マーケット・トピックスとサイト更新履歴

マーケット・トピックスとサイト更新ログ

マーケット関連トピックスやサイト更新情報のログ一覧です。クリックするとそのニュースへの言及記事や関連情報掲載ページを別ウィンドウで表示します。

2020年4月

格付け会社フィッチ・レーティングスは15日、メキシコの格付けを「BBB」から「BBB-」へ1段階引き下げ。見通しは「安定的」。COVID-19の影響でメキシコ経済は今年、深刻な景気後退に陥る見通し。 メキシコの国債格付け 16日(木)

南アフリカ準備銀行は14日、政策金利を1.00%引き下げて4.25%へ、緊急利下げで過去最低金利へ。 主要国の政策金利推移チャート 14日(火)

格付け会社フィッチ・レーティングスは10日、ラトビアの格付け「A-」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。COVID-19の影響による経済縮小と財政見通し悪化を反映。 ラトビアの国債格付け 11日(土)

米労働省が9日発表した4日までの週の新規失業保険申請件数は660.6万件。市場予想の500万件を大幅に上回り、前週からは26.1万件の減少。4週移動平均は426.55万件となり、3週連続過去最大。28日までの週の失業保険継続受給者数は745.5万人となり、過去最大。 米失業率と新規失業保険申請件数の推移 9日(木)

格付け会社フィッチ・レーティングスは7日、アルゼンチンの格付けを「RD」から「CC」に引き上げ。不良債権交換の実行完了に伴う措置。 アルゼンチンの国債格付け 8日(水)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは8日、オーストラリアの格付け「AAA」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。COVID-19対策として大規模財政刺激策を打ち出したことを受け、財政状況の大幅悪化が見込まれる。 オーストラリアの国債格付け 8日(水)

格付け会社S&Pグローバル・レーティングは7日、アルゼンチンの格付けを「CCC-」から選択的デフォルトを示す「SD」に引き下げ。ドル建て債務支払い延期を受けた措置。 アルゼンチンの国債格付け 8日(水)

格付け会社S&Pグローバル・レーティングは7日、ブラジルの格付け「BB-」維持を確認、見通しを「ポジティブ」から「安定的」に引き下げ。COVID-19にによる不確実な影響を反映。 ブラジルの国債格付け 8日(水)

格付け会社フィッチ・レーティングスは6日、アルゼンチンの格付けを「CC」から部分的デフォルトを示す「RD」に引き下げ。政府が国内法に準拠するドル建て債務の返済を一時停止する計画を発表したことを受けた措置。 アルゼンチンの国債格付け 7日(火)

格付け会社フィッチ・レーティングスは3日、南アフリカの格付けを「BB+」から「BB」に1段階引き下げ。見通しは「ネガティブ」。政府債務安定化に向けた明確なビジョンの欠如に加え、COVID-19による財政と経済成長への影響を反映。 南アフリカの国債格付け 4日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは3日、ベルギーの格付け「AA-」維持を確認、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。パンデミックによる経済活動への影響により財政の大幅悪化が予想される。 ベルギーの国債格付け 4日(土)

格付け会社フィッチ・レーティングスは3日、キプロスの格付け「BBB-」維持を確認、見通しを「ポジティブ」から「安定的」に引き下げ。経済・財政状態に対するCOVID-19の世界的パンデミックの影響を反映。 キプロスの国債格付け 4日(土)

米格付け会社ムーディーズは3日、アルゼンチンの格付けを「Caa2」から「Ca」へ2段階引き下げ。見通しは「ネガテイブ」。パンデミックに起因する経済・財政的ショックが政府の今後数年間の債務支払いに影響する見込み。 アルゼンチンの国債格付け 4日(土)

米労働省が3日発表した3月の雇用統計で、非農業部門雇用者数は市場予想の前月比-10万人を大幅に下回る-70.1万人となり、2009年3月(-80.0)以来11年年ぶりの急減。2月の+27.3万人は+27.5万人へ上方修正、1月の+27.3万人は+21.4万人へ下方修正。失業率は市場予想の3.8%を上回る4.4%で2017年8月以来2年7ヵ月ぶりの高水準。 米雇用統計の推移 3日(金)

2020年2月末時点で世界全体の中央銀行金保有量は前月比+53.8トン。トルコ、ロシア、UAE、カザフスタンなどで増加、減少はウズベキスタン、チェコ、WAEMUなど。 世界の中央銀行金保有量ランキング100 3日(金)

格付け会社フィッチ・レーティングスは1日、クロアチアの格付け「BBB-」維持を確認、見通しを「ポジティブ」から「安定的」に引き下げ。観光関連に大きく依存するクロアチア経済はCOVID-19パンデミックの影響により、2019年の2.9%の成長から、2020年の経済は5.5%縮小する見込み。 クロアチアの国債格付け 2日(木)

米労働省が2日発表した3月28日までの週の新規失業保険申請件数は664.8万件。市場予想の350万件を大幅に上回り、2週連続過去最大。4週移動平均は261.20万件となり、2週連続過去最大。21日までの週の失業保険継続受給者数は302.9万人となり、2013年7月6日までの週(311.3)以来6年8ヵ月ぶり高水準。 米失業率と新規失業保険申請件数の推移 2日(木)

Markitなどが発表した3月製造業PMI、急反発の中国以外は急低下。 インドは32ヵ月連続50超も続落で4ヵ月ぶり低水準。海外需要急減で生産の伸びも鈍化、景況感は過去最低に急落。 中国は過去最低の2月から9.8ポイントの急回復で50超。新規受注は2ヵ月連続減も、企業はウイルス感染が収まれば需要回復を予想し、多くの製造業者が来年にかけて生産量増加見通し。 ブラジルは8ヵ月ぶりの50割れで3年1ヵ月ぶり低水準へと急反落。国内外の需要急減により、生産は8ヵ月ぶりに減少。 英国は3ヵ月ぶり低水準で50割れ。新規受注は7年8ヵ月ぶり低水準へと急減、景況感は過去最低。 ロシアは11ヵ月連続50割れ、3ヵ月ぶり低水準。COVID-19の影響で新規受注は急減、生産も着実に減少。 ユーロ圏は14ヵ月連続50割れで7年8ヵ月ぶり低水準。生産、新規受注、購買ともに大幅減、大幅人員削減、サプライサイドの制約も過去最高。 世界各国の製造業PMI 2日(木)

日銀が2日発表した3月の資金供給残高(マネタリーベース、月中平均)は507.8兆円。前年同月比+2.76%。FRBは3兆8848億ドルで前年同月比+14.88%。ソロスチャートは前月の147.82から130.73へ、6ヵ月続落。ドル円は月間平均で前月の110.03円から107.65円へ、7ヵ月ぶりの反落。 ソロスチャートと日米マネタリーベース 2日(木)

米サプライマネジメント協会(ISM)が1日発表した3月の製造業景況指数は49.1。市場予想の45は上回り、3ヵ月ぶりの低水準となって50割れ。3カ月平均では50.03となり、7カ月ぶりの高水準。 米ISM製造業景況指数の推移 1日(水)

ADP社が1日発表した米3月雇用者数は市場予想の前月比-15万人を大幅に上回る-2.7万人となり、2年半ぶりの低水準。2月は+18.3万人から+17.9万人へ、1月は+20.9万人から+20.5万人へといずれも下方修正。6カ月平均は+12.63万人となり9年1ヵ月ぶりの低水準。 ADP雇用者数の推移 1日(水)

2020年3月の金価格は月間平均で1598.6ドル。7年ぶり高値となっていた2月の1599.7ドルからわずかに1.1ドル下落。プラチナは756.7ドル。2月の960.9ドルからは204.2ドルの急落。月間平均で金価格がプラチナを上回る状態は5年3ヵ月経過。価格差は841.9ドルとなり、前月から203.1ドルの急拡大で過去最大を大幅更新。 海外金プラチナ価格の長期チャート 1日(水)

財新(Caixin)が1日発表した3月の中国製造業PMI(購買担当者景気指数)は50.1。市場予想の45.0を大幅に上回り、過去最低となった2月から急回復。6カ月平均は49.42となり3年8ヵ月ぶりの低水準。 Caixin(財新)中国製造業PMIの推移 1日(水)

2020年3月

米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が31日発表した1月のケース・シラー住宅価格指数は218.62。過去最高となった11-12月の218.7からは低下。前月比マイナスは1年ぶり。前年同月比では+3.08%で市場予想の+3.2%を下回るも、1年ぶりの高水準。 米・S&P/ケース・シラー住宅価格指数の推移 31日(火)

2020年3月の平均購入単価は6130円。2月からは102円下落し、4ヵ月ぶりの反落、3ヵ月連続6000円超で過去2番めの高値。月間購入重量は2月の1.6058gから1.6332gへと増加、3カ月連続の1.7g割れ。 純金積立~平均購入単価と購入重量の実績推移 31日(火)

中国国家統計局が31日発表した3月の製造業PMIは52.0。市場予想の45を大幅に上回り、2年半ぶり高水準、過去最低となった2月からは+16.3ポイントの急反発。6カ月平均は47.90となり、2ヵ月ぶりの水準へと反発。 中国製造業PMIの推移 31日(火)

格付け会社フィッチ・レーティングスは27日、英国の格付けを「AA」から「AA-」に1段階引き下げ。見通しは「ネガティブ」。COVID-19の影響による財政の大幅弱体化と英国経済への短期的な深刻な被害、ブレグジット後の貿易に関する長引く不確実性を反映。 英国の国債格付け 28日(土)

米格付け会社ムーディーズは27日、南アフリカの格付けを「Baa3」からジャンク級となる「Ba1」に1段階引き下げ。見通しは「ネガティブ」。継続的に財政は悪化し、構造的問題により経済成長は非常に弱い。 南アフリカの国債格付け 28日(土)

インド準備銀行は27日、政策金利を0.75%引き下げて4.40%へ緊急利下げ。 主要国の政策金利推移チャート 27日(金)

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは26日、メキシコの格付けを「BBB+」から「BBB」に1段階引き下げ。見通しは「ネガティブ」。新型コロナウイルスの感染拡大や原油価格急落で経済への打撃が予想される。 メキシコの国債格付け 27日(金)

|<    1  2  3  4  5  6  7  8    >|
トータル件数:2,352  ページ:3/79


ページの先頭へ