金プラチナ短期相場観

金プラチナ短期相場観

中国の自動車販売台数は17カ月連続前年割れ、年間でも続落へ

更新日:2019年12月11日(水)

中国では11月の自動車販売台数が245.7万台となり、4カ月連続の増加で3月(252万台)以来、8カ月ぶりの高水準。短期的には回復基調となってはいますが、昨年7月以降は17カ月連続前年割れ。
直近6カ月では前年比マイナスの比率は1桁台へと縮小してはいますが、11月でも前年比-3.56%と、なかなかプラス圏回復とはいきません。
仮に12月が前年と同じ台数まで回復した場合でも、年間の販売台数は25...

続きを読む


ドイツ10月輸出は予想外に過去最大、内需の弱さ鮮明に

更新日:2019年12月10日(火)

ドイツ連邦統計庁が発表した10月の貿易統計で、貿易収支は215億ユーロの黒字。市場予想の193億ユーロを大幅に上回り、9月の212億ユーロからも黒字幅を拡大し、3月(223億ユーロ)以来7カ月ぶりの高水準。
ドイツの貿易黒字が最大となったのは2016年3月の255億ユーロ。それから3年半余り、伸び悩む状態が続きます。2018年12月には140億ユーロまで、約3年ぶり低水準へと黒字幅を縮小しました...

続きを読む


雇用統計で急落の金価格、低インフレでサポートも

更新日:2019年12月9日(月)

週末の米雇用統計がポジティブ・サプライズとなってNY金は急落、ドル円は一時的な急騰にとどまって上げ渋り。結果、週明けの国内金価格は大きく水準を切り下げることになりました。
円安サポートが入らなかった背景の一つには、ミシガン大のインフレ期待値が低調となったこともありそうです。1年期待インフレ率は2.4%と2年2カ月ぶり低水準へと低下、5年期待インフレ率は今年5回めの2.3%で2006年以降での最低...

続きを読む


米11月雇用統計は予想以上の好結果、賃金上昇率は減速基調

更新日:2019年12月7日(土)

米11月雇用統計はポジティブ・サプライズとも言える予想以上の好結果。
雇用者数の伸びはADP雇用の結果と正反対の好結果で過去2カ月分も上方修正され、3カ月平均では+20.5万人となって1月(+24.5)以来、10カ月ぶりの高水準。
なお、製造業の雇用者数は10月に前月比-4.3万人となって2009年10月(-5.3)以来10年ぶりの大幅減となっていましたが、11月は+5.4万人となって1998...

続きを読む


米10月貿易赤字は予想以上に縮小、貿易額も減少傾向継続

更新日:2019年12月6日(金)

米商務省が発表した10月の貿易統計で、貿易赤字は前月から7.6%縮小、2カ月連続縮小して-471.99億ドル。昨年5月(-443.52)以来、1年5カ月ぶりの低水準となりました。赤字額としては市場予想の-486億ドル程度を大きく上回り、予想以上の赤字幅縮小。近年のピークとなった昨年12月の-608.07億ドルからは22.38%の縮小となっています。

貿易赤字の縮小傾向は続いていますが、同時に...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ