マーケットでよく聞く、目にする、気になる新語、造語、トレンドワード集

トレンドワード一覧

「フォワードガイダンス」

2013年7月4日のECB(欧州中央銀行)理事会では政策金利0.50%の据え置きを決定し、ドラギECB総裁は定例会見で、「理事会は、ECBの主要金利が長期にわたり、現行水準もしくはそれを下回る水準になると予想する」と発言。金融政策に関する将来の政策指針、いわゆるフォワードガイダンスを示したことは、異例であり方針転換とも言えます。
これまでのECBは、金融政策を事前に予告しない方針をとり、将来の金融政策については「予断を許さない」などとし、時間軸へ言及することはありませんでした。

実質、当面の低金利政策の継続を公約する形となった今回のフォワードガイダンスの背景には、米FRBの量的緩和縮小に向けた動きがあります。米国での出口論拡大に伴う米金利上昇の影響を受け、欧州各国の国債利回りも上昇し始めており、特に、南欧国債利回り高騰による資金調達難、そして財政危機懸念を招いた前年までの欧州債務危機の再燃は、ECBにとっては絶対に避けなければならない悪夢。
金利上昇を抑制するのはECBにとっての重要使命であり、危機の芽を事前に摘み取る為の有効な手段として、フォワードガイダンスを示した、ということになりそうです。

また、同じ日に行われたBOE(イングランド銀行)の金融政策委員会でも、声明により「市場による利上げの織り込みは早計」とし、今後のフォワードガイダンス提示の可能性を示唆しました。

しかし、ドラギ総裁の「長期に渡り・・・」という曖昧な表現を市場がどう判断していくのか、不安要素も残ります。
米FRBによる、インフレ率が2.5%を突破しないことを条件に、失業率が6.5%に改善するまで超低金利政策を維持するというフォワードガイダンスが示されていながらも、緩和縮小に向けては市場の混乱が発生しました。
フォワードガイダンスは、市場の安定に寄与する場合もあれば、逆に混乱を招く場合もあります。

最終更新:2013年07月08日

関連ワード
LTRO QE3 ドラギプット OMT(アウトライト・マネタリー・トランザクションズ) テーパリング 最適コントロール イエレン・ダッシュボード 
関連記事
楽観と慎重さが交錯するイエレン議会証言もハト派継続(2016/06/22)
フォワードガイダンスにはあまり依存しない、として6月FOMC時点で7月利上げを示唆していなくとも、7月の利上げを否定する...
FOMCは6月利上げの可能性を残すも経済見通しは下方修正(2016/04/28)
フォワードガイダンスやリスク懸念への言及など。 結果的には、声明文から「海外情勢の見通しへの影響」への言及が削除され、...
米・消費者物価指数(CPI)の最近の動向(2015/04/18)
フォワードガイダンスが示されていることもあり、今後の物価動向を示す重要指標の一つである消費者物価指数(CPI)への注目度...
利上げによるドル高圧力の強さを確認し、株高をサポートしたイエレン証言(2015/02/25)
フォワードガイダンスの変更を行う、というような内容が断片的に伝えられたことで瞬間的にタカ派寄りの側面がクローズアップされ...
FOMC議事要旨を受けた米株は今年最大の安心感(2014/10/09)
フォワードガイダンスの変更についてもかなりの慎重姿勢が見られます。 予想以上にハト派的と受け止められたFOMC議事...

マーケットを動かしたキーワード・トレンドワード、2014年回顧

2013年流行語大賞~マーケット編~

2012年流行語大賞~マーケット編~


ページの先頭へ