海外の主な出来事と金プラチナ平均価格で振り返るこの一年

注目のトピックスと月間平均値

NY金プラチナ、為替月間平均価格と主な出来事2022年

1月 金:1,820.2ドル プラチナ:996.4ドル 為替:114.78円/ドル
・3日の米株式市場で、米アップルが一時182.88ドルと過去最高値を更新し、時価総額が3兆ドル台に。上場企業として時価総額が3兆ドルを超えるのは世界初。
・米国防総省は24日、ウクライナ国境周辺へのロシア軍の兵力集結を受け、必要なら東欧で北大西洋条約機構(NATO)部隊を支援するため、8500人規模の米軍部隊の準備態勢を強化と表明。
2月 金:1,854.0ドル プラチナ:1,045.4ドル 為替:115.19円/ドル
・メタ・プラットフォームズ(旧フェイスブック)は3日の米株式市場で、1日としては過去最大となる時価総額の急減を記録。低調な決算を背景にメタの株価は26%下落し、時価総額が約2513億ドル喪失。
・北京五輪が4日、開幕。中国・北京は世界で唯一、夏と冬の両方の五輪を開催した都市に。
・ロシアのプーチン大統領は21日、ウクライナ東部の親ロシア派2地域の独立を承認。24日にはウクライナの複数都市にミサイル攻撃を開始、ウクライナは国内全土に戒厳令を発令。
3月 金:1,951.2ドル プラチナ:1,050.6ドル 為替:118.38円/ドル
・ロシアのウクライナ侵攻で原油価格が高騰。NY市場では3日、国際的指標となるWTI原油先物価格が一時、1バレル=116ドルを超え、2008年以来13年半ぶりの高値水準に。
・米国株式市場は7日、主要株価3指数が大幅続落。ナスダックは昨年11月19日に付けた終値での最高値を20.1%下回って弱気相場入り。ダウ工業株30種は1月4日に付けた終値での最高値を10.8%下回って調整局面入り。
・バイデン米大統領は8日、ロシア産の原油や天然ガス、石炭の輸入を禁止すると表明。ジョンソン英首相も8日、ロシアからの原油と石油製品の輸入を段階的に削減し、2022年末までに完全に停止すると発表。
・米連邦準備理事会(FRB)は15-16に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標を0.25%引き上げ、0.25-0.50%へ。利上げは2018年12月以来3年3カ月ぶり
4月 金:1,943.8ドル プラチナ:969.1ドル 為替:125.78円/ドル
・米労働省が12日に発表した3月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比8.5%上昇。伸び率は1981年12月以来の高さに。
・24日に投開票されたフランス大統領選の決選投票で、現職のエマニュエル・マクロン氏が再選。得票率は58.55%で、極右候補のマリーヌ・ルペン氏の41.45%を上回った。

注目のトピックスと月間平均価格で振り返るこの1年:国内編
→ 2022年 → 2021年 → 2020年 → 2019年 → 2018年 → 2017年 → 2016年 → 2015年 → 2014年 → 2013年 → 2012年 → 2011年 → 2010年 → 2009年

注目のトピックスと月間平均価格で振り返るこの1年:海外編
→ 2022年 → 2021年 → 2020年 → 2019年 → 2018年 → 2017年 → 2016年 → 2015年 → 2014年 → 2013年 → 2012年 → 2011年 → 2010年 → 2009年


ページの先頭へ