金プラチナ短期相場観

金プラチナ短期相場観

フィラデルフィア連銀製造業景況指数も6カ月平均ピークアウトへ

更新日:2018年4月20日(金)

4月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数は23.2となり、市場予想の21.0程度を上回りました。3月の22.3からも上昇し、2016年12月から17カ月連続で20以上の高水準を維持しています。
内訳では、仕入れ価格が56.4となり2011年3月(59.2)以来7年1カ月ぶりの高水準、販売価格は29.8で2008年5月(32.5)以来9年11カ月ぶりの高水準、さらに仕入れ価格見通しも66.8となっ...

続きを読む


実質実効為替レートで見るドルと円とユーロと金との関係

更新日:2018年4月19日(木)

日米首脳会談では、米朝首脳会談で拉致問題についてもベストをつくすとトランプ大統領との確約を取り付け、通商問題に関しては日本側はTPPが最適、米国側は2国間協定が最適と従来どおり温度差の違いを残しながらも、公正な貿易のために新たな枠組みで協議を進めることで合意。
可もなく不可もなく、無難にやり過ごした形となり、警戒された為替への言及はなかったことで今朝から日本株高と円安の流れが強まり始めています。...

続きを読む


ドイツZEW景況感指数は現況指数ピークアウトで期待指数も急落

更新日:2018年4月18日(水)

4月のドイツZEW景況感指数は、現況指数が87.9となり3月の90.7から大幅に低下。調査開始の1991年12月以降で最大となった1月の95.2がピークとなり、3カ月連続の低下となってピークアウト。
これに伴い、期待指数も3月の5.1から4月は-8.2へと急落。やはり3カ月続落でマイナス圏へと落ち込み、2012年11月(-15.7)以来5年5カ月ぶりの低水準となっています。
米中貿易摩擦のドイ...

続きを読む


NY連銀製造業景気指数、6カ月平均で3カ月続落ならマイナス圏へ

更新日:2018年4月17日(火)

米4月のNY連銀製造業景気指数は15.8。景況感の拡大、縮小の境目となる0ポイントを大きく上回る水準にあり、拡大傾向を維持する状況にあります。
ただし市場予想の+18.4程度を下回り、3月の+22.5からも大きく低下。構成指数のなかでは平均労働時間が16.9となって2011年5月(20.2)以来6年11カ月ぶり高水準となった以外、新規受注や出荷、雇用などが軒並み低調となり、期待指数も18.3とな...

続きを読む


シリア攻撃「任務完了」で週末限定、市場インパクトも限定的に

更新日:2018年4月16日(月)

マティス米国防長官が「1回限り」とした米英仏によるシリアの化学兵器関連施設へのミサイル攻撃については、トランプ米大統領も「任務完了」。
NY金曜夜のシリア攻撃は週末限定となり、週明け東京市場へのインパクトも限定的となっています。
ただし、シリアが再び有毒ガスを使用すれば「米国は行動する」とトランプ米大統領は牽制し、化学兵器使用疑惑関連機器を扱う企業を対象に新たな経済制裁発動も示唆。アサド政権を...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ