金プラチナ短期相場観 2021年6月

金プラチナ短期相場観

失業保険申請回復ペースは2023年2回の利上げを正当化?

更新日:2021年6月18日(金)

6月雇用統計の調査対象週の新規失業保険申請件数は7週ぶりに前週よりも増加して41.2万件。トレンドを示す4週移動平均は39.53万件となってコロナ後初の40万件割れとなり、10週連続の減少。減少傾向は続いています。

4週移動平均の前週比を10週平均で見ると-3.28万件。16週連続でマイナス幅を拡大していますが、今後減少ペースが多少鈍化することも考慮し、週2万件ペースで減少し続けた場合、
...

続きを読む


量的緩和縮小議論開始、FOMCは2023年末までに2回の利上げ

更新日:2021年6月17日(木)

FOMC声明文からは「新型コロナウイルスのパンデミックは、米国および世界中で多大な人的および経済的苦難をもたらしている」との一文が昨年4月以降、コロナ後のFOMCでは初めて削除され、代わって「ワクチン接種の進展により、米国での新型コロナウイルスのまん延は減少」との象徴的な一文に。

そしてFF金利見通しは市場予想を上回るタカ派的と取れる結果となったようです。2021年のGDP見通しが前回の6....

続きを読む


生産者物価は過去最大のインフレ継続も2年前比では2年前並み

更新日:2021年6月16日(水)

米労働省が発表した5月の生産者物価指数(PPI)は前年比+6.56%。市場予想の+6.3%程度を上回り、4月の+6.17%からも一段と上昇。5ヵ月続伸となり、調査開始の2010年11月以降のデータで2ヵ月連続の過去最高更新。
食品とエネルギーを除くコアPPIは前年比+4.83%。ほぼ市場予想どおりで4月の+4.15%からさらに上昇し、これも5ヵ月続伸。調査開始の2011年4月以降のデータでは3ヵ...

続きを読む


賃金上昇率急低下とゼロ賃金の割合急増

更新日:2021年6月15日(火)

米労働省が発表した5月の雇用統計では、平均時給の上昇率は前年比+2.0%となっていました。2020年2月までの前年比+3.0%前後の推移から、4月には8%を超え、それ以降は5-6%での推移が続き、今年4月には前年比+0.4%と乱高下状態が続きます。
これを3ヵ月平均で見ると、コロナ前の3%台前半から2020年6月の6.6%がピークとなり、以降4-5%での推移を経て今年4月には3.3%、5月には前...

続きを読む


国内金価格の短期調整局面入りサイン?

更新日:2021年6月14日(月)

週末にかけてG7サミットが2年ぶりに対面で、英国南西部コーンウォールで開催されました。首脳宣言では向こう1年間に少なくとも10億回分の新型コロナウイルスワクチンを追加供給する方針を表明し、香港と新疆ウイグル自治区での人権問題について中国を名指しで批判。また、東京五輪・パラリンピック開催への支持も表明。なお、新型コロナウイルス対応での大規模な景気支援策を「必要な限り」続けるとし、刺激策を早期に縮小し...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ