NY金と国内金:2022年12月2日までのチャートと相関係数

相関性チャート

NY金と国内金の推移 2022/7/20->12/2

NY金と国内金の最近90日間推移

12月2日 NY金:1,809.6ドル
高値:1,815.5ドル(8/12)安値:1,633.4ドル(9/26)
 変動幅:182.1ドル 変動率:10.1%
12月2日 国内金:8,557
高値:8,744円(11/10)安値:8,168円(8/2)
 変動幅:576円 変動率:6.7%

90日間(2022/7/20->12/2)の相関係数-0.14404
この時期のNY金と国内金との関係は、相関関係は全く見られません。

90日間の相関係数より、

正の相関関係が強かった時期:2019年9月11日まで 0.98157

逆相関関係が強かった時期:2013年2月20日まで -0.64249


30日間(2022/10/18->12/2)の相関係数0.33267
この期間のNY金と国内金との関係は、相関関係は特に見られません。

30日間の相関係数より、

正の相関関係が強かった時期:2020年8月6日まで 0.98635

逆相関関係が強かった時期:2016年8月18日まで -0.60235


相関係数:類似性の度合いを示す統計学的指標。-1~1の間の数値で表され、1に近ければ正の相関関係、-1に近ければ負の相関(逆相関)関係の強さを示します。

NY金と国内金 相関係数の推移チャート


ページの先頭へ