金プラチナ短期相場観 2020年2月

金プラチナ短期相場観

コロナショック、ダウ下落幅は過去最大、国債利回りは過去最低

更新日:2020年2月28日(金)

トランプ米大統領は「米国民へのリスクは非常に低い」と発言したものの、新型コロナウイルスへの警戒感は米国でも拡大。カリフォルニアでは8400人の経過観察と33人の陽性反応が確認され、テドロスWHO事務局長は「新型コロナウイルスはパンデミックになる可能性」があるとの発言も。この日、バンク・オブ・アメリカは2020年の世界経済の成長見通しを従来の3.2%から、2009年の金融危機の局面以来の低水準となる...

続きを読む


中国の自動車販売台数は1月に急減、2月指標は見るのも・・・

更新日:2020年2月27日(木)

中国の1月自動車販売台数は暫定データからさらに減少し、前年同月比-18.7%。12月には前年比-0.1%まで回復し、プラス圏も見えていた状態からの急反落となり、前年割れは19ヵ月連続。減少幅としては少なくとも2014年以降では最大。
新エネルギー車(NEV)の販売台数も前年同月比51.6%減となったようです。
年間販売台数では2017年の2894万台から2019年の2575万台まで2年連続で減...

続きを読む


米10年債利回り過去最低で逆イールド再び、3月利下げ示唆も

更新日:2020年2月26日(水)

米保健当局も新型コロナウイルスの流行を警告し、市場の警戒感は米国でも一段と高まる状況に。パンデミックは近い、との指摘もあり、今朝には5月末を目処にオリンピック開催可否を判断など、市場の警戒感を煽る報道も続きます。
4日続落となったNYダウは直近2日は3%超の大幅続落、2日合計で1900ドル超の下落で200日移動平均線を割リ込みました。2週間前の過去最高値圏から今年安値へと急落し、10月末以来4ヵ...

続きを読む


高値更新とまらぬ金価格、純金積立10年続けたらこうなった!?

更新日:2020年2月25日(火)

国内金価格は今年安値で5927円、高値では6397円まで上昇。年間平均では現在6041円。昨年の年間平均5252円からは15%の急騰。1980年1月に販売価格が6495円まで急騰した時は一時的な急騰だった為、年間平均では4499円に過ぎず、2013年(4593円)以降は過去最高を更新し続けています。

もし、2010年1月から月1万円の純金積立を続けていた場合、合計重量は263.3663グラム...

続きを読む


ユーロ圏製造業PMIは急回復、ドイツは日本を逆転、米国はあれ?

更新日:2020年2月22日(土)

製造業PMIの推移で見る日米欧の景気情勢には、変化の兆しが見られます。
ユーロ圏の2月製造業PMI速報値は49.1。節目の50割れは13ヵ月連続となったものの、市場予想の47.4を大幅に上回って1月の47.9からも上昇し、1年ぶりの高水準。
フランスが49.7と予想外の50割れとなって半年ぶり低水準へと落ち込んだのに対し、ドイツは14ヵ月連続50割れも47.8となって市場予想と前月を大幅に上回...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ