金プラチナ短期相場観

金プラチナ短期相場観

コロナショックでシャッフル、5月ユーロ圏製造業PMI勢力図

更新日:2020年6月3日(水)

1日に発表された5月のユーロ圏製造業PMIは39.4。過去最低となった4月の33.4からは6.0ポイントの急反発で2ヵ月ぶりの高水準も、40ポイントにも届かず、15ヵ月連続の節目50割れ。
祝日の関係でオランダとアイルランドの製造業PMIだけ2日発表となり、ユーロ圏の調査対象8ヵ国全てが出揃い、ほぼ全ての国が過去最低、もしくは10年以上ぶり低水準となった4月からは反発。
意外にもオランダだけは...

続きを読む


ISM製造業景況指数は反発の兆しも輸入は11年ぶり低水準

更新日:2020年6月2日(火)

ISM製造業景況指数は11年ぶり低水準となった4月の41.5から、5月は43.1へと小幅に上昇。
新規受注は急落した4月の27.1から5月は31.8へと4.7ポイントの反発、4月に過去最低となった生産は27.5から5月は33.2へと5.7ポイントの反発。雇用も過去最低水準となった4月の27.5から5月は32.1へと4.6ポイントの反発など、ほとんどの構成指数が状況改善を示し、最悪期は過ぎたことを...

続きを読む


50%戻しと雲の上限、90日移動平均線、年央のプラチナ攻防ライン

更新日:2020年6月1日(月)

香港への国家安全法を巡っての米中対立激化懸念に加え、米ミネソタ州で起きた白人警察官による黒人男性の暴行死事件への抗議デモが週末には全米各地に拡大、一部では暴徒化したことなどもあり、週明けの金融市場はリスク回避ムード優勢でスタート。ダウ先物が時間外に大きく下げ、NY金は先週末の1740ドル台から1750ドル台半ばへと10ドル程水準を切り上げての推移。NYプラチナも870ドル半ばから後半へとわずかに連...

続きを読む


コロナデフレ懸念?コアPCEは9年ぶり低インフレ

更新日:2020年5月30日(土)

米商務省が発表した4月の個人消費支出は前月比-13.6%。市場予想の-12.6%を超える減少幅となり、3月の-6.9%からも一段と急減。2ヵ月連続で調査開始の1959年以降最大の落ち込みとなりました。
2ヵ月連続での個人消費の極端な落ち込みと、4月20日にはNY原油先物がマイナス価格となる異常事態もあり、エネルギー価格の急落も重なり、4月の個人消費支出物価指数(PCEデフレーター)も急低下。
...

続きを読む


5月ユーロ圏景況感指数、製造業反発もサービス業は最低更新

更新日:2020年5月29日(金)

欧州委員会が発表したユーロ圏の5月景況感指数は67.5。市場予想の70.6を下回り、4月の64.9からの反発も限定的に。なお、4月の64.9は67.0から下方改定され、これまでの過去最低だった金融危機時の2009年3月(65.5)を下回って過去最低。5月は過去5番目の低水準。
回復基調が限定的となったのは、製造業の反発に対してサービス業が2ヵ月連続で過去最低更新となったことが響きました。

...

続きを読む



短期相場観~よく読まれた記事一覧

明日の国内金プラチナ相場価格リアルタイム予想

PIVOT指数から見るNY金相場サポート&レジスタンスライン

PIVOT指数から見るNYプラチナ相場サポート&レジスタンスライン


RSS金プラ短期相場観 RSSリーダーで金プラチナ短期相場観を購読


ページの先頭へ