マーケットでよく聞く、目にする、気になる新語、造語、トレンドワード集

トレンドワード一覧

「フォワードガイダンス」

2013年7月4日のECB(欧州中央銀行)理事会では政策金利0.50%の据え置きを決定し、ドラギECB総裁は定例会見で、「理事会は、ECBの主要金利が長期にわたり、現行水準もしくはそれを下回る水準になると予想する」と発言。金融政策に関する将来の政策指針、いわゆるフォワードガイダンスを示したことは、異例であり方針転換とも言えます。
これまでのECBは、金融政策を事前に予告しない方針をとり、将来の金融政策については「予断を許さない」などとし、時間軸へ言及することはありませんでした。

実質、当面の低金利政策の継続を公約する形となった今回のフォワードガイダンスの背景には、米FRBの量的緩和縮小に向けた動きがあります。米国での出口論拡大に伴う米金利上昇の影響を受け、欧州各国の国債利回りも上昇し始めており、特に、南欧国債利回り高騰による資金調達難、そして財政危機懸念を招いた前年までの欧州債務危機の再燃は、ECBにとっては絶対に避けなければならない悪夢。
金利上昇を抑制するのはECBにとっての重要使命であり、危機の芽を事前に摘み取る為の有効な手段として、フォワードガイダンスを示した、ということになりそうです。

また、同じ日に行われたBOE(イングランド銀行)の金融政策委員会でも、声明により「市場による利上げの織り込みは早計」とし、今後のフォワードガイダンス提示の可能性を示唆しました。

しかし、ドラギ総裁の「長期に渡り・・・」という曖昧な表現を市場がどう判断していくのか、不安要素も残ります。
米FRBによる、インフレ率が2.5%を突破しないことを条件に、失業率が6.5%に改善するまで超低金利政策を維持するというフォワードガイダンスが示されていながらも、緩和縮小に向けては市場の混乱が発生しました。
フォワードガイダンスは、市場の安定に寄与する場合もあれば、逆に混乱を招く場合もあります。

最終更新:2013年07月08日

関連ワード
LTRO QE3 ドラギプット OMT(アウトライト・マネタリー・トランザクションズ) テーパリング 最適コントロール イエレン・ダッシュボード 
関連記事
米長期金利上昇でもドル安円高、ビッグマック指数なら72円(2018/01/20)
フォワードガイダンス見直し先送りなどでユーロ高の巻き戻しも進行し、相対的にはドル高円高の流れ。NY市場では1月のミシガン...
半年ぶり低水準のNY連銀製造業指数、6カ月平均は10年ぶり高水準(2018/01/17)
フォワードガイダンス変更は3月へ先送りとの見方で早期金融緩和縮小観測後退でユーロ高一服、ドルの買い戻しが強まると1330...
1年4カ月ぶりの前月比マイナス、米PPI下振れでドル安基調継続(2018/01/12)
フォワードガイダンスなどの微調整が指摘されたことでユーロが急騰、ドル安進行に伴う堅調推移。米新規失業保険申請件数や12月...
米3月製造業出荷も減速、ソフト+ハードデータも失速の兆しか(2017/04/28)
フォワードガイダンス変更も議論なしと発言したことでユーロ売りが進行。ユーロ売り主導でのドル高が強まる場面では金も弱含み、...
楽観と慎重さが交錯するイエレン議会証言もハト派継続(2016/06/22)
フォワードガイダンスにはあまり依存しない、として6月FOMC時点で7月利上げを示唆していなくとも、7月の利上げを否定する...

マーケットを動かしたキーワード・トレンドワード、2014年回顧

2013年流行語大賞~マーケット編~

2012年流行語大賞~マーケット編~


ページの先頭へ