金プラチナ短期相場観 2018年12月

金プラチナ短期相場観

ユーロ圏PMIは年末まで下げ止まらず、ユーロ売りが金の重石に

更新日:2018年12月15日(土)

ドラギECB総裁は、前日のECB理事会後の会見でユーロ圏の成長見通し引き下げについて言及したのに続き、この日もユーロ圏の成長見通し鈍化に伴い、EU首脳に対して改革を進めるよう要請したことが伝えられています。また、合わせてECBは今年、成長見通しを3度引き下げたことも指摘しています。

この日マークイットが発表した12月ユーロ圏、ドイツ、フランスの製造業、サービス業、総合PMI速報値でも、いずれ...

続きを読む


ECB利上げ見通し維持もリスクバランスは下振れ方向

更新日:2018年12月14日(金)

ECB理事会では、予定どおり量的緩和の終了を正式に決定し、償還後の再投資については利上げ開始後も当面継続することも合わせて発表し、緩和的な姿勢を当面維持する構えを見せました。
そして、その利上げ見通しについては、少なくとも来年夏までは利上げしない、という従来どおりのトーンにとどめました。

来年10月末で任期満了となるドラギECB総裁は会見で、「最近の経済データは予想より弱い」ことを認め、「...

続きを読む


米11月CPIは鈍化もコアCPI上昇でインフレ減速懸念は緩和

更新日:2018年12月13日(木)

米労働省が発表した11月の消費者物価指数(CPI)は前年比+2.2%で市場予想どおりも10月の+2.5%からは鈍化。7月の+2.9%からは大幅に低下。
前日発表された生産者物価指数(PPI)でも、10月分までの個人消費支出物価指数(PCE)でも同様の推移となっています。

特に11月は原油価格の急落が影響し、CPIの内訳でもガソリン価格は10月の前年比+16.1%から11月は+5.0%へと急...

続きを読む


ZEWドイツ景況感、期待指数下げ渋りも現況はほぼ4年ぶり低水準

更新日:2018年12月12日(水)

12月のZEWドイツ景況感指数は、期待指数が-17.5となって2カ月連続の上昇で下げ渋り状態に。ただし、マイナス圏は4月から9カ月連続。期待指数のマイナス圏が9カ月以上続くのは2007年8月から2009年3月まで(20カ月連続)以来、9年9カ月ぶり。

また、現況指数は45.3。10月の70.1、11月の58.2からも大きく水準を切り下げて3カ月連続の急落となり、2015年1月(22.4)以来...

続きを読む


求人件数>失業者数は8カ月連続、労働需給逼迫は100万人超

更新日:2018年12月11日(火)

米労働省が発表した10月の求人労働異動調査(JOLTS)で、求人件数は707.9万件。市場予想の710万件を下回りましたが、9月の696万件からは増加し、過去最高となった8月の729.3万件に次いで過去2番めの高水準。7月に707.7万件と700万件台に到達してからは4カ月連速で700万件前後の高水準を維持する状態です。

これに対して失業者数は、2009年から10年にかけて1500万人超のピ...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ