金プラチナ短期相場観 2022年1月

金プラチナ短期相場観

原油価格上昇止まらず、インフレヘッジの金買い需要も追随

更新日:2022年1月20日(木)

原油価格の上昇が続き、NY原油は85ドル台。2014年10月10日(85.8)以来、7年3ヵ月ぶりの高値水準となってきました。2014年春以来となる100ドルの大台回復も?との見方もあるようです。
100ドルはともかく、原油高がインフレ高止まりの主要因の一つとなり、一時的ではなかったインフレ高騰をさらに助長しようかという状況にも。
インフレ抑制の為の利上げ観測はタカ派化する一方という状況ながら...

続きを読む


NY連銀製造業景気指数2022年は想定外のマイナス圏スタート

更新日:2022年1月19日(水)

米1月のNY連銀製造業景気指数は-0.7。市場予想の25.0を大幅に下回るだけにとどまらず、まさかのマイナス。オミクロン株によるコロナ感染拡大が感染者数レベルでは過去最大となった影響で、2022年は想定外のマイナス圏スタート。
マイナス圏となるのは2020年6月(-0.2)以来で、2020年5月(-48.5)以来1年8ヵ月ぶりの低水準。コロナショックからの回復フェーズ以降では最低水準。
前月比...

続きを読む


中国GDPは6四半期ぶり、小売売上高は1年4ヵ月ぶり低水準

更新日:2022年1月18日(火)

冬季オリンピックを目前に控えた北京ではオミクロン株の市中感染も確認され、一般客の観戦が見送られ、東京五輪に続いて関係者のみの実質無観客開催へ。五輪に向けてはゼロ・コロナ政策のほころびが見られ、実体経済へはゼロ・コロナ政策による悪影響が重石にもなっているようです。

中国のGDPは2021年通年では、前年比8.1%増となって市場予想の+8.0%を上回る好結果。第4四半期も前年比+4.0%となって...

続きを読む


2022年国内金価格の月足サポート=転換線は過去最高値更新へ

更新日:2022年1月17日(月)

国内金価格は長期上昇トレンドが継続中。月足では2018年8月安値を起点とした上昇基調が、そのサポートラインを若干下方シフトしながらも、これを維持する形での推移が続きます。
2019年以降は、2020年末から2021年前半にかけてを除けば、一目均衡表では三役好転の強気相場状態も継続中。

足下では、転換線がサポートラインとなっています。直近9ヵ月の高値と安値の中央値で示されるこのラインは、20...

続きを読む


年末年始の米指標低調、株安・ドル高でNY金は上げ渋り

更新日:2022年1月15日(土)

この日発表された年末・年始の米国経済指標は軒並み低調。オミクロン株の影響やインフレ高騰による悪影響が反映された格好にもなり、リスク回避的な株安基調にドル高の流れとなってNY金も上げ渋り。

12月の小売売上高は前月比-0.1%の市場予想に対して-1.9%。5ヵ月ぶりのマイナスで2月(-2.9)以来、10ヵ月ぶりの落ち込み。
自動車を除く小売売上高も前月比-2.3%となり、これも10ヵ月ぶりの...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ