金プラチナ短期相場観

金プラチナ短期相場観

米長期金利上昇とドル高急進からの巻き戻しでNY金も下げ渋り

更新日:2022年9月29日(木)

今年春以降、米10年債利回り上昇とドル高の流れが続いてきました。7月以降はFRBの大幅利上げ継続観測やスタグフレーション懸念なども交錯し、米10年債利回りは3%台後半へ、ドルインデックスも110ポイント近辺へと一段高。
足下ではトラス英政権の大型減税案によって英国債が急落。英国通貨と英株急落とともに英国債利回りは急騰。これが米国債にも波及する形となって米10年国債利回りは28日、一時2010年4...

続きを読む


介入効果でドル円のボラ急拡大、年間平均では14年ぶり

更新日:2022年9月28日(水)

27日のドル円は欧州時間の144円付近からNY午後の144円90銭までのレンジで上下動。この日の変動値幅は84銭となり、9月5日以来、3週間ぶりの小動き。しかし1日当たりの変動値幅としては、昨年の年間平均58銭の1.45倍。

今年2月末には、ロシアのウクライナ侵攻を受けてリスク回避の流れとなってドル円のボラティリティも急拡大。3月以降は米FRBの利上げスタートによるドル高進行、さらに春以降は...

続きを読む


ドイツIFO景況感、不確実性はコロナ以来の高水準に

更新日:2022年9月27日(火)

ドイツの9月IFO企業景況感指数は84.3。前月比-4.3ポイントの急低下で2020年5月(80.2)以来、コロナ以来の低水準。現況指数は94.5で1年5ヵ月ぶり低水準。期待指数は75.2で前月比-5.3の急落、2020年4月(71.9)以来2年5ヵ月ぶり低水準。コロナ以来で過去2番めの低水準。
先行き不透明感が大幅に悪化した状態は、不確実性指数にも表れ、9月は70.0となり、2020年5月(7...

続きを読む


混沌の9月末、国内金価格の重要なサポート水準

更新日:2022年9月26日(月)

イタリア総選挙では「右派連合が過半数」獲得見通しで初の女性首相誕生の可能性が高まり、英国では3人目の女性首相、トラス新政権の無謀な大幅減税に市場が動揺、英ポンドは対ドルで37年ぶり安値をつけ、「インフレ対策に失敗」した可能性も高まる状況となり、「動員反対デモ」が続くロシアではウクライナ東南部4地域の住民投票から併合へ、クリミア大作戦が繰り返される事態への警戒感も高まる状況となった9月最後の週末。
...

続きを読む


円安・ユーロ安にポンドも急落、ドル独歩高で金も急落

更新日:2022年9月24日(土)

円買い介入後もドル高円安基調に大きな変調は望めないのではないか、という兆しのようにも見えた週末。
この日はポンドも急落。
英国ではトラス新政権が1972年以来となる大規模減税を打ち出し、予定されていた法人税引き上げも撤回。経済活性化を意図した政策にも財政悪化懸念が強まり、株安・債券安・通貨安のトリプル安。円安にポンド安が加わってポンド円はこの日4円55銭、2.84%もの急落。下落率ではコロナシ...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ