金プラチナ短期相場観

金プラチナ短期相場観

フィラデルフィア連銀も低調、製造業景況感は2年ぶり低水準

更新日:2022年5月20日(金)

5月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数は2.6。市場予想の15.0を大幅に下回り、4月の17.6からも急低下、コロナショックの2020年5月以来、2年ぶりの低水準。
週初に発表されたNY連銀に続いて低調な結果となり、地区連銀の製造業景況感は5月に急減速。

フィラデルフィア連銀の構成指数では、期待指数が2.5となって4月の8.2からさらに一段と低下、2008年12月(-1.6)以来、13年...

続きを読む


米住宅市場景況感急減速に続き、着工件数も許可件数も頭打ち

更新日:2022年5月19日(木)

米商務省が発表した4月の住宅着工件数は172.4万戸。市場予想の175.6万戸を下回り、3月の172.8万戸からは0.23%減。15年8ヵ月ぶり高水準となった2月(177.7)がピークとなり、2ヵ月連続の減少。
先行指数とされる建設許可件数は181.9万戸。市場予想の181.4万戸を上回ったものの、3月(187.9)からは3.19%減となって5ヵ月ぶりの低水準。15年半ぶり高水準となった11月(...

続きを読む


米個人消費は4月も好調持続、米中格差は拡大

更新日:2022年5月18日(水)

米4月の小売売上高は好調持続。前月比+0.9%は市場予想の+1.0%を下回ったものの、3月が+0.7%から+1.4%へと大幅上方改訂され、自動車を除く売上高は前月比+0.6%で市場予想の+0.4%を上回り、3月分も+1.4%から+2.1%へと上方改訂。いずれも4ヵ月連続での前月比プラスとなり、堅調な伸びを維持。

前年比では+8.7%となり、3月の+7.32%からは上昇。2月以前の10%台後半...

続きを読む


世界のプラチナ需給-2022年第1四半期

更新日:2022年5月17日(火)

WPIC(World Platinum Investment Council)発表のプラチナ需給レポートによれば、2022年第1四半期のプラチナ総需要は47.5トン。前期比-9.9%、前年同期比では-26.2%となって2四半期ぶりの低水準。2015年以降では2番めの低水準。投資需要が3四半期連続売り越しとなり、宝飾品需要と産業用需要も低調に。
総供給量は52.7トンで前期比-19.6%、前年同期...

続きを読む


国内金価格の短期トレンド転換点

更新日:2022年5月16日(月)

北欧の中立国フィンランドが北大西洋条約機構(NATO)に加盟申請する方針をこの週末に正式決定し、隣国の中立国スウェーデンでも与党が加盟支持を決定。NATO新規加盟には全30カ国の承認が必要となり、トルコが難色を示すというハードルは残るものの、ロシアのウクライナ侵攻を受けて軍事的世界情勢が変化する歴史的転換点が訪れようかという状況に。
マーケットではNYダウが21年ぶりの7週続落となり、歴史的高イ...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ