金プラチナ短期相場観 2019年7月

金プラチナ短期相場観

NAHB住宅市場指数9カ月連続前年割れが示すリセッション警戒感

更新日:2019年7月17日(水)

NAHB(National Association of Home Builders:全米住宅建設業者協会)とウェルズ・ファーゴが発表した住宅建設業者の景況感を示す、NAHB住宅市場指数(HMI)は7月に65となり、市場予想と6月の64を上回る好結果。昨年12月には3年7カ月ぶり低水準となる56まで低下していたこの指数は今年、回復傾向が続きます。

ただし、5月に66まで上昇して7カ月ぶり高水...

続きを読む


賃金上昇率は頭打ち、ゼロ賃金の割合は底打ち?

更新日:2019年7月16日(火)

雇用統計での平均時給の伸びは、前年比+3.2%から3.1%台で伸び悩む状態が続いていますが、アトランタ連銀が発表する個人時給の中央値の伸び(3カ月平均)は、6月に前年比+3.9%。直近4カ月は連続で上昇し、昨年11月(3.9)以来7カ月ぶりの高水準となっています。ただし、+3.9%は2016年10-11月にも記録しており、2008年以来の高水準。最後のリセッション以降、近年最高水準に到達した状態で...

続きを読む


中国の6月貿易黒字は今年最大、輸入は2カ月連続の前年割れ

更新日:2019年7月13日(土)

中国税関総署が発表した貿易統計によれば、6月の輸出総額は1兆4535.2億人民元、輸入は1兆1083.3億元。貿易収支は3451.9億元の黒字。
貿易黒字幅は2カ月連続拡大し、今年最大。昨年12月以来、半年ぶりの高水準。輸出額も2カ月連続の増加で1月以来、5カ月ぶりの高水準。
しかし、輸入額は2カ月連続で減少し、2月以来4カ月ぶりの低水準。
前年同月比で見ると、輸出は春節の時期を除いて前年比...

続きを読む


6月コアCPIは5カ月ぶり高水準、物価低迷とFRBハト化に待った?

更新日:2019年7月12日(金)

米労働省が発表した6月の消費者物価指数(CPI)は前年比+1.65%。2カ月連続の低下で今年2月(+1.52)以来、4カ月ぶりの低水準へと鈍化。NY原油価格が月間平均で2カ月連続低下し、5月の60.87ドルから6月は54.71ドルへと急低下したことに連動する形となりました。

しかし、食品とエネルギー関連を除くコアCPIでは前年比+2.13%。
市場予想の+2.0%を上回り、5月の+1.99...

続きを読む


インフレ低下リスクは予想以上、「一時的」から方向転換

更新日:2019年7月11日(木)

5月までのコアPCE、コアCPIの推移を見る限り、明らかに昨年半ばからは減速傾向が続いている状態にもかかわらず、「低インフレは一時的」との見方を続けてきたFRB。
ここにきてようやく方向転換。「インフレ低下リスクは予想以上に根強い可能性」があることを認め、7月末FOMCで「必要に応じて行動する」と方針転換、そして利下げを示唆。

経済活動の持続的拡大やインフレ率2%に向けての見通しに不確実性...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ