マーケットでよく聞く、目にする、気になる新語、造語、トレンドワード集

トレンドワード一覧

「U6失業率」

U6失業率(広義の失業率)とは、一般に使用される失業率(U3失業率)に対してディスカレッジド・ワーカー、縁辺労働者、フルタイム希望なのにやむを得ずパートタイム労働に従事する人などの総数を加算した数値です。
毎月月初に米労働省から発表される雇用統計で、メイン指標として取り上げられる失業率は「U3失業率」のことを指します。

詳細には、U-1からU-6までのカテゴリーがあり、それぞれの失業率の定義は以下のとおり。

U-1:労働力人口に占める、15週間以上の失業者の割合(2.9%)
U-2:労働力人口に占める、解雇、及び一時契約期間完了者の割合(3.1%)
U-3:労働力人口に占める、失業者の割合(=公式の失業率)(6.1%)
U-4:U-3にディスカレッジド・ワーカー(職探しを諦めた人)を加算(6.6%)
U-5:U-4に縁辺労働者(家事や育児との兼業などで働けない人等)を加算(7.4%)
U-6:U-5にフルタイム求職にも関わらずやむを得ずパートタイム労働の人を加算(=広義の失業率)(12.0%)
※括弧内は2014年8月分の雇用統計で発表された数値

米FRBの金融政策が転換期へと向かう現在、労働市場のたるみが注目されるなか、賃金上昇率の状況等とともに、U-1からU-5までを全て包含するU6失業率(広義の失業率)の注目度も高まっています。
全カテゴリーの失業率は改善傾向にありますが、リセッション前の時期、U3失業率は5%、U6失業率では8.8%(U3の1.76倍)。
リセッション時期に最も悪化した数値はU3失業率で10%、U6失業率では17.2%(U3の1.72倍)。
2014年8月の数値ではU3失業率が6.1%、U6失業率は12.0%(U3の1.97倍)。U3失業率に比べ、U6失業率の回復状況は遅れています。

なお、2014年8月の数値で、U-3とU-4の差は0.5%、U-4とU-5の差は0.8%、U-5とU-6の差は4.6%。
リセッション前にはそれぞれ0.2%、0.6%、3.0%ほどの差、最悪期では0.6%、0.7%、5.9%。
職探しを諦めた人の割合はそれほどでもないのに対し、フルタイム求職なのに仕方なくパートタイム労働に従事している人の割合がいかに大きいかが分かります。
この割合はリセッション前から大きく、従来から存在していた労働市場のたるみ、とも言えそうです。

最終更新:2014年09月11日

関連ワード
イエレン・ダッシュボード ペントアップ賃金デフレ LMCI 長期停滞論 
関連記事
U6失業率過去最低も、賃金上昇率鈍化は今年もFRBの頭痛のタネ(2020/01/11)
U6失業率は11月の6.9%から12月は6.7%へと低下。1994年以降のデータではこれまで最低となっていた2000年1...
米11月雇用統計は予想以上の好結果、賃金上昇率は減速基調(2019/12/07)
U6失業率の6.9%も18年9カ月ぶり低水準となった9月と並ぶ低水準。 ただし、失業率とU6失業率との差は3.4%で横...
米10月雇用統計は想定以上、製造業景況感は想定未満(2019/11/02)
U6失業率も18年9カ月ぶり低水準となった9月の6.9%から10月は7.0%へと小幅上昇。 労働参加率の63.3%は依...
強弱混在の9月雇用統計、揺れる10月追加利下げ観測とFRB(2019/10/05)
U6失業率=6.9%・・・2000年12月(6.9%)以来、18年9カ月ぶり低水準。 この結果、【U6失業率とU3失業...
微妙に弱かった?8月雇用統計、秋以降要注意の指標(2019/09/07)
U6失業率】・・・2000年12月(6.9%)以来18年7カ月ぶり低水準となった7月の7.0%から8月は7.2%へと反発...

マーケットを動かしたキーワード・トレンドワード、2014年回顧

2013年流行語大賞~マーケット編~

2012年流行語大賞~マーケット編~


ページの先頭へ