金プラチナ短期相場観 2019年11月

金プラチナ短期相場観

金価格は5600円、プラチナは3400円が重要な攻防ラインに

更新日:2019年11月18日(月)

劉鶴中国副首相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表、ムニューシン米財務長官らが週末に電話会議を行い、第1段階合意に向けて建設的な議論を行ったことが伝えられています。
1歩進んで2歩下がることも多かった米中協議も最近では2歩進んで1歩下がる程度へと、形成逆転の様子も。近い将来の首脳会談と部分合意署名について、市場は既に織り込み済の状態にもなりつつあり、ゆるやかなリスク選好ムードが漂い、世界...

続きを読む


米国も10月鉱工業生産は低調、リーマン後最低タイの急低下

更新日:2019年11月16日(土)

今週発表された中国の10月鉱工業生産は前年比+4.7%で8月の+4.4%に次いで17年間で2番めの低水準となっていました。同時に発表された小売売上高も記録的低調となり、中国景気の減速があらためて警戒されることにもなりました。
パウエルFRB議長を始め、複数のFRB関係者が金融政策の正当性とともに米国経済の好調ぶりを主張するなか、米国の鉱工業生産も10月は低調な結果となっています。

FRBが...

続きを読む


米PPIも3年ぶり低水準、インフレは2%から下放れへ

更新日:2019年11月15日(金)

米労働省が発表した10月の生産者物価指数(PPI)は前年比+1.11%。市場予想の+0.9%は上回りましたが、2カ月連続の急低下で5カ月連続の2%割れ、2016年10月(1.09)以来3年ぶりの低水準。食品とエネルギーを除いたコア指数(コアPPI)は前年比+1.63%。これも市場予想の+1.5%を上回りましたが、2カ月連続の急低下で2017年3月(1.55)以来、2年7カ月ぶりの低い伸びにとどまり...

続きを読む


上昇リスクより大きい「低インフレリスク」継続中、CPI伸び悩み

更新日:2019年11月14日(木)

パウエルFRB議長はこの日、上下両院合同経済委員会で証言し、FF金利が当面据え置き見通しであることを示唆し、インフレに関しては「低インフレリスクは上昇リスクより大きい」と長引く低インフレに懸念を示しました。

米労働省が発表した10月の消費者物価指数(CPI)は前年比+1.8%となり、市場予想を上回り、食品とネルギーを除くコアCPIは前年比+2.3%で市場予想を下回りました。小数点以下2桁で見...

続きを読む


ZEW期待指数>現況指数=ドイツ景気底打ちへ

更新日:2019年11月13日(水)

11月のZEWドイツ景況感指数は期待指数が-2.1となって10月の-22.8から急反発、6カ月ぶりの高水準となりました。現況指数も9年半ぶりの低水準となった10月の-25.3から11月は-24.7へとわずか0.6ポイントながらも反発。現況指数が上昇するのも半年ぶり。10月時点で期待指数(-22.8)が現況指数(-25.3)をわずかに上回り、11月には期待指数が急騰、現況指数も下げ止まり。

Z...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ