サウジアラビアの国債格付け

主要国の国債格付け一覧

格付け会社主要3社によるサウジアラビア国債の格付け

サウジアラビア サウジアラビア国債の格付け

ムーディーズ
A1
見通し:stable 安定的
S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)
A-
見通し:stable 安定的
フィッチ・レーティングス
A+
見通し:stable 安定的

最終更新日:2017/03/23

国債格付けによる信用度一覧マップへ

国債格付け一覧へ

近年のサウジアラビア国債格付け推移

サウジアラビアに関連する最近の格付けトピックス

2017年3月

格付け会社フィッチ・レーティングスは22日、サウジアラビアの格付けを「AA-」から「A+」へ一段階引き下げ。見通しは「安定的」。2016年に大幅拡大した財政赤字に対し、政府の改革プログラム実施への継続的な疑念を反映。 23日(木)

2016年5月

米格付け会社ムーディーズは14日、サウジアラビアの格付けを「Aa3」から「A1」へ引き下げ。見通しは「安定的」。原油価格の低迷がサウジアラビアの信用力低下に影響。 14日(土)

2016年4月

格付け会社フィッチ・レーティングスは12日、サウジアラビアの格付けを「AA」から「AA-」に1段階引き下げ。見通しは引き続き「ネガティブ」。2010年以来の財政赤字となった2014年の対GDP比2.3%から、2015年には同14.8%へと赤字幅が拡大。2015年の経常収支はGDP比8.2%の赤字、2016年には1998年以来となる14%に悪化見込み。 12日(火)

2016年2月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は17日、サウジアラビアの格付けを「A+」から「A-」に2段階引き下げ。見通しは「安定的」。原油安は財政、経済に対して長期的に大きな影響。 18日(木)

2015年10月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は30日、サウジアラビアの格付けを「AA-」から「A+」に引き下げ。見通しは「ネガティブ」を維持。 31日(土)

2015年8月

格付け会社フィッチ・レーティングスは24日、サウジアラビアの格付け「AA」の見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。原油安と軍事費急増に伴う財政赤字拡大が懸念される。 25日(火)

2015年2月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は9日、サウジアラビアの格付け「AA-」の見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。原油価格急落が続いたことが影響。 10日(火)

2014年3月

格付け会社フィッチ・レーティングスは7日、サウジアラビアを「AA-」から「AA」に格上げ。見通しは「安定的」。強力な政府のバランスシート強化、体外債務ゼロ、財政黒字などを評価。 8日(土)

2013年5月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は29日、サウジアラビアの格付け「AA-」の見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。 29日(水)

2013年3月

フィッチ・レーティングスは20日、サウジアラビアの格付け見通しを「安定的」から「強含み」に引き上げ。「AA-」は維持。 21日(木)

国債格付け関連トピックス一覧へ


ページの先頭へ