金・プラチナ・ドル円 ニュース・チャート 2020年

金プラチナ・ドル円・ニュースチャート

主なニュースと相場との関連を見る「ニュース・チャート」2020年

金プラチナ・ドル円ニュースチャート2020年

※チャートをクリックすると別ウィンドウで拡大表示します。

2020年、NY金相場は前年末終値1523.1ドルから1528.1ドルへ、プラチナは977.8ドルから985.0ドルへと上昇スタート。ドル円は108.61円から108.56円へとドル安円高でスタート。
<1月>
3日、米国がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害したことにより米国とイランとの対立が激化、NY金は1550ドル台へと急騰。8日にはイランの報復攻撃で米国とイラクの合同基地にロケット数十発が発射され、開戦への警戒感も高まり一時1610ドル台まで急騰し、6年9カ月ぶりの高値。リスク回避の流れでドル円は一時107円台まで下落も、トランプ大統領が軍事力行使を否定したことで流れは巻き戻され、NY金は1560ドルまで急反落、ドル円は109円台へと急反発。
15日には米中通商協議の第1段階合意署名が行われ、これを好感する形でリスク選好の流れが強まったドル円は17日に110円20銭台まで上昇。
供給懸念が続くパラジウムが7日に2000ドルを超えてさらに一段と上昇した流れに影響を受けたプラチナも上昇基調が続き、16日には一時2年11ヵ月ぶりの高値となる1040ドル台まで上昇。
後半には中国発の新型コロナウイルスの感染拡大が懸念され、感染者数増加とともに株安連鎖の流れとなり、NY金は27日に1570ドル台まで上昇。30日にはWHOが緊急事態宣言、31日には株安と長期金利低下でNY金は一時1590ドル台まで上昇。ドル円は108円台前半へ。
<2月>
新型ウイルス感染拡大が続くなか、中国人民銀行の資金供給などで株価は下支えされ、米株主要3指数はそろって月初から4日続伸で過去最高値を更新。NY金は1550ドル台まで大幅調整、しかし週後半にかけてはウイルス感染の経済への影響懸念も徐々に拡大。週末には雇用統計の好結果にもかかわらず、株安と長期金利低下の流れとなり、NY金は1570ドル台へと反発、翌週にかけて1580ドル台へと上昇。ドル円は110円付近ての膠着状態から19-20日にかけてドル高で急騰、10カ月ぶり高値となる112円台へ。NY金は7日続伸となった21日には7年ぶり高値となる1648.8ドルまで上昇。

最終更新日:2020/2/15

ページの先頭へ