金プラチナ短期相場観

金プラチナ短期相場観

下げ渋っていたNY連銀製造業景況指数も6月は過去最大の急落

更新日:2019年6月18日(火)

NY連銀製造業景況指数は、5月には2カ月連続上昇で17.8と半年ぶりの高水準となり、底入れの可能性も示す状況にもなっていました。しかし、6月は11.0の市場予想にも反して-8.6と大幅下振れ。2016年10月(-9.2)以来、2年8カ月ぶりの低水準。前月比では-26.4ポイントとなり、2014年10月の-23.1ポイントを上回り、過去最大の急落。
6カ月平均でも7カ月続落となって6月は5.95、...

続きを読む


金は上限5000円、プラチナは下限3000円との攻防に

更新日:2019年6月17日(月)

週明け17日、時間外のNY金は1340ドル台半ばから前半へとやや軟調スタート、為替は108円50銭台から60銭台へと円安基調でのスタート。国内金価格は-5円、0.1%安となって4営業日ぶりの小反落スタート。

香港では「逃亡犯条例」改正案を巡る抗議デモが200万人規模に膨れ上がり、中東ではホルムズ海峡近くでタンカー2隻が攻撃された事件を巡って米国とイランの対立が続き、地政学リスクへの警戒感も抱...

続きを読む


好調維持の小売売上高に悲観論後退、6月利下げ観測も後退

更新日:2019年6月15日(土)

米商務省が発表した5月の小売売上高は前月比+0.5%。市場予想の+0.6%はわずかに下回りましたが、4月の-0.2%が+0.3%へと大幅上方修正され、3月も0.1ポイント上方修正されて+1.8%。
昨年12月には前月比-1.6%と落ち込み、2009年9月(-2.4)以来、9年3カ月ぶりの低水準となっていましたが、その後は回復傾向に。3カ月平均では5月に+0.87%となり、2017年11月(1.0...

続きを読む


輸入物価指数は前年割れ継続、6月利下げ予想は29%へ

更新日:2019年6月14日(金)

米労働省が発表した5月の輸入物価指数は前年比-1.5%。市場予想の-1.2%を下回り、4月の-0.3%から一段と低下。2016年8月(-2.2)以来2年5カ月ぶり低水準となった1月(-1.5%)と並ぶ低水準。
直近6カ月のうちでは3月に+0.1%と1度だけ前年比プラス圏を回復も、それ以外の5カ月はすべて前年割れ。

CPIなどと同様に5月は原油価格が下落したことが大きく影響しましたが、輸入物...

続きを読む


CPIは6カ月連続、コアCPIも1年3カ月ぶりに前年比+2%割れ

更新日:2019年6月13日(木)

米労働省が発表した5月の消費者物価指数(CPI)は前年比+1.79%。市場予想の+1.9%を下回り、3カ月ぶりの低水準。4月の+2.0%を小数点以下3桁まで見ると+1.996%となり、これをを含めると6カ月連続の2%割れ。
食品とエネルギーを除くコアCPIは前年比+1.99%。市場予想の+2.1%を下回り、小数点以下2桁で見ると2018年2月(1.85)以来、1年3カ月ぶりの2%割れ。
昨年7...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ