金プラチナ短期相場観

金プラチナ短期相場観

ユーロ圏総合PMIは伸び悩みで2020年スタート

更新日:2020年1月25日(土)

マークイット発表のユーロ圏製造業PMIの1月速報値は市場予想の46.8を1ポイント上回る47.8。節目50割れの景気縮小状態はこれで12ヵ月連続となったものの、12月からは1.5ポイントの急上昇で昨年4月(47.9)以来、9カ月ぶりの高水準へと上昇。回復基調が進行している状態を示す結果となりました。
フランスもドイツも市場予想を上回り、フランスは6ヵ月連続の節目50超、ドイツは45.2で13ヵ月...

続きを読む


ラガルド「リスクは依然下向き」消費者信頼感も底入れできず

更新日:2020年1月24日(金)

欧州委員会が発表したユーロ圏消費者信頼感指数の1月速報値は-8.1。市場予想の-7.8を下回り、2年10カ月ぶり低水準となった12月から変わらず。2017年12月にピークアウトして以降、低下基調は丸2年間継続。2019年前半には-7ポイント前後での上下動となって下げ渋る状態にもなりましたが、年末にかけて低下基調再開。2020年スタート月は、ほぼ3年間で最低水準での横ばい推移となり、ユーロ圏の消費セ...

続きを読む


KOMTRAX月次データ・前年比3ヵ月平均が示す景気減速警戒感

更新日:2020年1月23日(木)

コマツ社が公表している建設機械稼働管理システム「KOMTRAX」の地域別建設機械稼働時間データは、2019年に世界経済が減速傾向にあることを示しています。
KOMTRAX月次データの前年同月比を3カ月平均で見ると、北米を除く世界の主要3地域、日欧中いずれも2019年は年間を通じて前年割れ。
欧州と中国は2018年11月から2019年12月まで、14ヵ月連続の前年割れ。
日本は2018年5月以...

続きを読む


金ETF残高と90日移動平均から見るNY金の反落警戒感

更新日:2020年1月22日(水)

SPDRゴールド・シェアーズの金ETF保有高は昨年秋には920トンまで増加、3年ぶりの高水準となっていましたが、その後はNY金の調整局面とともに減少。年初の乱高下を経て900トン付近で落ち着こうかという状態に。
この水準は、ETF保有高の90日移動平均にも一致し、中期的な中立水準でもあり、落ち着きやすいところ。

NY金は中東の地政学リスクを背景に年初に急騰、現在も1550ドル台の高値圏での...

続きを読む


ビッグマック指数によれば日本円は40円の割安!?

更新日:2020年1月21日(火)

日経新聞と日本経済研究センターが算出している「日経均衡為替レート」の最新データは、1ドル=107円とのこと。今朝時点での実勢レートは110円近辺。過去の為替相場やマクロ経済指標なども考慮して推定される「適正水準」の為替レートよりも、実勢の為替レートは3円ほど円安方向に行き過ぎた状態にあるようです。

これに対して、英エコノミスト誌が公表しているビッグマック指数によるドル円の適正為替レートは1月...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ