国債格付け関連トピックス一覧

格付け関連トピックス

国債格付けに関連するトピックスやニュースの一覧です。

2023年5月

米格付け会社ムーディーズは19日、ポルトガルの格付け「Baa2」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」へ引き上げ。 20日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは5日、エジプトの格付けを「B+」から「B」へ1段階引き下げ。見通しは「ネガティブ」。為替の不確実性や外部流動性バッファの減少などを背景に対外資金調達リスクは高騰。 6日(土)

2023年4月

格付け会社フィッチ・レーティングスは28日、フランスの格付けを「AA」から「AA-」へ1段階引き下げ。見通しは「安定的」。相対的に大きな財政赤字に対して財政再建の進展は限定的となり、債務比率拡大を予想。 29日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは21日、ギリシャの格付け「BB+」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」へ引き上げ。財政と構造改革が進展。 22日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは21日、英国の格付け「AA」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」へ引き上げ。経済下振れリスク減少に伴い、財政赤字は抑制見込み。 22日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは21日、エジプトの格付け「B」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ引き下げ。外部資金調達リスクを反映。 22日(土)

米格付け会社ムーディーズは21日、アイルランドの格付けを「A1」から「Aa3」へ1段階引き上げ。見通しは「安定的」。 22日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは5日、サウジアラビアの格付けを「A」から「A+」へ1段階引き上げ。見通しは「安定的」。良好な財政状況や強固な外貨資産を評価。 5日(水)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは3月31日、トルコの格付け「B」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ引き下げ。経常赤字増大や高インフレなどから為替レートの見通しも依然として不確実。 1日(土)

2023年3月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは29日、アルゼンチンの格付けを「CCC+」から「CCC-」へ2段階引き下げ。見通しは「ネガティブ」。脆弱性の高まりを反映。 30日(木)

格付け会社フィッチ・レーティングスは24日、ルーマニアの格付け「BBB-」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」へ引き上げ。財政硬直性を緩和し歳入調達能力を強化した近年の改革と経済成長により、比較的高い財政赤字を補う見込み。 25日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは24日、アルゼンチンの格付けを「CCC-」から「C」へ2段階引き下げ。大統領令で公的機関に対し保有する一部のドル建て国債の売却または交換を義務付けたことを受けた措置。 25日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは17日、サウジアラビアの格付けを「A-」から「A」へ1段階引き上げ。見通しは「安定的」。改革の勢いと経済成長見通しを反映。 18日(土)

米格付け会社ムーディーズは17日、サウジアラビアの格付け「A1」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」へ引き上げ。様々な非石油部門への投資などを通じて改革が進行。 18日(土)

米格付け会社ムーディーズは17日、ギリシャの格付け「Ba3」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」へ引き上げ。過去10年間よりも高いGDP成長率見通しを反映。 18日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは10日、キプロスの格付けを「BBB-」から「BBB」へ1段階引き上げ。見通しは「安定的」。2022年の財政は予想を上回る大幅改善で黒字化見込み。 11日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは10日、ベルギーの格付け「AA-」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ引き下げ。年金と医療費が大幅に増加し、財政赤字は持続的に拡大。 11日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは8日、南アフリカの格付け「BB-」維持を確認、見通しを「ポジティブ」から「安定的」に引き下げ。深刻な電力危機が経済成長の重石に。 9日(木)

2023年2月

米格付け会社ムーディーズは10日、エジプトの格付けを「B2」から「B3」へ1段階引き下げ。見通しは「安定的」。外貨準備減少により外貨流動性バッファは減少、対外的脆弱性が上昇。 11日(土)

2023年1月

格付け会社フィッチ・レーティングスは27日、ギリシャの格付けを「BB」から「BB+」へ1段階引き上げ。見通しは「安定的」。成長率上昇と債務収支改善を予想。 28日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは27日、ハンガリーの格付けを「BBB」から「BBB-」へ1段階引き下げ。見通しは「安定的」。インフレと外的圧力が影響。 28日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは20日、ハンガリーの格付け「BBB」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ引き下げ。厳しい国際環境により、政治的配慮に左右される政策構成に起因する脆弱性が露呈。 21日(土)

クロアチアは1日、欧州単一通貨ユーロを正式に導入。法定通貨をユーロとするユーロ圏は20カ国に拡大。欧州域内で移動の自由を認める「シェンゲン協定」にも参加。 2日(月)

2022年12月

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは6日、エストニアの格付け「AA-」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。戦争の影響波及リスクを反映。 7日(水)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは6日、ラトビアの格付け「A+」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。戦争の影響波及リスクを反映。 7日(水)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは2日、フランスの格付け「AA」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。予算リスクの高まりを反映。 3日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは2日、リトアニアの格付け「A+」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。戦争の影響を反映。 3日(土)

2022年11月

米格付け会社ムーディーズは18日、マルタの格付け「A2」維持を確認、見通しを「ネガティブ」から「安定的」へ引き上げ。底堅い成長見通しとゆるやかな財政再建見通しを反映。 19日(土)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは18日、アイルランドの格付け「AA-」維持を確認、見通しを「安定的」から「ポジティブ」へ引き上げ。財政とマクロ経済の回復力を評価。 19日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは8日、エジプトの格付け「B+」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」へ引き下げ。対外流動性ポジションの悪化と債券市場へのアクセス見通し低下を反映。 9日(水)

|<    1  2  3  4  5  6  7  8    >|
トータル件数:783  ページ:3/27

主要国の国債格付け一覧へ戻る


ページの先頭へ