金プラチナ短期相場観 2019年1月

金プラチナ短期相場観

ドル高警戒感続くビッグマック指数

更新日:2019年1月22日(火)

エコノミスト誌が今月発表したビッグマック指数によると、ビッグマックの価格は米国で5.58ドル。1年前の5.28ドルからは0.3ドル上昇し、ビッグマック指数で見るインフレ率は前年比+5.7%。半年前の+4.0%から上昇し、2014年以来5年ぶりの高水準となっています。
日本でのビッグマック価格は390円。1年前の380円から10円上昇し、インフレ率は前年比+2.6%。半年前からは横ばい推移。

...

続きを読む


トランプ重大発表で政府閉鎖解消への歩み寄り提案も民主一蹴

更新日:2019年1月21日(月)

トランプ米大統領は週末に重大発表を行うと事前予告した上で土曜ゴールデンタイムに演説を行い、不法移民を救済する制度(通称DACA)の延長などを条件にメキシコ国境の壁建設予算を認めるよう民主党に働きかける、妥協案を示しました。しかし、民主党側は「過去に却下された案の寄せ集め」などとしてこれを一蹴。
過去最長となっている政府機関の一部閉鎖解消に向けて、トランプ大統領のほうから歩み寄りの姿勢を見せたこと...

続きを読む


ミシガン大消費者信頼感指数はトランプ政権後最低水準に

更新日:2019年1月19日(土)

米ミシガン大消費者信頼感指数の1月速報値は90.7。市場予想の96.8を大きく下回り、12月の98.3からも急低下。2016年10月(87.2)以来、2年3カ月ぶりの低水準。トランプ政権誕生となった米大統領選以降での最低水準となりました。
現況指数も110.0となり、2016年11月(107.3)以来2年2カ月ぶり低水準。
期待指数は78.3となり、4カ月続落で12月の87.0からは大幅低下、...

続きを読む


フィラデルフィア反発でも対中関税引き下げ報道でも1290ドル

更新日:2019年1月18日(金)

1月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数は17.0。市場予想の9.5に対して大幅上振れ、12月の9.1からも大幅上昇で3カ月ぶりの高水準。12月まではともに急低下となっていたNY連銀の1月とは相反する結果となり、ややポジティブサプライズでリスクオンムードをサポートした格好です。

ただし、6カ月平均では12月の16.6から15.4へと低下し、6カ月続落となって2017年1月(14.4)以来2年...

続きを読む


米NAHB住宅市場指数3カ月連続前年比マイナスで利上げ打ち止めへ

更新日:2019年1月17日(木)

米1月のNAHB住宅市場指数は58となり、市場予想と12月の56を上回る好結果。低調が続いていた米住宅市場の景況感悪化が一服となり、ドル買いの勢いが強まりました。
ただし、18年5カ月ぶり高水準となった2017年12月の74からは低下基調が続き、2018年12月の56は3年7カ月ぶり低水準。この1月はわずかな反発にとどまり、下げ止まったかどうか、という状況。
構成指数も同様で、現況指数は201...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ