金プラチナ短期相場観

金プラチナ短期相場観

もみ合い続く金、プラチナは下方バイアス

更新日:2012年4月25日(水)

NY市場、
金は4月5日終値1,614~1,680ドルのレンジでやや上昇傾向に。
プラチナは現在下値模索中の状態、1,500ドル丁度付近までの下落を警戒。
上値方向の節目は1,610ドル辺り。

国内市場、
金は4,440~4,490円程度のショートレンジを形成中。下落の勢いは徐々に弱まりつつあります。
プラチナは24日の4,220~4,330円あたりが上下の節目か。地合いはかなり弱め。
ドル円がレンジの今、NY市場の下落が続けば下値切り下げの可能性も大。

2012年4月25日(水)時点の相場
国内金4,476 円 4/25(水) ▲36(0.81%)
国内プラチナ4,237 円 4/25(水) ▲10(0.24%)
NY金1,643.8 ドル 4/24(火) ▲11.2(0.69%)
NYプラチナ1,548.1 ドル 4/24(火) ▼8.2(0.53%)
ドル円81.31 円 4/24(火) ▲0.13(0.16%)

4/24(火)のその他主要マーケット指標

FOMCでは予想通りサプライズなしで相場は膠着状態に 4/26(木)

もみ合い続く金、プラチナは下方バイアス 4/25(水)


短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ