金・プラチナ・ドル円 ニュース・チャート 2019年

金プラチナ・ドル円・ニュースチャート

主なニュースと相場との関連を見る「ニュース・チャート」2019年

金プラチナ・ドル円ニュースチャート2019年

※チャートをクリックすると別ウィンドウで拡大表示します。

2019年、NY金相場は前年末終値1281.3ドルから1284.1ドルへ、プラチナは800.6ドルから804.0ドルへと上昇、ドル円は109.65円から108.83円へとドル安円高スタート。
<1月>
日本国内がまだ正月休みの3日、東京時間朝7時過ぎから為替市場でドル円が急落。米アップルが10-12月期売上高予想を引き下げたことで時間外のアップル株が急落したこともきっかけとなり、日本の休日早朝の閑散時間を狙った仕掛け的な売りも強まった模様でドル円は一時104円台まで急落。フラッシュ・クラッシュとなったドル円は間もなく107円台を回復。その3日のNY市場では米12月のISM製造業景況指数が予想を大幅に下回ったことでNY金は1290ドル台へと上昇。しかし翌4日の米12月雇用統計が予想を上回る好結果となったことから、一時1300ドルまで上昇したNY金は1280ドル台へと急反落。ドル円は108円台へと反発。プラチナも1月高値となる827ドルまで大幅上昇。
1月後半まで金は1290ドルをはさんでの保ち合い推移が続き、ドル円は109円台まで戻して横ばい推移。月末のFOMCに向けてはハト派傾斜への思惑から金は1300ドル台へと堅調推移、ドル円は109円付近を維持しながらも軟調推移。30日のFOMCでは声明文から利上げ継続への一文が削除されて様子見示唆へとハト派転換。これを受けて金は1320ドル台へと買われ、ドル円は一時109円割れ。1月半ばに790ドル台まで下落していたプラチナも月末には820ドル台へ。
<2月>
1日の米1月雇用統計では雇用者数が11カ月ぶり高水準となるなど労働市場の力強さを示す好結果となり、その後発表されたISM製造業景況指数も好結果となり、金は1330ドルで頭打ち、ドル円は109円台半ばへと上昇。プラチナも820ドル台で伸び悩み。
政府機関一部閉鎖の影響で発表が遅れていた米12月小売売上高が14日に発表され、予想外のネガティブ・サプライズとなって米景気減速懸念再燃となって米長期金利も低下。111円まで上昇していたドル円は110円台半ばへと反落、NY金は買い圧力が強まり翌週19日には10カ月ぶり高値となる1340ドル台まで上昇。ドル円は110円台半ばでの膠着状態が継続。2月半ばには780ドル台まで下落していたプラチナは南アの鉱山ストへの懸念などから月末にかけて880ドル付近まで上昇。月末に発表された米2018年第4四半期GDPが予想を上回り、ドル円は111円台へと上昇、金は1300ドル付近へと下落。
<3月>
月初はドル高金安の流れが続き、ドル円は111円台後半、金は1280ドル台まで軟調推移。7日のECB理事会ではユーロ圏の経済見通しが大幅引き下げられ、世界景気減速懸念への警戒感も高まり株安円高ドル高、翌日の米2月雇用統計では雇用者数の伸びが大幅下振れとなり、ドル円は111円台前半へ、金は反発基調となって中旬までに1300ドル台へと再上昇。

最終更新日:2019/3/16


ページの先頭へ