中国の国債格付け

主要国の国債格付け一覧

格付け会社主要3社による中国国債の格付け

中国 中国国債の格付け

ムーディーズ
A1
見通し:stable 安定的
S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)
AA-
見通し:negative ネガティブ
フィッチ・レーティングス
A+
見通し:stable 安定的

最終更新日:2017/05/24

国債格付けによる信用度一覧マップへ

国債格付け一覧へ

近年の中国国債格付け推移

中国に関連する最近の格付けトピックス

2017年5月

米格付け会社ムーディーズは24日、香港の格付けを「Aa1」から「Aa2」に一段階引き下げ。見通しは「安定的」。中国本土との経済的、財政的、政治的関係が緊密化していることから、中国の信用動向が引き続き香港の信用格付けに大きな影響。 24日(水)

米格付け会社ムーディーズは24日、中国の格付けを「Aa3」から「A1」へ一段階引き下げ。見通しは「安定的」。潜在成長率鈍化に伴う負債増加を背景に、中国の財務力は今後幾分の低下が見込まれる。 24日(水)

2016年3月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は31日、中国の格付け「AA-」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ引き下げ。中国政府の改革遅延を懸念。 31日(木)

米格付け会社ムーディーズは14日、香港の格付け「Aa1」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。中国からの政治的介入がリスク要因。 14日(月)

米格付け会社ムーディーズは2日、中国の格付け「Aa3」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ引き下げ。財政弱体化、資本流出、経済改革に向けての不確実性などを懸念。 2日(水)

2013年4月

格付け会社ムーディーズは16日、香港の格付け「Aa1」の見通しを「ポジティブ」から「安定的」に引き下げ。香港は中国の特別行政区であり、中国の見通し引き下げの影響によるもの。 16日(火)

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは16日、中国の格付け「Aa3」の見通しを「ポジティブ」から「安定的」に引き下げ。 16日(火)

格付け会社のフィッチ・レーティングスは、中国の長期自国通貨建て格付けを「AA-」から「A+」に引き下げ。見通しは「安定的」で外貨建て格付けと同等に。 9日(火)

2012年9月

フィッチ・レーティングスが6日、韓国の格付けを「A+」から「AA-」へ1段階引き上げ。見通し「安定的」。経済および金融の安定性を評価。日本と中国よりも1段階上に。 7日(金)

2012年8月

ムーディーズは27日、韓国のソブリン格付けを「A1」から1段階引き上げて「Aa3」へ。見通しは「安定的」。韓国では過去最高、日本や中国と並んだ。韓国経済の弾力性と北朝鮮との関係が安定化したことが背景。 27日(月)

国債格付け関連トピックス一覧へ


ページの先頭へ