金プラチナ相場情報
Let's GOLD

★トピックス ヒストリー★

マーケット関連トピックスやサイト更新情報のログ一覧です。

2016年12月

→ 米格付け会社ムーディーズは7日、イタリアの格付け「Baa2」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。憲法改正を否決した国民投票の結果により、イタリアの経済改革と財政再建の遅延、停止が懸念される。 イタリアの国債格付け 8日(木)

→ インド準備銀行は7日、政策金利を6.25%に据え置き。市場予想の0.25%利下げに反して据え置きとした理由は11月の高額紙幣廃止に伴う実体経済への影響度を見極めるため。 政策金利の推移チャート:主要新興国 7日(水)

→ 米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは3日、ポーランドの格付け「BBB+」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。中央銀行の独立性への懸念軽減による。 ポーランドの国債格付け 3日(土)

→ 米労働省が2日発表した11月の雇用統計で、非農業部門雇用者数は市場予想の前月比+18万人を下回り+17.8万人。10月の+16.1万人は+14.2万人へ下方修正、9月の+19.1万人は+20.8万人へと上方修正。失業率は市場予想を大幅に下回り4.6%、2007年8月以来9年3カ月ぶりの低水準。 米雇用統計の推移 2日(金)

→ 日銀が2日発表した11月の資金供給残高(マネタリーベース、月中平均)は417.7兆円。前年同月比+21.51%。FRBは3兆6402億ドルで前年同月比-9.15%。ソロスチャートは前月の115.87から114.73へと下落。ドル円の月間平均は10月の103.85円から11月は108.61円へ上昇。 ソロスチャートと日米マネタリーベース 2日(金)

→ 米サプライマネジメント協会(ISM)が1日発表した11月の製造業景況指数は53.2。市場予想の52.5を上回り、3カ月連続上昇で5カ月ぶりの水準へと上昇。 米ISM製造業景況指数の推移 2日(金)

→ 米労働省が1日発表した11月26日までの週の新規失業保険申請件数は26.8万件。市場予想の25.3万件を上回り、6月25日までの週(27.0)以来5カ月ぶりの水準へと増加。4週移動平均は25.15万件となり、前週から0.05万件の微増。19日までの週の失業保険継続受給者数は208.1万人、前週から3.8万人の増加。 米失業率と新規失業保険申請件数の推移 1日(木)

→ Markitと日経などが発表した11月の製造業PMIは、景気後退が続くブラジル以外は成長基調継続も、急加速状態にあるロシアを除いてやや失速傾向。 ユーロ圏は速報値から変わらず、10月からは0.2ポイント上昇し、2014年1月(54.0)以来2年10カ月ぶりの高水準。ドイツ・フランスが好調だった10月からは小幅に減速、これをイタリア(5カ月ぶり)、スペイン(54.5:10カ月ぶり)、オランダ(57.0:2年11カ月ぶり)などの上昇でカバー。ギリシャは3カ月連続のマイナス圏で48.3へと再び後退局面が継続し、ユーロ圏内でもバラツキが見られる状態。 ロシアは4カ月連続の節目50超、過去68カ月での最高水準となる53.6へと上昇。生産と新規受注の急増がこれを牽引し、企業の購買活動は著しい割合で増加。生産高は2011年3月以来の高水準となり、過去の平均を上回る伸び。 英国は急騰した8月以来3カ月ぶりの水準に減速。引き続きポンド安が輸入コストを押し上げ、生産と新規受注の勢いは失速、しかし長期的な成長傾向は維持。 インドは22カ月ぶり高水準となった10月の54.4から2.1ポイントの急減速で11月は52.3。高額紙幣廃止による悪影響も指摘されるも節目50超は11カ月連続。 ブラジルは9カ月ぶりの水準まで持ち直した10月から11月は0.1ポイントの低下、節目50割れは1年10カ月連続。需要低迷が続き、生産と新規受注は22カ月連続の減少、人員削減も急速に進む状況。 世界各国の製造業PMIの推移 1日(木)

→ 2016年11月の月間平均価格は、金:1236.0ドル、プラチナ:956.8ドル。金は3カ月続落で2月(1201.6)以来9カ月ぶりの安値水準。プラチナも10月からはわずかに1.4ドルの下落で3カ月続落。2月(925.5)以来9カ月ぶりの安値圏。月間平均で金価格がプラチナを上回る状態は1年11カ月連続、価格差は過去最大となった10月の307.9ドルから28.7ドル縮小して279.2ドル。 海外金プラチナ価格の長期チャート 1日(木)

→ 財新(Caixin)が1日発表した11月の中国製造業PMI(購買担当者景気指数)は50.9。市場予想の51.0を下回り、10月からは0.3ポイントの低下。中国国家統計局が1日発表した11月の製造業PMIは51.7。市場予想の51.0を上回り、2014年7月(51.7)以来2年4カ月ぶりの高水準。 中国・製造業PMIの推移 1日(木)

1  2  3  4  5  6    >|
トータル件数:1,232  ページ:1/124


トップページへ
金プラチナ短期相場観
金プラチナ価格予想
PIVOT指数
主要マーケット指標
地金相場週間推移
相場情報メール
年間高値安値
国債格付一覧
チャートギャラリー
相関性RANK
トレンドワード
純金積立
マーケットトピックス


★PCサイトはこちら★
★iPhone/スマホ★