金プラチナ短期相場観~最近よく読まれた記事~

金プラチナ短期相場観

最終更新日時:2020年4月2日(木) 09:11

No.1 新型コロナはパンデミック、株安止まらず、金も調整

2020年3月12日(木)

世界保健機関(WHO)は11日、新型コロナウイルス(COVID-19)はパンデミック(世界的大流行)となったことを宣言。WHOの「パンデミック」宣言は2009年の新型インフルエンザ以来、11年ぶり。2週間で中国以外の症例数が13倍に増加した...

続きを読む...


No.2 コロナ対策第3弾は無制限QE、も株安止まらず金は過去最大の急騰

2020年3月24日(火)

FRBは今月3日の緊急利下げ、16日にも緊急利下げでゼロ金利と量的緩和再開、そしてコロナ対策第3弾として今度は無制限QE。16日には国債を5000億ドル、住宅ローン担保証券(MBS)を2000億ドルの合計7000億ドルとしていた上限を撤廃。...

続きを読む...


No.3 リーマンショック後のNY金とダウの安値とVIXの高値

2020年3月19日(木)

2008年9月15日、米投資銀行リーマン・ブラザーズが経営破綻し、その後世界的金融危機となり、米国はリセッション入り、マーケットも大荒れ、という時期がしばらく続きました。 2006年には500ドル台だったNY金価格は上昇基調が続き、200...

続きを読む...


No.4 止まらない株安連鎖、リスク資産と化した金も乱高下

2020年3月23日(月)

週明け23日のアジア時間、先週末に4%下落していたS&P500指数先物はさらに5%安となって値幅制限いっぱいの下落。世界中で新型コロナウイルスの感染拡大がとまらないのと同様に、世界中の株安連鎖もとまらない状態で今週もスタート。イタリアでは死...

続きを読む...


No.5 リーマンショック後のドル高と金安、とその反転

2020年3月21日(土)

コロナショックを受けて米ドルの需要が高まり、有事のドル買いが急速に進行、ドル独歩高の展開が続いています。日経新聞によれば19日にドルは34年ぶり高値を記録したようです。 12年前、リーマンショックの時にもドル高の流れは急速に進行しまし...

続きを読む...


No.6 米FRBは2週間で2度めの緊急利下げ、ゼロ金利と量的緩和再開も

2020年3月16日(月)

米FRBは15日(日本時間16日早朝)、17-18日開催予定だったFOMCを前倒し開催、FF金利誘導目標を1.00%引き下げて0.00-0.25%とすることを決定。緊急利下げによって4年5ヵ月ぶりにゼロ金利に戻すとともに、債券保有を少なくと...

続きを読む...


No.7 金価格は長期上昇チャネル上限、プラチナは4年越しの抵抗線超え

2020年1月6日(月)

国内金価格は12月半ばから年明けにかけて、昨年夏以来の急騰局面を形成し、再び近年最高値を大きく更新。2018年8月16日につけた安値4458円からこの日の5927円まで、1年5ヵ月弱で1469円の大幅上昇。 長期的に見ると、2012年以降...

続きを読む...


No.8 NY連銀製造業景況指数も3月は11年ぶり低水準へ、過去最大の急落

2020年3月17日(火)

米国の製造業景況感も3月に急低下。2月の製造業PMIが過去最低へと急落した中国に1ヵ月遅れて追随する結果となりました。 3月のNY連銀製造業景況指数は市場予想の+5.1を大幅に下回る-21.5。2009年3月(-33.7)以来、11年ぶり...

続きを読む...


No.9 中国自動車販売は2月に過去最大の急減、武漢の工場再開で回復へ

2020年3月13日(金)

中国の2月の自動車販売台数は31万台。当然のことながら2ヵ月連続の減少で1月の192.7万台からは-83.9%の急減。前年同月比では-79.1%。20ヵ月連続の前年割れとなり、減少幅としては過去最大。 ある程度予想された結果ながら、数字的...

続きを読む...


No.10 ドイツZEW、期待指数は再び現況指数を下抜けて過去最大の急落

2020年3月18日(水)

3月のドイツZEW景況感指数は現況指数が-43.1となり、2010年3月(-51.9)以来、10年ぶりの低水準。2月の-15.7からは-27.4ポイントの急落となり、2011年8月(-37.1)以来、8年7ヵ月ぶりの急激な悪化。現況指数のマ...

続きを読む...


No.11 外出禁止令のユーロ圏、3月サービス業PMIは過去最低へ急落

2020年3月25日(水)

マークイット発表のユーロ圏PMIの3月速報値は事前から、かなりの悪化が予想され、中国の2月PMIの結果も見ていたこともあり、市場の反応は限定的にとどまりました。 製造業PMIでは、フランスが42.9で7年2ヵ月ぶり低水準も予想を上回り、ド...

続きを読む...


No.12 コロナショックは米3月上旬の消費センチメントに影響なし?

2020年3月14日(土)

3月のミシガン大消費者信頼感指数は、速報値で95.9。2月の101からは急低下、10月(95.5)以来5ヵ月ぶりの低水準。ただし、市場予想の95.0を上回り、それほど悪化を示す結果とはなっていません。 ミシガン大消費者信頼感指数は2月の1...

続きを読む...


No.13 コロナショックの影響数値化第1週

2020年3月30日(月)

コロナショックの影響が経済指標に反映される、最初の月末月初の重要週を迎えます。 火曜日には中国・国家統計局の製造業・非製造業PMI。過去最低へと急落した2月から、3月は10ポイント程度の上昇を予想する向きが大勢となっていますが、世界に先行...

続きを読む...


No.14 米中対立激化、週明け早朝一時1560ドル台、104円40銭台まで

2019年8月26日(月)

米中貿易戦争激化を受けて波乱の週末、史上はじめて首脳宣言が見送られるG7、香港デモ過激化、ジョンソン英首相はEU離脱へ強気姿勢、北朝鮮のミサイル発射などを経て迎えた週明け。 東京時間早朝の時間帯、ドル円は先週末の105円40銭台から、一時...

続きを読む...


No.15 失業保険申請件数は驚愕の328万件、これまでの過去最大の4.7倍

2020年3月27日(金)

26日、米国で確認された新型コロナウイルスの感染者数は8万5000人を超え、中国を上回って世界最多となりました。 3月中旬から感染者数が急増し、ニューヨーク州を始め各州で外出制限やロックダウン状態となり、業務停止や人員削減に踏み切る企業が...

続きを読む...


No.16 崩れ始めた米国の完全雇用

2020年3月20日(金)

米労働省が19日に発表した週間新規失業保険申請件数は前週から7万件の急増。コロナショックの影響が想定以上に早く、大きく表れ始めた様子も。 申請件数28.1万件は2017年9月2日までの週(29.9万件)以来、2年半ぶりの高水準となり、4週...

続きを読む...


No.17 ドイツ3月IFO景況感は下方改定、主要業種は過去最大の急降下

2020年3月26日(木)

ドイツ3月IFO景況感指数は25日に確報値が発表され、1週間前の速報から下方改定されて86.1、10年8ヵ月ぶり低水準に急降下、となっています。 現況指数も93.0となり、2010年6月(92.0)以来、9年9ヵ月ぶり低水準。期待指数は7...

続きを読む...


No.18 インフレ2%弱継続で3月FOMCでの見通しも「辛抱強く」継続へ

2019年3月2日(土)

米商務省から1カ月遅れで発表された12月の個人消費支出物価指数(PCEデフレーター)は前年比+1.75%。原油価格が急落した月でもあり、10月の+2.01%から2カ月連続の低下となり、1月以来11カ月ぶりの低水準にとどまりました。 食品と...

続きを読む...


No.19 3月後半、消費センチメントもリーマンショック以来の急低下

2020年3月28日(土)

2週間前、13日に発表されたミシガン大消費者信頼感指数の速報値では、新型コロナウイルスを楽観視する向きもありましたが、2週間後の確報値では一変。前日の新規失業保険申請件数ほど衝撃的な数値とはなってはいませんが、この2週間での米国内での感染者...

続きを読む...


No.20 金は上限5000円、プラチナは下限3000円との攻防に

2019年6月17日(月)

週明け17日、時間外のNY金は1340ドル台半ばから前半へとやや軟調スタート、為替は108円50銭台から60銭台へと円安基調でのスタート。国内金価格は-5円、0.1%安となって4営業日ぶりの小反落スタート。 香港では「逃亡犯条例」改正...

続きを読む...



RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ