VIX指数と金価格の推移チャート

チャートギャラリー

VIX指数と金価格の関係

VIX指数と金価格の推移

※チャートをクリックすると別ウィンドウで拡大表示します。

2015年8月の中国ショックによる世界同時株安でVIX指数は急騰、NYダウが一時1000ドルの急落となった24日にはこの年高値40.74へと急騰。2011年10月4日(ギリシャ最初のデフォルト危機時)以来の高水準。2016年は年明けの中国不安再燃などで急上昇、2月11日には28.14の高値、4月1日には年初来安値となる13.10へ。6月は英国のEU離脱懸念から上昇、離脱が確定した24日には25.76へ。7月20日には6日連続の年初来安値更新で11.77、8月19日には2年1カ月ぶり低水準となる11.34まで低下。10月末から米大統領選に向けての不透明感により11月4日の22.51まで上昇。12月2日時点では14.12。

米国株価のボラティリティ(変動性)を示す指標であるVIX指数は、投資家の不安心理を表す指標として注目され、「恐怖指数」とも呼ばれます。 恐怖感が増幅した時、市場参加者は安全資産へと逃避します。その逃避先の一つとして、金が選ばれるケースがあります。

2011年8月上旬には米国の債務上限問題からS&Pにより米国債格付けが引き下げられた8日に、VIX指数は48まで上昇しています。 株価の急落も続いたこの時期に金価格は史上最高値を更新しました。セーフヘブンとして金が買われた典型的なケースです。

2012年には、VIX指数は比較的落ち着いた推移となっていますが、5月から6月にかけてやや上昇しています。ギリシャの再選挙でユーロ不安が増大した時期でした。金価格もやや上昇しています。

過去、このVIX指数が急上昇した代表的なケースとして、2001年9月の米国同時多発テロの時に44、2003年3月のイラク戦争時の34、2008年9月のリーマン破綻時の42などがありますが、最高値を記録したのは、2008年10月、リーマンショックによる世界金融危機時の89.53でした。

2012年末には米国の財政の崖問題回避に向けた協議のもつれから一時20超に上昇し、年明け早々に一応の決着をつけたことで15付近へと急落。2013年に入ると12台へ、3月半ばには11台まで下落、サブプライム問題が表面化する前、2007年4月以来の低水準に。6月20日にはバーナンキショック(FRB議長によるQE縮小見通し発言)によるリスク回避の流れで20.49まで上昇。

2014年2月3日には新興国不安などによる株安の流れを背景に昨年高値を超える21.44へ。6月6日には2014年安値を更新し、2007年2月23日以来7年ぶりの低水準となる10.73へ、7月3日には2007年2月22日(10.18)以来となる10.32へとさらに低下。10月には株安傾向が進み、世界的な景気低迷への懸念が高まった15日に2年4カ月ぶりの高水準となる25.27まで上昇。

2015年は年初の1月15日に高値22.39まで上昇後は低下、6月後半から7月初旬にかけてギリシャ債務問題を巡るリスク警戒感が高まった時期のピークは7月9日の19.97。収束方向へと向かい始めた7月17日には年初来安値となる11.95まで下落。

VIX指数 2000年以降の推移

VIX指数 2000年以降の推移

※チャートをクリックすると別ウィンドウで拡大表示します。

最終更新日:2016/12/3

直近90日間のVIX指数の推移

最近のNY金価格とVIX指数・複合チャートと相関係数



ページの先頭へ