金プラチナ短期相場観

金プラチナ短期相場観

米3月ソフトデータは嵐の前の静けさ?

更新日:2020年4月1日(水)

4月1日朝時点での感染者数が18万8千人を超えた米国の3月の経済指標のうち、ソフトデータについては意外と控えめな数値が多いようにも見えます。

この日発表されたコンファレンス・ボードの3月消費者信頼感指数は120.0。2月からは12.6ポイント急落し、2017年7月(120.0)以来、2年8カ月ぶりの低水準とはなりましたが、市場予想の110.0ポイント程度は大きく上回る水準にとどまりました。
...

続きを読む


ユーロ圏3月景況感は過去最大の急落、最低はイタリア

更新日:2020年3月31日(火)

3月10日、中国以外では世界最初にロックダウンに入ったイタリアの新型コロナウイルス感染者数は3月31日朝時点で10万1千人超。8万2千人超で小康状態の中国を押さえ、3位に浮上したスペインの8万7千人超を上回り、16万3千人超となった米国に次いで2番め。足下では感染者数の増加ペース鈍化の兆しも伝えられてはいますが、死者数では世界一の不名誉な状態は続き、ロックダウンはイースター(4月半ば)まで延長を決...

続きを読む


コロナショックの影響数値化第1週

更新日:2020年3月30日(月)

コロナショックの影響が経済指標に反映される、最初の月末月初の重要週を迎えます。
火曜日には中国・国家統計局の製造業・非製造業PMI。過去最低へと急落した2月から、3月は10ポイント程度の上昇を予想する向きが大勢となっていますが、世界に先行して回復の兆しが見られるのかどうか。見られれないようだと結構ショックは大きいかもしれません。
米3月の消費者信頼感指数は大幅悪化が予想され、少々の急落では波乱...

続きを読む


3月後半、消費センチメントもリーマンショック以来の急低下

更新日:2020年3月28日(土)

2週間前、13日に発表されたミシガン大消費者信頼感指数の速報値では、新型コロナウイルスを楽観視する向きもありましたが、2週間後の確報値では一変。前日の新規失業保険申請件数ほど衝撃的な数値とはなってはいませんが、この2週間での米国内での感染者数急増とともに、消費センチメントも急低下し、先行き不透明感に襲われていることが表れています。

消費者信頼感指数の3月確報値は89.1となり、速報値の95....

続きを読む


失業保険申請件数は驚愕の328万件、これまでの過去最大の4.7倍

更新日:2020年3月27日(金)

26日、米国で確認された新型コロナウイルスの感染者数は8万5000人を超え、中国を上回って世界最多となりました。
3月中旬から感染者数が急増し、ニューヨーク州を始め各州で外出制限やロックダウン状態となり、業務停止や人員削減に踏み切る企業が続出。

この結果、21日までの週の新規失業保険申請件数は、ほぼ全ての市場予想を大幅に上回り、過去最大を大幅に更新する328.3万件。
前の週の28.2万...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ