金プラチナ短期相場観 2020年10月

金プラチナ短期相場観

祝日明けに値が飛ぶ!?国内金価格の休日明け警戒感

更新日:2020年10月26日(月)

国内金価格が今年最大の上昇となったのは3月24日(火)。+296円、5.11%の急騰となった日。上昇率では2009年1月5日(+5.63%)以来、上昇値幅では2008年9月18日(+296円)以来。
10年に1回クラスの急騰となったこの日は、コロナショックのさなか、今年安値(5648)をつけた3月17日の1週間後。実際にはこの翌日、18日には急騰、19日に急落と安値圏での乱高下状態となって20日...

続きを読む


コロナ危機再燃のユーロ圏、製造業PMIの独仏格差は拡大

更新日:2020年10月24日(土)

秋になってコロナ危機再燃のユーロ圏、この週末にかけては少なくとも10ヵ国で1日あたりの新規感染者数が過去最多を更新し、制限措置導入も相次ぐ状態に。
そんなユーロ圏の総合PMIは10月速報値で49.4。3ヵ月連続の低下で4ヵ月ぶりの低水準、かつ節目50割れ。景気拡大基調を示す50超はわずか3ヵ月で途切れてしまった状態。
サービス業PMIが46.2となって3ヵ月続落、2ヵ月連続の節目50割れで5月...

続きを読む


失業保険継続受給者数は3週連続100万人超の減少

更新日:2020年10月23日(金)

米労働省が発表した10月17日までの週の新規失業保険申請件数は前の週から5.5万件減少して78.7万件。市場予想を大幅に下回る好結果も、過去2週分も修正されて2週前の10月3日までの週は76.7万件となってコロナ後最少。80万件台での下げ渋りが5週続いた後の急減となり、その後2週間はこれを上回る状態に。
現状は、コロナ以前の過去最大69.5万件と比較すると1.2倍。コロナ直前の3月7日の21.1...

続きを読む


平均騰落率0%の10月を凌げばNY金には相性の良い11月

更新日:2020年10月22日(木)

2002年以降の月別平均騰落率を見ると、NY金の10月は昨年までで0.00%。上昇か下落かの勝敗で見ると昨年までで勝率50.0%。偏りが全く見られない、方向感が出難い月と言えそうで、今年の10月も保ち合い推移がここまで続いていることを裏付ける数字となっています。
絶対値平均で見ると昨年までで3.4%となっており、年間では3月(2.3%)、7月(3.1%)に次いで下から3番め。やはり、大きなトレン...

続きを読む


米9月住宅建設許可件数は13年半ぶり高水準

更新日:2020年10月21日(水)

全米住宅建設業者協会が前日発表したNAHB住宅市場指数は、10月に85となって9月の83からさらに上昇、2ヵ月連続で過去最高を更新しました。不動産業者の景況感を示すこの指数は4月に7年ぶり低水準となる30まで急落後、7月には3月と並ぶ72まで急回復し、8月には78へとさらに急騰して2月の74を大幅に上回り、コロナ前の水準を完全回復して21年ぶり高水準となっていました。
低金利にも支えられて住宅市...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ