12月には2.83%へと急反発し、半年ぶりの水準となってい...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ