金プラチナ短期相場観

金プラチナ短期相場観

回復基調のユーロ圏景況感指数、牽引役ドイツを上回る国々

更新日:2021年2月26日(金)

欧州委員会が発表した2月のユーロ圏景況感指数は93.4。市場予想を上回り、1月からは1.9ポイント上昇。コロナ後では最高となって昨年3月(95.3)以来、11ヵ月ぶりの高水準。依然として長期平均の100、昨年2月の104.0などを大きく下回りますが、停滞気味だった回復基調が再びゆっくりと進行し始める様子も。
業種別では製造業が-3.3となって2019年5月(-2.7)以来、1年9ヵ月ぶりの高水準...

続きを読む


動き始めたドル円?否、ドル円の変動値幅は10年間で最小

更新日:2021年2月25日(木)

ドル円は昨年まで続いたドル安円高の流れが終わり、年初にトレンド転換。ドル高円安への流れがスタートした可能性が高まりつつあります。
値動きが縮小していたドル円がようやく動き出したかのような錯覚を受ける場面もありますが、1日あたりの変動値幅を見ると、年間平均では2月24日までの時点で0.501円。昨年の0.704円からは大幅縮小、2019年の0.553円も下回り、直近10年では最小となっています。
...

続きを読む


米欧格差、消費者信頼感指数では欧州優勢でユーロ高ドル安へ

更新日:2021年2月24日(水)

コンファレンスボード発表の米2月消費者信頼感指数は91.3となり、1月の88.9から上昇。小幅に続伸となって11月(92.9)以来、3ヵ月ぶりの高水準。新型コロナの感染者数の減少、ワクチン接種の拡大にバイデン政権の追加経済対策期待なども加わり、消費センチメントの回復をサポートしたようです。
若干のタイムラグはあるものの、2月半ばに発表されたミシガン大消費者信頼感指数の2月速報値では続落となって半...

続きを読む


ドイツIFO景況感2月は期待急騰、製造業は2年3ヵ月ぶり高水準

更新日:2021年2月23日(火)

米・英に遅れをとりながらもワクチン接種も徐々に進行し、ドイツでも景気回復への期待が高まります。
2月のドイツIFO企業景況感指数は92.4となって4ヵ月ぶりの高水準。現況指数は4ヵ月ぶり低水準となった1月の89.2から2月は90.6へと小幅上昇にとどまりましたが、期待指数は94.2となって10月(95.1)以来4ヵ月ぶりの高水準。不確実性指数も6ヵ月ぶり高水準となった1月の66.0から2月は65...

続きを読む


長期金利上昇、国内金価格は週足・三役逆転回避をかけた攻防

更新日:2021年2月22日(月)

イスラエル保健省の分析データによれば、米ファイザーとドイツ・ビオンテックの共同開発ワクチンの感染予防有効率は89.4%、死亡を防ぐ効果は99%という結果も報じられています。ワクチン効果がより明確化され、以前にも増してワクチンへの期待感と接種の必要性意識が高まりそうです。そして、アフター・コロナへの希望が長期金利の上昇基調をさらに後押ししそうな状況にも。

NY金との逆相関関係が年明けから急速に...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ