国債格付け関連トピックス一覧

格付け関連トピックス

国債格付けに関連するトピックスやニュースの一覧です。

2013年9月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は18日、ポルトガルの格付け「BB」の見通しを「クレジット・ウォッチ・ネガティブ」とし、引き下げ方向で検討していることを発表。財政健全化プログラムによる経済へのリスクが高まったことが理由。 19日(木)

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は10日、アルゼンチンの格付けを「B-」から「CCC+」に引き下げ。見通しは「ネガティブ」。 11日(水)

2013年8月

格付け会社フィッチ・レーティングスは23日、ポーランドの格付け見通しを「ポジティブ」から「安定的」に引き下げ。格付け「A-」は据え置き。 24日(土)

2013年7月

米格付け会社ムーディーズは18日、米国の格付け「Aaa」の見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。米連邦政府債務のGDP比率低下ペースを評価。 19日(金)

格付け会社フィッチ・レーティングスは12日、フランスの格付けを「AAA」から「AA+」に引き下げ。ユーロ圏危機を背景に景気の先行きが不透明なほか、構造改革の実施が必要なため。見通しは「安定的」。 13日(土)

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は12日、アイルランドの長期ソブリン格付け「BBB+」の見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。一般政府負債の対GDP比率はこれまでの予想よりも急速に低下する見通し。 12日(金)

フィッチ・レーティングスは9日、ラトビアの格付けを「BBB」から「BBB+」へ引き上げ。見通し「安定的」。2014年1月のユーロ導入承認はラトビアの信用リスクを軽減。 10日(水)

スタンダード&プアーズ(S&P)は9日、イタリアのソブリン格付けを「BBB+」から「BBB」に引き下げ。見通し「ネガティブ」。イタリア経済の構造および耐久性の問題、成長鈍化見通しなどを反映。 10日(水)

格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)は5日、ポルトガルのソブリン格付け「BB」の見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。政局混乱により、ぜい弱な同国経済がさらなる打撃を受ける恐れを懸念。 6日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは5日、エジプトの格付けを「B」から「B-」に引き下げ。見通しは「ネガティブ」。同国初の民主選挙で選出されたモルシ大統領の解任に発展した政情不安による。 6日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは5日、キプロスの自国通貨建て格付けを「RD(選択的デフォルト)」から「CCC」に引き上げ。(外貨建ては「B-」「ネガティブ」を維持) 6日(土)

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は3日、キプロスの外貨建てソブリン格付けを「SD(選択的デフォルト)」から「CCC+」に引き上げ。見通しは安定的。10億ユーロ相当の既発政府債を償還期間の長い新発政府債と交換するプログラム完了に伴い流動性逼迫懸念は緩和。 4日(木)

旧ユーゴスラビアのクロアチアが1日、欧州連合(EU)に正式加盟。EUは28カ国体制となり、首都ザグレブでは祝賀式典が開催された。 1日(月)

2013年6月

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は28日、キプロスの外貨建てソブリン格付けを「CCC」から「SD(選択的デフォルト)」に引き下げ。政府による国債交換計画の発表を受けたもの。ECBは、キプロス国債の担保としての利用を一時中断。 フィッチ・レーティングスはキプロスの自国通貨建て格付けを「RD(選択的デフォルト)」に格下げ。(外貨建ては「B-」) 29日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは12日、インドの格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。格付けは「BBB-」。財政赤字削減に向けた政策を評価、反映。 12日(水)

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は10日、ラトビアの格付けを「BBB」から「BBB+」に引き上げ。見通しは「安定的」。 10日(月)

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は10日、米国の格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。「目先の格下げの確率は3分の1以下」に低下。 10日(月)

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は6日、ブラジルの格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。低成長の継続、財政および対外面でのファンダメンタルズの弱さ、経済政策に対する信頼性低下が外的衝撃に対応する能力を低下させる可能性があることを指摘。 7日(金)

格付け会社フィッチ・レーティングスは3日、キプロスの格付けを「B」から「B-」に引き下げ。見通しは「ネガティブ」。景気をめぐる不透明性、EUとIMFの支援プログラムが軌道を逸れるリスクを指摘。 4日(火)

2013年5月

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は29日、サウジアラビアの格付け「AA-」の見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げ。 29日(水)

フィッチは17日、スロベニアの長期外貨建て格付けを「A-」から「BBB+」に引き下げ。見通しは「ネガティブ」据え置き。今年の成長率が-2%に落ち込むと予想し、リセッション長期化の場合、さらに格下げの可能性を示唆。 18日(土)

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは16日、トルコ国債の格付けを1段階引き上げ、投資適格級となる「Baa3」に。見通しは「安定的」。トルコ経済、および財政に構造的な改善が見られたことが背景。 17日(金)

格付け会社フィッチ・レーティングスは14日、ギリシャのソブリン格付けを「CCC」から「B-」に1段階引き上げ。見通しは「安定的」。経済のリバランスや財政・経常赤字削減の進展を評価し、ユーロ圏離脱のリスクも後退。 15日(水)

格付け会社フィッチ・レーティングスは8日、メキシコの外貨建てソブリン格付けを「BBB」から「BBB+」へ1段階引き上げ。見通しは「安定的」。2007年以来となる格上げは、堅固な経済基盤と改革の進展を評価したもの。 9日(木)

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は2日、インドネシアの格付け「BB+」の見通しを「ポジティブ」から「安定的」に引き下げ。改革の勢いが停滞している点が要因。 2日(木)

4月30日、格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、スロベニアの国債格付けを「Baa2」から投機的等級の「Ba1」に2段階引き下げ。銀行部門が問題を抱え、政府のバランスシートも悪化、資金調達の見込みが不透明として、見通しも「ネガティブ」。 1日(水)

2013年4月

格付け会社フィッチ・レーティングスは19日、英国の格付けを「AAA」から「AA+」に引き下げ。格付け見通しは「安定的」。一段と弱い経済・財政見通しを主に反映。 20日(土)

格付け会社ムーディーズは16日、香港の格付け「Aa1」の見通しを「ポジティブ」から「安定的」に引き下げ。香港は中国の特別行政区であり、中国の見通し引き下げの影響によるもの。 16日(火)

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは16日、中国の格付け「Aa3」の見通しを「ポジティブ」から「安定的」に引き下げ。 16日(火)

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は10日、キプロスのソブリン格付け「CCC」の見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げ。キプロス政府が支援条件に合意する見通しとなったことが理由。 11日(木)

|<    14  15  16  17  18  19  20  21    >|
トータル件数:629  ページ:19/21

主要国の国債格付け一覧へ戻る


ページの先頭へ