相関性がわかる。複合チャート一覧とランキング

相関性チャート

金と為替、プラチナ、国内価格や株価などの相関性、逆相関関係を複合チャートで確認します。

90日間の相関係数によるランキング30日間の相関係数によるランキング 全体RANKNY金との相関性RANKNYプラチナとの相関性RANK国内金との相関性RANK国内プラチナとの相関性RANK為替ドル円との相関性RANK

最近90日間で正の相関性が高い組み合わせ ベスト5

No.1日経平均とドルベース日経平均チャート 相関係数:0.90616(7/27)

No.2NYダウと日経平均チャート 相関係数:0.85180(7/27)

No.3NY金とNYプラチナチャート 相関係数:0.76923(7/27)

No.4NY金とNY銀チャート 相関係数:0.73641(7/27)

No.5NYプラチナと国内プラチナチャート 相関係数:0.71879(7/27)

もっと見る...

最近90日間で逆相関関係が高い組み合わせ ベスト5

No.1為替ドル円とNY金チャート 相関係数:-0.93009(7/27)

No.2為替ドル円とNYプラチナチャート 相関係数:-0.80541(7/27)

No.3NYプラチナとNYダウチャート 相関係数:-0.68037(7/27)

No.4NY金と米10年債金利チャート 相関係数:-0.57634(7/27)

No.5為替ドル円と国内金チャート 相関係数:-0.42633(7/27)

もっと見る...

過去、90日間で正の相関性が高かった組み合わせと時期 ベスト5

No.1日経平均とドルベース日経平均(2015年10月13日)チャート 相関係数:0.99410

No.2NY金とNY銀(2012年10月19日)チャート 相関係数:0.99183

No.3NYダウと英FTSE(2013年3月15日)チャート 相関係数:0.98770

No.4米10年債金利と英10年債金利(2013年7月15日)チャート 相関係数:0.98478

No.5為替ドル円と日経平均(2013年2月4日)チャート 相関係数:0.98443

もっと見る...

過去、90日間で逆相関関係が高かった組み合わせと時期 ベスト5

No.1為替ドル円とNY金(2014年11月10日)チャート 相関係数:-0.98030

No.2NY金と米10年債金利(2017年1月4日)チャート 相関係数:-0.95788

No.3為替ドル円とNYプラチナ(2014年10月1日)チャート 相関係数:-0.95676

No.4NY金とNYダウ(2017年1月18日)チャート 相関係数:-0.89406

No.5日経平均と日10年債金利(2013年4月23日)チャート 相関係数:-0.85494

もっと見る...

組み合わせ一覧

為替ドル円とNY金チャート 相関係数:-0.93009(7/27)
基本的には逆相関関係が強い組み合わせ。しかし時に正の相関関係がやや高まることもあります。(2012年7月頃など)

為替ドル円とNYプラチナチャート 相関係数:-0.80541(7/27)
正の相関関係が非常にに強い時期もあれば逆相関関係が強くなる時期もあります。

為替ドル円と国内金チャート 相関係数:-0.42633(7/27)
正の相関関係が非常に強い場合が多いですが、やや逆相関関係となる時期もあります。

為替ドル円と国内プラチナチャート 相関係数:-0.39109(7/27)
正の相関関係が非常に強い時期が多いですが、相関性が見られない時期もあります。

為替ドル円と日経平均チャート 相関係数:0.58633(7/27)
正の相関関係が非常に強い時期が多いですが、時に相関性が見られない場合もあります。

為替ドル円とNYダウチャート 相関係数:0.41140(7/27)
正の相関関係が非常に強い時期が多いですが、時折逆相関となる場合も見られます。

為替ドル円と米10年債金利チャート 相関係数:0.55706(7/27)
基本的には正の相関関係が非常に強い関係、時折、相関性が弱くなります。

NY金と国内金チャート 相関係数:0.69290(7/27)
基本的には正の相関関係が非常に強い関係、時折、逆相関となる時期もあります。

NY金とNYプラチナチャート 相関係数:0.76923(7/27)
正の相関関係が非常に強い関係、時折、弱まる時期もあります。

NY金とNY銀チャート 相関係数:0.73641(7/27)
ほとんど常に正の相関関係が非常に強い関係。

NY金とNY原油チャート 相関係数:0.44673(7/27)
NY金が安全資産と見做される時期のリスク回避局面では正の相関関係が高まりましたが、時折、逆相関となったり、相関性が弱まる時期もあります。

NY金とNYダウチャート 相関係数:-0.37453(7/27)
逆相関関係が強い時期(2013年前半)と正の相関関係が強い時期(2012年後半)もありました。

NY金とVIX指数チャート 相関係数:0.34467(7/27)
基本的は逆相関関係がやや強い関係。

NY金とユーロドルチャート 相関係数:-0.28004(7/27)
2012年は全般的に正の相関関係が非常に強く、2013年前半には相関関係が薄れています。

NY金と豪ドル米ドルチャート 相関係数:-0.12536(7/27)
2012年は7月頃まで正の相関関係が強く、2013年前半にも相関関係が強まっています。

国内金と国内プラチナチャート 相関係数:0.16341(7/28)
2011年の夏頃には相関関係のない時期があり、それ以降は強い相関関係が続いています。

NYプラチナと国内プラチナチャート 相関係数:0.71879(7/27)
ほぼ正の相関関係が強い関係が2012年以降続いています。

NYダウと日経平均チャート 相関係数:0.85180(7/27)
正の相関関係が強い組み合わせ。2012年末頃に一時相関性が弱まる時期がありました。

NYダウと独DAXチャート 相関係数:0.49379(7/27)
正の相関関係が強い組み合わせ。2012年は特に相関性が高い時期が続きました。

NYダウと英FTSEチャート 相関係数:0.47160(7/27)
2012年以降、ほぼ正の相関関係が強い状態が継続。2013年夏場にやや弱まっています。

米10年債金利と英10年債金利チャート 相関係数:0.65975(7/27)
ほぼ常に正の相関関係が非常に強い関係。

米10年債金利と独10年債金利チャート 相関係数:0.48967(7/27)
ほぼ常に正の相関関係が強い関係。

米10年債金利と日10年債金利チャート 相関係数:0.21408(7/27)
ほぼ常に正の相関関係がやや強い関係。

NYプラチナとNYダウチャート 相関係数:-0.68037(7/27)
2013年4月頃までは正の相関関係が強い関係でしたが、それ以降は逆相関関係がやや高まっています。

日経平均と日10年債金利チャート 相関係数:0.57158(7/27)
2012年11月頃までは比較的正の相関関係が強い関係でしたが、それ以降はやや薄れています。2013年4月には日銀による長期債購入決定により金利低下、株高で逆相関が強まりました。

NYダウと米10年債金利チャート 相関係数:-0.28017(7/27)
2013年4月上旬までは正の相関関係が強い関係でしたが、それ以降は相関性がやや弱まっています。

NY金と米10年債金利チャート 相関係数:-0.57634(7/27)
2012年夏頃には正の相関関係が強い時期がありましたが、それ以降は逆相関関係が強まり易くなっています。

日経平均とドルベース日経平均チャート 相関係数:0.90616(7/27)
ほぼ常に正の相関関係が非常に強い関係。



ページの先頭へ