為替・ドル円相場・超長期チャート

ドル円超長期チャート

ドル円相場長期チャート:1971年以降

ドル円相場長期チャート1971年以降

日本円の対米ドル為替レートは、第2次大戦後1ドル=360円の固定相場制が続き、1971年12月のスミソニアン協定で1ドル=308円への切り上げを経て、1973年2月に変動相場制へと移行しました。

変動相場制導入直後に260円台まで下落した後、1973年秋のオイルショックをきっかけに300円近辺までドル高円安が進行。1970年代後半から徐々に円高が進行し、1978年末には180円近辺へ。

その後、ソ連のアフガニスタン侵攻などの地政学リスクによるドル高で1980年代前半にかけて250-260円の水準へ。そして1985年9月のプラザ合意でドル安誘導政策が決定すると急速に円高が進み、1986年末には160円へ。その後もドル安円高が進み、1987年2月のルーブル合意によるドル安の歯止めも効かず、1988年には当時の史上最安値となる1ドル=120円まで円高が進行しました。

日本では円高不況の対策として超低金利政策を推進したことでバブル期へ。1990年には160円近辺まで円安が進行。その後、バブル崩壊とともに1990年前半には円高が進行し、1995年4月には一時79円70銭台の史上最安値(円高)を更新。

以降1998年にかけては円安が進行。

ドル円相場長期チャート:1998年以降

ドル円相場長期チャート1998年以降

日本のバブル崩壊後、銀行の不良債権問題が拡大し、金融機関の破綻が相次いだ1990年代後半には円安が進行、1998年8月には147円台を記録して反転、年末には110円台前半へ。その後120円付近での揉み合いを経て2000年には103円台へ。

2001年9月の米同時多発テロによる金融市場の混乱ではドルも売られたものの円も売られて円安へ、2002年にかけて130円台へと上昇。その後円高に転じると2003年5月のりそな銀行破綻・国有化をきっかけに急速な円高が進行し、2004年には100円付近へ。

円キャリートレードが活発化した2000年代後半には円安が進行し、2007年6月には124円台を記録。この時期に発覚した米国のサブプライム問題の拡大によりドル安円高傾向へ。以降、比較的記憶に新しい2008年9月のリーマンショックを経て世界同時株安・金融危機となり、安全資産とされた米ドルや日本円が買われ、円キャリートレードの巻き戻しとなり、円はドルに対しても買われ、超円高の時代へ。

過去の目安となるドル高円安水準は、
2015年6月5日:125円85銭
2002年2月8日:134円70銭
1998年8月11日:147円26銭
1990年4月17日:159円90銭

ドル円相場は、2011年10月末に史上最安値(10/28終値:1ドル=75円83銭、10/31安値:75円55銭)を記録した後、2012年末から2013年にかけて本格的な上昇(ドル高円安)に転じ、2013年後半には1ドル=100円を超えました。2014年12月には121円台、2015年5月には124円台、6月5日には13年ぶりに125円80銭台まで上昇。 2016年は円高基調でスタート、2月11日には一時111円割れ、4月には110円を割り込み、29日には106円30銭台へ。5月3日には一時105円50銭台、6月17日には一時103円50銭台までの円高が進行。英国のEU離脱か確定した6月24日には一時2013年11月以来2年7カ月ぶりの円高水準となる99円10銭台まで下落。8月18日には終値でも2年9カ月ぶりに100円割れ、99円80銭台へ。11月の米大統領選後はドル高が進行、月末には114円台まで上昇。

最終更新日:2016/12/3

ドル円相場 過去8年間の月間平均推移チャート

ドル円相場 半年間推移チャート

ドル円相場 月間推移チャート


ページの先頭へ