金プラチナ短期相場観 2024年4月

金プラチナ短期相場観

回復続くユーロ圏消費者信頼感指数は2年2ヵ月ぶりの高水準

更新日:2024年4月23日(火)

欧州委員会発表のユーロ圏4月の消費者信頼感指数は-14.7。市場予想の-14.5を下回ったものの、3月の-14.9からは小幅に上昇。3ヵ月続伸となり、2022年2月(-9.4)以来、2年2ヵ月ぶりの高水準。
インフレ鈍化基調が続き、6月にも利下げ開始が予想されるユーロ圏では、消費センチメントも着実に上昇傾向。
利下げ開始の後ズレ予想が強まる米国でも、消費センチメントは回復基調。ミシガン大消費者...

続きを読む


2400ドルと154円台の攻防続く4月末、国内金は13000円トライ

更新日:2024年4月22日(月)

2400ドルを挟んでやや乱高下気味に上下動が続くNY金、154円台での推移が1週間続くドル円、両方にサポートされながら、ともにやや伸び悩み状態にも入りつつある4月末、国内金価格も13000円の大台トライに向けて足踏み状態。
週末にはPCEと日銀会合を控え、インフレ高止まり懸念が強まる米FRBに対し、利上げには慎重姿勢が予想される日銀、という構図。波乱の展開はまだしばらくは想定し難い状況のうように...

続きを読む


急騰でボラ急拡大のNY金、ドル円は高止まりでボラ急縮小

更新日:2024年4月20日(土)

イスラエルによるイランへの報復攻撃か、との報道を受けて日経平均が一時1300円の急落など地政学リスクへの警戒感が急速に強まった19日東京市場の時間帯、マーケットは急変動。
安全資産として買われたNY金は時間外に2380ドル台から2430ドル台まで急騰。ただし、その後は落ち着きを取り戻してNY金は元の水準へ。
乱高下となったNY金の、この日の変動値幅は46.5ドル。
この水準は、4月の月間平均...

続きを読む


回復基調のフィラデルフィア連銀製造業景況指数、2年ぶり高水準

更新日:2024年4月19日(金)

4月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数は15.5。市場予想の2.3を大幅に上回り、3ヵ月連続のプラス圏推移。3月からは+12.3の急上昇で2022年4月(16.9)以来、2年ぶりの高水準。過去平均8.9も2年ぶりに上抜け。
構成指数では、新規受注が8ヵ月ぶりの高水準、出荷が1年8ヵ月ぶり高水準となって牽引。期待指数は3月からは低下も2年8ヵ月では2番めの高水準。受注見通しも2年9ヵ月で2番めの...

続きを読む


ドル円とNY金のMAXレベルの相関にサポートされる国内金

更新日:2024年4月18日(木)

連日の「34年ぶりの円安」報道が過熱するなか、国内金価格の最高値更新頻度も急増。
今年、とりわけ3月以降に国内金価格が急騰した原動力としては「34年ぶりの円安」とともにNY金の高騰、最高値更新。そして、円安(ドル高)基調とNY金急騰の同時進行。
とりわけドル円とNY金との相関性が過去最大レベルに高まる状況が、国内金価格を大きく押し上げてきました。
通常、圧倒的な逆相関関係にあるドル円とNY金...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ